連日サラリーマンで賑わう、思い出横丁ウッチャンの5つの魅力!

    新宿西口商店街、通称「思い出横丁」はご存知だろうか。

    新宿では歌舞伎町、ゴールデン街に並んで有名な場所で、駅からすぐという立地にかかわらず、狭い路地に小さな飲食店がひしめき合っていて昭和の雰囲気を色濃く残している。

    そんな思い出横丁には、連日サラリーマンで賑わっているモツ焼き屋があるという。

    モツ好きを自称する俺としては、その魅力が何なのかを是非とも調べてみねばなるまい!

    img_1145

    スポンサード リンク




     

    ■魅力その1、すぐに満員になる狭い店内

     

    その店の名前は、モツ焼き「ウッチャン」だ。

     

    戦後から続く歴史のあるこの横丁は、以前はションベン横丁とも呼ばれ、

    大ガードから新宿西口までのわずかな敷地に70軒以上ものお店が立ち並んでいるため、必然的にどの店舗も狭い。

     

    ここウッチャンもご多分にもれず狭く、客席はコの字のカウンターのみ。開店して1時間ほどなのにもかかわらずほぼ満席だ。店は狭いが活気あふれる雰囲気がとても良い。

     

    カウンターのすぐ内側に炭火の焼き場があり、目の前でモツを焼く香りがまた食欲をそそる。

     

    客席の後ろを横切るのも一苦労の狭さだが、こっちの席が空いたら横へずれ、あっちの席が空いたらまたずれてと、皆が譲り合いながらこの店を楽しんでいるようだ。

    img_1144

    ■魅力その2、新宿思い出横丁(ションベン横丁)で一番! とにかくモツ焼きが絶品!

     

    思い出横丁といえばモツ焼き! というほどモツ焼きのメッカだが、なかでもこの店の味は群を抜いていると聞き、期待に胸を膨らませる。

     

    まずはホッピーセットとタン、シロ、ハラミをオーダーしてみよう。

     

    まずはタン。厚切りで絶妙の塩加減!

    img_1146

     

    シロ。驚異的な柔らかさ! 薄味のタレとの相性抜群。

    img_1147

     

    ジューシーなハラミは味噌ダレで。

    img_1148

     

    炭火を使った絶妙な焼き具合はもちろんのこと、素材の鮮度にもこだわっているそうだ。毎朝、芝浦の市場までウッチャンこと内田店長自身がモツを仕入れに出向き、当日売り切るスタイルでその味を維持しているのだとか。

    モツ焼き激戦区である思い出横丁でこれほど繁盛しているのもうなずける。

     

    新宿という立地のせいかひと串180円と少し高めだが、大ぶりでひと串のボリュームがあり、充分納得できる価格だ。

     

     

    ■魅力その3、キンミヤ焼酎ベースのホッピーやハイボールが旨くて危険!?

     

    ホッピーセットを頼むと「シャリキン」と呼ばれるシャーベット状に凍らしたキンミヤ焼酎とホッピーが出てくる。

     

    シャリキンがたっぷり! 焼酎を凍らせているので最後まで薄まらずに楽しめる。

    img_1139

     

    ハイボールやサワーもこのシャリキンを使っていて、旨くてぐいぐい飲めてしまうから危険極まりない代物だ。夏場にこれを飲んだらきっと最高だろうな。

     

    ドリンクの種類は多く、男のハイボールや昔の女ハイボールといったユニークなネーミングの物もあるぞ。

    img_1140

     

     

    ■魅力その4、定番から希少部位まで種類豊富なモツメニュー

     

    テッポウ、ガツ、こぶくろなどの定番はもちろん、

    希少部位のチレ(脾臓)やキンツル(尿道)、ぶれんず(豚の脳みそ)などの変わり種も提供している。

     

    ぶれんずは香ばしく焼いた上にバターが乗って出てくる。クセはなく、レバーと白子の中間くらいのトロリとした食感にバターの風味が相まって、酒が進まずにはいられない味だ。

    img_1149

     

     

    ■魅力その5、モツの刺身や味じゃがなど、酒が進む1品料理

     

    ウッチャンで嬉しいのはモツ刺し類が充実していること!

    その日の仕入れにもよるがハツ、タン、ガツ、ハラミなど鮮度の高いモツの刺身が楽しめる。

     

    ハラミユッケはタレとネギが絡んで絶妙! ちびちびつまむのにちょうどいい。

    img_1143

     

    味じゃがは100円という低価格ながら、ほくほくに煮込んだじゃがいもにモツ煮の旨みが染み込んでいる。

    img_1142

     

    じっくり柔らかく煮込んだ定番のモツ煮やスジのトロトロ煮も人気のメニューだ。

    img_1132

    スポンサード リンク




     

    ■最後に

     

    今回調査したウッチャンの魅力が、少しはお伝えできただろうか。

     

    店内は狭いが活気があり、お客さんがみな楽しそうに飲み食いしているのが印象的だった。

     

    串の値段だけを見ると少し高めに感じるが、結構満腹になるまで飲み食いしてもひとり3,000円ほどと、モツ焼きから刺身、一品までいわばモツフルコースをリーズナブルな価格で堪能できる。

     

    なによりこの値段でこの旨さはさすが! 思い出横丁で一番人気というだけはある。

    今後も足繁く通ってしまいそうな店だ。

     

    20時の時点で既に品切れがいくつか出ていたので、この記事を見て行ってみよう!という方は、なるべく早い時間帯に行くことをオススメしたい。

    img_1136

     

    店舗情報 モツ焼き ウッチャン

    最寄り駅:新宿西口駅から61m

    電話番号:03-5909-5890

    住所:東京都新宿区西新宿1-2-7 穂波ビル

    営業時間:16:00 – 23:00(L.O.22:00)

     

    (文・千乃谷)

     

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *