新宿から東京ドームに始発で行った場合、何時くらいに着くのか?

東京ドームカラスの部屋

多くの人を集める為に利用されるイベント会場は東京近郊には多数あります。

関東でコンサートやライブのイベントが行われる際、1万人以上を収容できる会場というのは多数ありますが、5万人を越える会場となると数も数えるほどしかありません。

その代表格とも言えるのが文京区にある東京ドームでしょう。

国内ドームツアーを行うという事になれば東京ドームはまず必ず入っている東京ドーム。

そんな東京ドームには新宿から始発で行った場合、何時ぐらいに着く事ができるのでしょう。

今回は新宿から東京ドームに向かった場合、何時ぐらいに到着できるのかというテーマについて解説していきたいと思います。




・東京ドームの概要

知らない人はまずいないとは思いますが、一応東京ドームの概要を紹介しておくとしましょう。
東京ドーム

プロ野球の読売ジャイアンツの本拠地である東京ドームは最大収容人数55000人と関東だけでなく国内で見てもトップクラスの収容人数を誇る施設となっています。

東京ドームは野球の会場としてだけでなく、ジャニーズやEXILEのような超が付くほどに人気のアイドルがライブをすることでも有名です。

それ以外にも多数のイベントを実施しており、年間での稼働率は8割を超えているようです。

イベントが行われる際はドーム外の広場にてグッズの販売が行われ、東京ドームの外には長い列ができます。

私自身も東京ドームにはライブで3回行ったことがありますが、いずれのイベントにおいても人の数が凄かったのを覚えています。

・新宿駅からの始発は?

さて、では気になる新宿駅からだと始発で何時に到着できるのかというのについて調べてみましょう。

東京ドームは最寄り駅が複数ありますが、新宿駅から行く場合だと多くの人が水道橋駅で降りることを想定していることでしょう。

なので今回もそれに習って水道橋駅から行く事を想定して話を進めていくとしましょう。

新宿駅から水道橋駅へ行くには総武線で行く事ができます。

東京ドームへは御茶ノ水駅までは同じ路線を走っている中央線の快速で行けると勘違いしている人がたまにいますが、中央線は水道橋には止まりません。

中央線総武線どちらも始発直後であれば10分から20分くらい間がありますので、間違えないようにしましょう。

 

で肝心の始発ですが、新宿駅からの総武線の始発は4時32分となっています。

これに乗って13分ほどで水道橋駅に行く事ができます。

水道橋駅の改札はホームの両端にあります。

なので電車に乗る際には先頭もしくは最後尾の車両に乗るようにしましょう。

ちなみに最後尾に乗ると水道橋駅の西口にすぐ出る事ができます。

水道橋駅西口

ここから西口そばにある橋を渡っていくと東京ドームのそばにある黄色いビルのところにいきます。

東京ドーム黄色いビル付近

あとはこれを道なりに進んでいきましょう。

そうすれば東京ドームの所まで行く事ができます。

・どの駅からが早い?

新宿駅から東京ドームに始発で行く場合、何時くらいに行くことができるのかという点は判りました。

しかし、個人的な疑問が一つあります。

調べてみたところ、東京ドームの最寄り駅はJR水道橋駅以外にも丸ノ内線および南北線の後楽園駅、都営三田線の水道橋駅、そして都営地下鉄大江戸線の春日駅といった具合に多数あります。

始発のみに限定した場合、一体どの駅の始発が一番早いのでしょう。

これについても時刻表を調べてみたところ、以下のようになっているというのが判りました。

まずは丸ノ内線と南北線の後楽園駅です。

丸ノ内線は、池袋方面の電車が5時27分。新宿荻窪方面の電車が5時2分。

南北線は、赤羽岩淵方面の電車は5時8分、目黒方面の電車は5時7分。

いずれも始発は5時以降となっているようです。

続いて都営三田線の水道橋駅です。

西高島平行きの電車が5時16分、目黒方面行きの電車が5時12分となっており、いずれも始発は5時以降となっています。

最後に都営大江戸線の春日駅です。

こちらの路線の始発は両国・大門方面の電車が5時23分。飯田橋方面の電車が5時5分となっています。

こうしてまとめてみると、ほとんどの路線が5時以降に東京度-ムの最寄り駅に到着するのに対して総武線の水道橋駅の始発はそれらよりも15分近く早く着くというのがわかりました。

スポンサード リンク



まとめ

今回は東京ドームへの新宿駅からの行き方そして始発で行った場合は何時ぐらいに着くのかを解説していきました。

いかがだったでしょうか。

2020年3月現在、コロナの影響により東京ドームで行われるイベントも自粛状態になってしまっていますが、それが解除されれば再びライブイベントなども開催されるようになる事でしょう。

そうなればまた東京ドームの周辺も賑わうようになるでしょう。

東京ドームでイベントが行われる際にこの記事が皆様のお役に立てば幸いです。

(写真と文/鴉山翔一)

コメント

タイトルとURLをコピーしました