迷わない為に覚えて起きたい東京駅の改札への行き方

サムネ用東京駅主要スポットへの道案内

関東だけでなく、日本各地への玄関口となっている東京駅。

新宿からであれば山手線や中央線、丸ノ内線など様々な路線から行くことができます。

そんな東京駅も実は迷いやすい駅として名前が挙がることがしばしばあります。

新宿、渋谷、池袋とこれまで新宿マガジンでも改札への行き方を紹介してきました。

今回は都内だけでなく日本の鉄道の中心とも言える駅「東京駅」のJRの改札への行き方について紹介していきたいと思います。



・JR東京駅の構内図

ではいつもの如く東京駅の構内図をまずは見てみるとしましょう。

JR東京駅構内図

東京駅は2階に山手線、中央線、上野東京ライン、東海道本線が停車するホーム、1階と地下1階に改札、地下4階に総武線快速や成田エクスプレスのホーム、そして地下5階に京葉線のホームがあります。

1階には北から南にかけて延びている通路が2本、そして東西にかけて延びている通路が3本あり、改札はこの東西の改札の突き当たりにあります。

東側にある改札は「丸の内」、西側にある改札は「八重洲」という名前が付けられていています。

そして南北の通路に合わせて「丸の内北」「八重洲南」といったような名前になっています。

またここにはなぜか記載されていないのですが、丸の内中央口の脇にあるエスカレーターを下りていくとある丸の内地下中央口、丸の内地下北口、丸の内地下南口の3つに加え、八重洲地下中央改札といった改札があります。

これらの改札は東京メトロの東京駅や大手町駅からの乗り換えに利用されます。

そして東京駅で忘れてはいけないが新幹線の存在でしょう。

東京駅はJR東海とJR東日本の管轄である新幹線が停車します。

JR東海の東海道新幹線は基本的には新大阪までとなっていますが山陽新幹線と接続しているのもあり、一部の路線は広島や博多まで行くことができます。

JR東日本の新幹線は東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線と行った具合に東北や北陸地方に行く路線があります。

また東北新幹線に関しては車両によっては北海道まで行くものもあるみたいで、まさに東京から一本で本州を縦断できちゃいます。

そんな新幹線の改札があるのは東側の八重洲と付く改札の近く。

こちらに関しても知りたいという需要はあるとは思いますが、こちらに関しては、今回はJR東京駅の改札内から乗り換えたパターンだけを解説していきます。

・・・・・・いや、改札の外からも含めたらこれほんとややこしいんで。ホント。

・丸の内北口、八重洲北口への行き方

ではまず丸の内北口と八重洲北口への行き方を見てみましょう。

東京駅丸の内北口

東京駅八重洲北口

駅の北側にある改札なので下りるべき通路は北通路です。

山手線と京浜東北線であれば9号車もしくは10号車、中央線であれば10号車から7号車、上野東京ラインでは2号車から4号車、東海道本線であれば3号車からエスカレーターもしくは階段を下りると北通路に出ることができます。

通路へ下りたら頭上にある看板に従ってまっすぐ進みましょう。

そうすれば丸の内北口と八重洲北口へは簡単に行けるでしょう。

・丸の内中央口、八重洲中央口への行き方

続いては丸の内中央口および八重洲中央口です。

東京駅丸の内中央口

東京駅八重洲中央口

下りるべき通路は中央通路なので、ホームの中ほどにある会談もしくはエスカレーターから通路に下りていく必要があります。

山手線と上野東京ラインでは5号車もしくは8号車の近くにある階段もしくはエスカレーターから、中央線からであれば4号車、5号車、7号車のそばにあるエスカレーターから、上野東京ラインからは6号車および9号車のそばにある階段もしくはエスカレーターから、そして東海道本線からは5号車のそばにある階段もしくはエスカレーターを下りていくと中央通路へと下りることができます。

あとは先ほどの北側の改札同様、案内板に従ってまっすぐ進めば丸の内中央改札と八重洲中央口へは簡単に行くことができます。

・丸の内地下南口、丸の内地下中央口、丸の内地下南口への行き方

丸の内側にある地下の改札への行き方を見てみましょう。

丸の内側の地下改札には丸の内中央改札の脇にある階段もしくはエスカレーターを下りていくと行くことができます。

東京駅丸の内地下中央改札前

で、このエスカレーターを下りるとすぐ正面に丸の内地下中央改札があります。

東京駅丸の内地下中央口

丸ノ内線の東京駅に行くという場合はこちらから行くのがもっとも楽でしょう。

そしての改札から左に進めば丸の内地下北改札、

東京駅丸の内地下北口

左に進めば丸の内地下南改札へと行くことができます。

東京駅丸の内地下南口

・八重洲地下中央口への行き方

地下改札は丸の内側だけではありません。

八重洲側にも八重洲地下中央改札という改札があります。

東京駅八重洲地下中央口

この改札へは丸の内側の地下改札からであれば、1階の中央改札から地下の改札へと下りてくるときに利用した階段と絵エスカレーターの脇にある通路をまっすぐ進んでいきます。

そうすればこの八重洲地下中央口へと行けることでしょう。

八重洲地下中央口は東京駅一番街に隣接する改札でもあります。

東京駅一番街で買い物をしていきたいという場合はこちらの改札を利用していくと良いでしょう。

・丸の内南口、八重洲南口への行き方

続いては丸の内南口、そして八重洲南口への行き方を見てみましょう。

東京駅丸の内南口

東京駅八重洲口南口

南側の改札へ行く場合は、南通路へ下りる必要があります。

山手線と京浜東北線の場合は1号車から3号車、中央線であれば1号車もしくは2号車、上野東京ラインであれば2号車から4号車、東海道本線であれば3号車の辺りにある階段もしくはエスカレーターを下りていけば南通路に行くことができます。

あとはそこから道なりに進みましょう。

丸ノ内改札はそのまま突き当たりに行けばいいですが、八重洲南口側には京葉線との連絡通路というものがあります。

ただぼうっと道なりに進んでいると、こっちの方まで行ってしまうこともあるでしょう。

八重洲南口へ行くときはホームから通路に下りてからは階段やエスカレーターを下りませんので、それを覚えておきましょう。

・京葉地下八重洲口の行き方

在来線最後の改札は京葉線へ行く通路の途中にある京葉地下八重洲口です。

東京駅八重洲京葉口

この改札へは東京駅の八重洲南口方面にある京葉線の連絡通路をまっすぐ進んでいきます。

東京駅京葉線の連絡通路

看板に従ってずっと進んでエスカレーターを下りたら、一本道の通路をひたすら進んでいきます。

東京駅京葉線の動く床

そうしたら再び地下へと下りるエスカレーターがありますのでソレを下りましょう。

東京駅京葉線はもうすぐ

2回目のエスカレーターを下りると左前方に京葉地下八重洲口の改札があります。

ここまでの道は基本的に一本道なので迷う心配はないでしょう。

・新幹線乗り換え改札への行き方

最後に新幹線の乗り換え改札への行き方を見てみましょう。

東京駅新幹線配置図

東京駅の新幹線の改札は八重洲北口と八重洲中央口の間に、そして八重洲中央口と八重洲南口の間の2カ所にあります。

なのでとりあえず手短な八重洲口の方へと向かえば改札自体へ行くのは問題ないでしょう。

ですが、問題はその後です。

先ほども述べたように、東京駅には東海道新幹線や東北新幹線、北陸新幹線など様々な路線の新幹線があります。

そしてどちらの方面に行くかによって新幹線の改札というのは変わります。

北乗り換え口、南乗り換え口どちらの改札であっても東海道新幹線や東北新幹線には乗れますが、問題は新幹線によって通れる改札が分かれているという事です。

どういうことかというと、北のりかえ口でも西に行く新幹線と北に行く新幹線で通る改札が変わるのです。

東京駅新幹線乗り換え改札東海方面

西へ行く東海道・山陽新幹線であればこちらの青い改札。

東京駅新幹線乗り換え東北方面

逆に北へ行く東北新幹線や北陸新幹線はこちらの緑色の改札になります。

また新幹線のホーム構内はそれぞれ繋がってはいませんので行き来もできません。

なので東北方面から東京を経由して西に行くという移動の際に新幹線を利用するという場合は一度改札を出ないと乗り換えることはできませんので注意が必要です。

それ自体が迷いそうと言う人もいるかもしれませんが、当日券売り場の前を歩いて行けばこの東海道・山陽方面の新幹線の改札と東北・北海道・北陸方面へ行く新幹線の改札の間を行き来できます。

これは南北の乗り換え口共通ですので、そういった乗り換えの仕方をする際には覚えておくと良いでしょう。



まとめ

今回は東京駅の各改札への行き方について紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

東京駅は確かに広いですが、駅の構造自体は比較的簡単な構造なので場所さえしっかりと覚えていれば迷う心配はおそらくないと思います。

皆様が東京駅を利用する際に今回の記事が役に立てば幸いです。

(写真と文/鴉山翔一)

・参考文献

JR東京駅ホームページ

JR東日本:駅構内図(東京駅)
JR東日本東京駅構内のご案内をいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました