意外とある!? 覚えておきたい池袋駅の主な東西出口

池袋駅東口北主要スポットへの道案内

先日テレビ放送された「翔んで埼玉」でも埼玉県民の植民地みたいな扱いを受けていた池袋駅。

実際、複数の路線が埼玉県から池袋まで来ていますので池袋駅はかなり馴染み深い駅かもしれません。

ですが、そんな池袋駅も普段利用しない人からしてみればダンジョンとして揶揄されます。

池袋駅は新宿駅や渋谷駅と比べればダンジョンとしてはかなり優しいとされていますが、池袋駅にはとある罠があるというのを皆さんご存じでしょうか。

私自身は池袋駅はそんなに迷う事はないのですが、おそらく池袋駅のとある事が原因で迷うのではないかと考えています。

今回はなぜ池袋駅で多くの人が迷うのか、そして池袋駅の東西の出口までの行き方について解説していきたいと思います。




・なぜ池袋駅の出口に行くのに迷うのか

ではまず池袋駅の構造について解説していくとしましょう。

池袋駅にはJRをはじめ、西武池袋線、東京メトロ有楽町線、副都心線、丸ノ内線、そして東武東上線が停車します。

それぞれの位置関係としてはざっとこんな感じです。

JR池袋駅構内図

まず多くの人が勘違いしやすいのが西武線と東武線の停車位置でしょう。

名前から見たら西武線が駅の西側に、そして東武線が東側に停車するというように思う人もいるでしょう。

実際は逆で、西武線が駅の東側にホームがあり、東武線が駅の西側にホームがあります。

駅に隣接している西武百貨店と東武百貨店も東西が逆になっています。

これだけでもかなりややこしいのですが、問題はここから。

新宿駅の場合は改札が東西にあり、出口に関しても東口や西口といったかんじになっています。

おそらく多くの駅も改札と駅の出口の方角が一緒となっていることでしょう。

それが池袋駅の場合だとどうなっているのか。

確かに出口は駅の東西に分かれています。

ですが、問題はその数です。

東西の出口が池袋駅はそれぞれ3カ所があり、しかもそれぞれが東口西口といった名前になっているんです。

・・・・・・いや、ほんと責任者出てこいよ!

なんでこんな面倒な構造になっているのかと思わずにはいられませんが、今回記事を書くために池袋を歩き回った結果、それらしい理由は見えてきました。

池袋駅の駅の出口はそれぞれの鉄道が東西に出口を作り、その結果今日のように東口や西口が複数あるような事態になったようです。(あくまで私個人の推測です)

・・・・・・ここまで駅がデカくなったんならその辺りちゃんと名前を一度整理するとかする機会なんて何回もあったろうよ。

なぜこれまでやらなかったのかと思わずにはいられませんが、改善される予定がないのであれば今の状態に対応していくしかありません。

では早速解説していくとしましょう。

・東口北

まずは東口北。

池袋駅東口北

JR池袋駅の看板のところに出るある意味池袋駅を象徴するような場所でもあるこの東口北に行くのはとても簡単です。

JRの改札から行く場合、まず北改札から改札の外に出ます。

池袋駅北改札前

この北改札を出たら右に(写真でなら左に)まっすぐ進んでいきます。

池袋駅東口北への階段

そうしたらこのような階段があります。

この階段を上がっていくと池袋駅の東口北に行くことができます。

西武線や東京メトロの路線の場合は、池袋駅の東側にあるアゼリアロードやチェリーロードといった通路をまっすぐ進んでいけばこの東口北に行くこともできます。

この東口北の階段のそばには待ち合わせ場所としてメジャーな「いけふくろう」という梟の石像があります。

なのでここへの行き方は最低限抑えておきたいところです。

・東口中央

続いての出口は東口中央です。

池袋駅東口中央

こちらも池袋駅の出口としてはメジャーな出口です。

東口中央は池袋駅構内のメインストリートでもある中央通路沿いにあります。

池袋駅中央通路を東へ

この中央通路には一つやっかいなところがあります。

さきほど東口中央の出口は中央通路のそばにあるとお話したように、この出口は中央通路の端にある訳ではありません。

実は中央通路をひたすらまっすぐ進んでしまうと池袋のシンボルでもあるサンシャインシティーのほうまで行ってしまいます。

おそらくこれも池袋駅で多くの人を迷わせてきた要因でもあるでしょう。

池袋駅東口中央への階段

JRや東京メトロ、東武東上線からこの東口中央の出口へと向かう場合は中央通路を丸ノ内線の改札まで進み、西武の入り口そばにある37番の階段を上がっていきましょう。

よりわかりやすい目印が欲しいという場合は、丸ノ内線の改札がある辺りにこの階段はあるというふうに覚えておくと良いでしょう。

ちなみに西武線からの場合はホームの端にある改札から出てまっすぐ進めばこの中央東口に行くことができます。

・東口南(西武口)

東側最後の出口は東口南です。

池袋駅西武口

池袋のジュンク堂へ行くというのならおそらくこの出口を使う人もいるのではないでしょうか。

JRから行く場合は当然のことながら南改札から行くのが最もわかりやすいでしょう。

南改札を出たらまっすぐと南通路の通路を左に進んでいきます。

 

そうすると駅ビルの西武百貨店と隣接するエリアに出ます。

このまままっすぐ進んで東口南に行こうと思ったのですが、ふとある事に気がつきました。

池袋駅西武口への道

ん? 表示が西武口に変わってる?

途中で道を間違えるような場所もありませんでしたし、なんでこんな事になってるんでしょう。

確認のために、近くにあった有楽町線の改札で駅員さんに聞いてみたところ、この西武口というのが東口南の事で間違いないようです。

ではこのまま看板に従って進んでみるとしましょう。

西武百貨店の地下に隣接している通路を進んでいくとやがて西武口へと上がる階段があります。

池袋駅西武口階段下

これを上がっていけば西武口へと行くことができます。

なお池袋線からであれば、1階の正面改札の脇にある改札からそのまま出れば西武口へと行くことができます。

・西口北

では続いて西口側を見てみましょう。

西口の1カ所目は西口北です。

池袋駅西口北

看板を見る限り、管理しているのは東武鉄道のようです。

行き方は基本的には東口北へ行ったときとは逆で、北改札を出たら左へと進んでいきます。

池袋駅西口北への階段

するとやがて階段の前で行き止まりになりますので「20a」と書かれた階段を上がりましょう。

そうすると西口北の出口に行くことができます。

・西口中央

続いては西口の中央口です。

池袋駅西口中央

こちらも東側と同じく駅を横断する中央通路の途中にあります。

写真ではJRと東武が映り込んでいますが、位置的に見ても東部の方が管理しているように感じました。

では行き方を見てみましょう。

池袋駅の中央通路を西へ

中央改札を下りたら看板に従い、西口の方へと歩いて行きます。

池袋駅西口中央の階段

やがて東武百貨店などに隣接するエリアにたどり着きますので、そうしたら階段もしくはエスカレーターを上がって行きます。

そうしたら先ほどお見せした西口中央の出口に行くことができます。

駅の案内とかを見る限り、立教大学へと向かう場合はこの出口から出るみたいです。

この西口中央に行く階段とエスカレーターなのですが、通路にある柱によってかなり見えづらくなっています。

 

私自身、階段見つかんないなぁと気づかずにいて副都心線の改札の方まで行ってしまっていました。

ですが、丸ノ内線の改札を過ぎた辺りで柱に隠れるように階段とエスカレーターがありますので、そこから地上に向かいましょう。

・西口南

西口の最後は東口と同じく南の出口です。

池袋駅西口南

この西口南は東武線の管轄となっているようで、東武東上線の地上改札のすぐそばにあります。

池袋駅東武東上線改札前

この改札を出たら右に(写真奥)へと進めば先ほどの場所へと行くことができます。

 

JRや西武線、東京メトロ線からの場合は南通路をまっすぐ進み、メトロポリタンの前まで行きます。

池袋駅メトロポリタン前

そのそばにこの東武東上線の地上改札の前まで行くことができる階段があります。

池袋駅西口南階段下

これを上がって行きましょう。

そうすれば西口南はすぐそこです。

ちなみにこの階段のところにある看板の通り、右に進んでその先にあるエスカレーターを上がっても西口南へ行くことができます。



まとめ

今回は池袋駅の主な出口までの行き方について解説していきました。

いかがだったでしょうか。

池袋駅の出口は一口に東口西口というとかなり迷ってしまいやすい構造となっていますので、待ち合わせをするには単に出口だけを指定するのではなく、「○○の前」といったような感じで目印となるものを予め決めておくのが最も安全でしょう。

池袋駅の出口へ行く際に迷わない為に、この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

(写真と文/鴉山翔一)

コメント

タイトルとURLをコピーしました