西新宿の溶岩DININGbonboriで映える肉料理を楽しむ

レストラン

今年も残すところあと1週間足らずとなりました。

今年も色々と頑張ってきたりもしましたので、それをねぎらうためにもいつもとりちょっと贅沢をしてもバチは当たらないでしょう。

実は新宿駅の近くにちょっと気になっていたお店がありました。

今回は新宿西口側のとあるビルの一角にある「溶岩DINING Bonbori(ぼんぼり)」を紹介していきたいと思います。

スポンサード リンク



・ヨドバシカメラの区画にある肉料理の店

溶岩DINING bonboriがあるのは新宿駅の西口側。

ヨドバシカメラ新宿西口本店の店舗があるエリアにあるビルの2階です。

溶岩DININGbonbori外観

ビルの入り口から入ると上へと行く階段はなく、エレベーターでボンボリのあるフロアまで行きます。

エレベーターで2階へ行くと正面にお客さんもしくはスタッフが選んだ(おそらく後者)ぼんぼりの「映える」料理のランキングが書かれた看板が置かれています。

bonbori映えランキング

看板によると、焼きカマンベール、牛100%ハンバーグ、そして和牛焼き寿司の3品がお店のオススメするメニューのようです。

 

看板の右脇にある入り口から店内に入るとすぐ左手に券売機が置かれています。

この券売機にあるメニューはどうやらランチで提供されるメニューのようです。

では夜はどのようになっているのかというと、テーブルの上にタブレットが置かれ、そこかからコースを注文したり好きな料理を注文するというシステムになっています。

・1060円からのランチメニュー

ではまずランチメニューの方から紹介していくとしましょう。

bonboriランチメニュー

ランチに提供されている料理は基本的にハンバーグのみのようです。

ですがハンバーグ用のトッピングとしてチーズや照り焼きマヨネーズ、温泉卵、わさび、レモン塩だれといったような物用意されていて、いずれもお値段は100円です。

またハンバーグとご飯は大盛りとメガ盛りに量が増やせ、大盛りはプラス200円で1.5倍、そして400円のメガ盛りになるとご飯とハンバーグの量が2倍になるようです。

bonboriランチメニューハンバーグ

bonboriランチメニューご飯

bonboriランチメニューサラダ

今回はご飯とハンバーグどちらも大盛りにせず、普通盛りにしました。

またハンバーグとご飯に合わせて前菜のサラダも付いてきます。

bonboriハンバーグ断面

ハンバーグをナイフで切り分け、断面を鉄板で熱してから口に運ぶと、ほろりと肉がほつれていきます。

ぼんぼり自慢のハンバーグはこだわりの配合をした挽肉に加え、飴色になるまで炒めたタマネギを使用した慈善な味わいとなっています。

そんなハンバーグを味わうのに使用するソースは2種類。

bonboriソース

店員さんの説明によると、左側のソースが醤油ベース、そして右側のものが塩ベースのソースということです。

試しに両方取り皿に入れて味わってみると、醤油味のほうは肉のうま味と合わさった事によってご飯が進む味となりました。

対して塩ベースのソースはシンプルに肉のうま味をより引き立たせるような味になり、こちらは純粋にハンバーグのうま味を楽しむといったソースかもしれません。

またハンバーグ自体に肉の生臭さのようなものもないのでこれなら大盛りにしてもっと味わえばよかったかもしれません。

bonboriデザート

ちなみにこのぼんぼりのランチにはデザートとしてアイスバーが出てきます。

ハンバーグのような脂の多い料理を食べた後に口の中がさっぱりとします。

ハンバーグはディナーでも提供されていますが、ランチの方が大分安いので食べてみたいと言う人はお得に食べたいという人はランチタイムに行くと良いでしょう。

・肉寿司などユニークなメニューがある夜のメニュー

では続いて夜のメニューのようにいくとしましょう。

ランチのメニューはハンバーグがメインでしたが、夜になるとぼんぼりの自慢メニューである富士山の溶岩石プレートを使った焼き肉など魅力的なメニューが多数あります。

そん様々なるメニューの中から今回注文してみたのは映えメニュー1位と書かれていた「和牛焼き寿司」、そしてぼんぼりの卵かけご飯「ぼんぼりTKG」です。

bonbori和牛焼き寿司

まず届いたのが和牛焼寿司。

こちらのお寿司は5貫から注文することができます。

運ばれてきた時は上に乗っている肉は生なのですが、届くと店員さんが目の前でバーナーを使って炙ってくれます。

bonbori和牛焼き寿司わさびのせ

この寿司に使われている肉にはあらかじめ醤油が塗ってあるらしく、薬味であるわさびをお好みでのせて頂くというのがこの和牛焼寿司のスタイルのようです。

適度にわさびをのせて口に入れてみると肉の甘み、醤油の濃厚なうま味、そこにわさびのアクセントが加わる事で口の中になんとも言えない幸福感が口の中に満ちていきます。

この寿司は「いちぼ」という牛のお尻に近い部位の肉を使っています。

焼き肉にも使われる事があるこの部位は和牛ではサシが入ったりする事もあるようです。

という事はこの表面のテカリはサシが溶けてできたものなのでしょうか。

肉質もとても柔らかく、口に入れると溶けるようなかんじがします。

 

そしてその後に届いたのがぼんぼりTKG。

bonboriぼんぼりTKG

ぼんぼりの卵かけご飯を注文すると、海苔と鰹節がたっぷりとのったご飯と卵、薬味のネギ、そしてタレの4つが出てきます。

タレは全部使うとかなりしょっぱくなるので半分くらい使うとちょうど良いということでしたが、個人的にはそれだと少し物足りなかったので4分の3くらい使いました。

bonboriぼんぼりTKGアップ

卵とタレをしっかりと混ぜた後にご飯を掻き込むと卵とタレの濃厚な味とカツオ節の豊かな香りが口の中に満ちていきます。

お寿司5貫だけでは足りないだろうと思って注文していたのですが、この卵かけご飯も充分頂けました。

スポンサード リンク



まとめ

今回は西新宿のビルの一角にある「溶岩DINING bonbori」を紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

このぼんぼりのハンバーグというのはかなり人気があり、ぼんぼりのダイレクトショップをはじめ、アマゾンやヤフーショッピング、ぐるなび食市場といったようなオンラインストアでも購入できるということです。

気になった方はこちらもチェックしてみてください。

(写真と文/鴉山翔一)

・お店情報

溶岩DINING bonbori

・住所

東京都新宿区西新宿1-14-16

・電話番号

03-5339-7868

・営業時間

ランチ  11:30~14:00
ディナー 17:00~23:00

ぼんぼりのハンバーグが気になった方はこちらから取り寄せできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました