「君の名は。」で人気を集めている須賀神社はこんな神社

須賀神社サムネパワースポット

様々な人が訪れる日本の神社。

後押しして欲しいという事でお願いしに来る人もいれば完全に神頼みでお願いしに来る人、パワースポットとかが好きで神社などを訪れる人、中には映画やドラマ、アニメなどで登場した聖地巡礼目的で訪れる人もいる事でしょう。

今日の記事で紹介するのも、そんな大ヒットアニメの聖地となった神社です。

というわけで今回は映画「君の名は」で一躍有名になった四谷の須賀神社を紹介していきたいと思います。

スポンサード リンク



・四谷の住宅智の中にある神社

須賀神社があるのはJRの四ツ谷駅から徒歩十分ほどの場所に須賀町という場所で、住宅地の中にあります。

須賀神社外観

創建は1634年頃ですが、当時は今のような形の神社ではなく、ごくごく普通の稲荷神社でしかも赤坂にあったようです。

それがなんで今の四谷の地に移ってきたのかというと、江戸城の外堀普請の際に赤坂清水谷から現在の場所を替え地として今の場所を拝領し、四谷十八ヵ町という事です。

御祭神は宇迦能御魂神(うかのみたまのみこと)と須佐之男命(すさのおのみこと)の二柱です。

宇迦能御魂神は稲荷大神とも呼ばれていて、五穀豊穣や開運招福、商売繁盛といった神様として親しまれている神様です。

須佐之男命は厄除けや農業の神様として信仰を集めていますが、元々はこの須賀神社の御祭神ではありませんでした。

1637年に日本橋大伝馬町の大名種だった馬込勘由という人物が、幕府からのご用命を務めきり、その功績として神田明神に祀られていた須佐之男命を合祀した事で御祭神となったみたいです。

それもあってか江戸時代には「稲荷天王」や「四谷牛頭天王社」と称されて人気を集めていたとの事です。

・「君の名は」で一躍有名になった須賀神社

2016年、須賀神社を一躍有名にしたアニメ映画が公開されました。

それが新海誠監督の「君の名は。」です。

君の名は。の映画ポスターだけでなくストーリーのラストで主人公の滝と三葉が再会を果たしたあの場面に登場したのは須賀神社の敷地にある階段通称「須賀神社男坂」が使用されました。

君の名は。公式サイトより

こちらは君の名は。の公式サイトでメインビジュアルとして使用されている画像です。

で、これが実際の景色ではどんな感じになっているかというと、

須賀神社男坂

こんな感じで階段の両端と中央に赤い手すりがあります。

なお写真なのですが、須賀神社にいった15時くらいだとこんな感じで完全に日陰になってしまいます。

かといってカメラのホワイトバランスなんかをいじくると今度は逆に白くなりすぎてしまいます。

なので写真を取りに行くのであれば午前中、遅くともお昼ぐらいまでのほうがいいでしょう。

余談ですが、「君の名は。」が大ヒットした事もあってなのか、須賀神社の絵馬には聖地巡礼で訪れたファンが書いたモノ以外にもアニメのヒット祈願で奉納されたと思われる絵馬がいくつも見受けられました。

タイトルを出さずに言うと、最近アニメ化して原作コミックが品薄になっているあのアニメです。

絵馬に書かれていたのが声優さんたちの連名だったのでアフレコのスタジオかなんかが近くにあるのでしょうか。

・須賀神社の大黒天と三十六歌仙絵

男坂の側の鳥居をくぐった正面に見えるのが須賀神社の本殿になります。

須賀神社社殿

1828年に完成した本殿および御内陣、境内の稲荷神社は第二次世界大戦の東京大空襲を運良く乗り切りましたが老朽化が進んでいたため1988年から翌年まで修復工事が行われていたそうです。

また本殿の脇の所にはお守りや御朱印を授かれる社務所、そしてその脇には木製の大黒天が安置された祠があります。

須賀神社の大黒天

この大黒天が祀られている社の名前などがありませんでした。

特に名前などはないという事なのでしょうか。

 

そして本殿に向かって左脇の所には住宅街へと続く参道と天白稲荷神社という神社があります。

天白稲荷神社

この神社が須賀神社の前身である稲荷神社なのでしょうか。

・・・・・・こう言っては何ですが須賀神社の本殿の方が大きいので、こちらが末社のようにも見えて仕舞います。

 

そこに行くまでの参道の所に、須賀神社で見つかった「三十六歌仙絵」という絵画の紹介が書かれた看板があります。

三十六歌仙絵

この三十六歌仙絵は藤原公任(ふじわらのきんとう)という平安中期の公卿が過去および同年代の優れた歌人を36人選び、それぞれの歌人の肖像画に代表作を書き添えた絵画で、鎌倉初期から江戸時代までに盛んに描かれていました。

 

須賀神社に奉納されているものは江戸末期に描かれたもので、画は当時四谷に住んでいた旗本大岡雲峰、歌は和歌や書がで人気があった公卿千種有功が書いたとされています。

完成した三十六歌仙画は1836年に奉納され、先の大戦からのも運良く逃れた須賀神社の社社宝は現在新宿区の指定文化遺産にされて社殿内に飾られています。

・須賀神社の御朱印

ではここで須賀神社の御朱印を見てみましょう。

須賀神社御朱印

右側に大黒天のスタンプと「幸縁之大神」の文字、そして左側は「四谷総鎮守」の判子と「須賀神社」の文字が書かれています。

受け取った御朱印の右のページを見る限り、奉拝の文字に重なる形で「四谷大黒社」と判子が成っているのを見る限り、これが大黒天を祀っていた社の名前と言う事なのでしょう。

 

ちなみに須賀神社の御朱印は書き置きになっているので、待ち時間はありませんでした。

なので受け取った御朱印は御朱印帳に挟んでおくか、クリアファイルみたいなものを用意しておくと良いでしょう。

スポンサード リンク



・まとめ

今回は「君の名は。」ファンから人気を集めている四谷の「須賀神社」を紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

この須賀神社では11月には酉の市、そして年末から節分にかけて一陽来福という普段は受け取れないお守りの授与なんかも行っています。

気になった方は須賀神社へと訪れてみてはいかがでしょうか。

(写真と文/鴉山翔一)

・神社情報

須賀神社

・住所

東京都新宿区須賀町5

コメント

タイトルとURLをコピーしました