今年も新宿総鎮守「花園神社」の「酉の市」の季節が来た!


    11月に入り、年賀状の販売を目にするようになっていよいよ年の瀬が近づいてきているんだなぁと実感するこの頃。

    この時期になってくると様々な神社であるお祭りが行われて賑わいを見せるようになってきます。

    それは、酉の市です。

    都内でも酉の市の賑わいの様子がテレビの中継などで行われていますが、実は新宿でも酉の市が行われる神社があるんです。

    その神社とは、東新宿の総鎮守である花園神社。

    今回はこの時期賑わいを見せる花園神社の酉の市を紹介していきたいと思います。

    スポンサード リンク



    ・なぜ花園神社の酉の市は賑わうのか

    それにしても、なぜ新宿の酉の市はここまで賑わうのでしょう。

    そもそも酉の市の起源自体色々な説があります。

    とあるお寺のご開帳の日に行われた祭りだったとか、日本武尊(やまとたけるのみこと)がお礼参りしたのが酉の日だったからとか、そもそもは農機具などを売っていた収穫祭だとかいった具合に宗教的なものや史実的なものなど様々です。

    では花園神社の酉の市はどういった起源があるのかというと、境内の中に大鳥神社が合祀されているところが関係しているようです。

    総本社である大阪の大鳥神社では酉の日に「酉の日祭」というお祭りが開催されるという事です。

    それに起因するような形で花園神社でも酉の市を行っているという事みたいです。

    また花園神社のすぐそばには日本屈指の繁華街である歌舞伎町がすぐそばにあります。

    酉の市で販売されている熊手には商売繁盛や開運招福などの意味もあるという事から、一般のお客さんだけでなく会社の名義で購入しに来る人も結構います。

    そのため、酉の市には多くの人が花園神社に訪れるみたいです。

     

    ・境内の外も賑わう酉の市

    今年の11月は酉の日は2回あり、一の酉の日が11月8日、二の酉の日が11月20日となっています。

    この酉の日とその前日に行われる前夜祭が花園神社の酉の市として認知されています。

    前夜祭の日から花園神社の外は食べ物の出店がずらりと軒を連ねています。

    まずは花園神社の境内に入る前に、境内の外にある出店の様子を見てみるとしましょう。

    花園神社沿道出店

    花園神社沿道出店2

    明治通り側の花園神社の入り口辺りから靖国通りの新宿区役所前辺りまでの歩道にずらりと様々な食べ物のお店が軒を連ねています。

    出店があるのはこの大通り沿いだけではなく、ゴールデン街などがある花園神社の裏手の入口側にも出店があります。

    おでん

    また一部のお店にはいわゆるイートインが設けられているので、出店で買ったおでんや串焼きとお祭りの喧噪を肴に1杯やる、という楽しみ方なんかもできちゃいます。

    ・様々な熊手が並ぶ境内

    それではいよいよ境内の中に入っていくとしましょう。

    花園神社参道

    靖国通り側の参道には表の大通りと同じように食べ物の出店が花園神社の本殿前まで続いています。

    花園神社本殿前

    この写真が撮られたような比較的早い時間であればまだ参拝客はそんなに多くはありません。

    日が暮れるとどうなるのか。

    花園神社前夜

    これは昨年の酉の市の際に撮影した写真にはなるのですが、本殿前の広場は人で溢れかえっています。

    「どっからこんなに集まったんだ?」という驚きと戸惑いが同時に襲いかかってきます。

    参拝をするというのであれば早めの時間に来るか、もしくは熊手を購入する前にお参りした方がいいでしょう。

     

    そして酉の市の主役とも言える熊手ですが、この本殿の前から明治通り側の敷地に面した場所で販売されています。

    酉の市の熊手

    酉の市の熊手

    写真は昨年の酉の市の際に撮影したモノです。

    酉の市で売られている熊手も様々な種類があり、10センチもないような大きさで机の上などにちょこんと置けるようなサイズからまさに見上げるような大きさで「どこに置くの?」となるようなものもあったりするので、見ているだけでも飽きません。

    また熊手の出店があるエリアを歩いていると、至る所で熊手を購入した際に行われる三本締めの音が聞こえてきます。

    熊手に込められる思いというのは買いに来る人やグループによって違うでしょうが、心の中では一緒に手を叩いていたくなります。

    ・花園神社酉の市名物「見せ物小屋」

    さて、花園神社の酉の市は熊手や出店などを見て回るのもおもしろいですが、実は知る人ぞ知るものが開催されています。

    それは「見せ物小屋」です。

    花園神社見せ物小屋

    こちらの写真も昨年撮影したモノになります。

    かなり怪しげな見た目をしているこの小屋で行われているのは現在ではほとんど見る事ができなくなった昔ながらの見せ物です。

    ちなみに昨年は火を噴いたり体にホチキスを指していったりといったパフォーマンスが行われていました。

    かつては見せ物小屋というのは日本各地にあったようなのですが、昨今の規制などからほとんど姿を消して締まっているようです。

    行われる演目はやや刺激が強い内容となっていますが、興味がある方は見てみてはいかがでしょうか。

    スポンサード リンク



    まとめ

    今回は今年もいよいよ開催となった新宿花園神社の酉の市について紹介していきました。

    いかがだったでしょうか。

    今年の酉の市は一の酉が先日の木曜日と金曜日、そして二の酉が火曜日と水曜日という事で働いている人にとってはかなり難しいスケジュールとなってしまっています。

    ですが、酉の市が行われている花園神社は普段では味わう事ができない雰囲気に包まれています。

    そんな特別な空気を味わってみたい方は是非とも花園神社の酉の市に足を運んでみてください。

    (文/鴉山翔一)

    ●こちらの記事もいかがでしょうか(広告が表示される時もあります)
    ●スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *