新宿トップクラスのパワースポット「花園神社」はこんな場所

    拝殿

    神社や仏閣、自然の神秘によって作り出された不思議な場所。

    「パワースポット」と呼ばれるそういった場所は、癒やしを求めたり、その場所にある不思議なエネルギーに触れたいという人が足を運びます。

    そんなパワースポットを回るのが趣味だという人も今となっては珍しくありませんし、そういったパワースポットを巡るためのツアーなんかもあったりします。

    さて、新宿区内にも人気を集めるパワースポットは多数あります。

    今回は新宿で1,2位を争うパワースポット「花園神社」を紹介していきたいと思います。

    スポンサード リンク



    ・新宿三丁目のそばにある神社

    花園神社があるのは東京メトロの「新宿三丁目駅」のすぐそばにあります。

    特にE2の出口から出たのであれば花園神社は目と鼻の先です。

    花園神社

    花園神社は江戸時代に内藤新宿が開かれて以来、新宿総鎮守として今日まで新宿の守り神として親しまれています。

    創建がいつなのかという正確な時代はわかってはいませんが、徳川家康が江戸に入った1590年より前にはあったと言われています。

    なので内藤新宿が1904年に開設されたのでそれより前という事になります。

    その当時は神社があった場所が異なり、いまの伊勢丹新宿本店があるあたりにあったという事です。

    当時神社の周囲にとある旗本の武家屋敷が建ってしまった事を幕府に訴えた結果、徳川御三家の一つである尾張徳川の庭の一部であった今の場所に移りました。

    なお名前の由来はその庭が多くの花が舞う庭園の跡地にできた事から「花園神社」と呼ばれるようになったようです。

     

    花園神社の御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)と倉稲魂神(うかのみたまのかみ)、そして受持神(うけもちのかみ)の3柱です。

    日本武尊はもはや説明不要の神様ですが、残りの2柱は知らないという人も多いと思います。

    倉稲魂神は穀物を司る神で、伏見稲荷大社の主祭神として多くの人から進行を集めています。

    そして受持神は「保食神」と書かれる事もあるようでこちらも穀物に関係する女性の神様という事です。

    ・境内内には複数の神社がある

    では早速花園神社の境内の中を見てみましょう。

    こちらが花園神社の拝殿となります。

    拝殿

    鮮やかな朱色が映える本殿は創建当初のものではありません。

    花園神社の本殿は創建されてから火災や戦火などの被害に何度もあい、現在の社殿は昭和40年に鉄筋コンクリート造りで作られたものとなっています。

     

    花園神社にある社殿はこれだけではありません。

    まず明治通り沿いの北側にある芸能浅間神社。

    芸能浅間神社

    この芸能浅間神社は芸能事に関して御利益があると言われており、神社の周りにはこの神社に奉納した人の名前がずらりと並んでいます。

     

    続いて境内の中央付近にある威徳稲荷神社。

    威徳稲荷神社

    この神社の創建時期は不明と言う事ですが、幾重にも重なるこの神社は多くの人から人気を集めています。

    この写真を撮りに行った日にも観光客が参道で記念撮影をしていました。

     

    最後に本殿のそばにある納め大明神。

    納め大明神

    こちらは古いお札などを納める場所となっています。

    看板には古い熊手も納められると書いてありますが現在は社務所で受け付けていると言う事です。

    ちなみにこの神社はお札などだけでなく、頭にくる事や不満なども納めてもいいと言う事です。

    ・花園神社名物酉の市

    この花園神社には名物となるイベントが開催されます。

    それは酉の市「大酉祭」です。

     

    酉の市は日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願、そして期間時にお礼参りをした事から日本武尊の命日である11月の酉の日に行われるようになったという事です。

    では花園神社の酉の位置の様子について紹介していくとしましょう。

    写真は昨年の酉の位置の様子です。

    靖国通り沿い

    酉の市が開催されている時は靖国通り沿いと明治通り沿いに出店が多数出店しています。

    それは境内の中も同じで、参道には様々な食べ物の出店が出店しています。

    参道の出店

    そして境内の至る所に熊手を売っているお店が多数出展しています。

    場所によってはイートインみたいな形で座って食べれるようになっているお店もあったりしますので、ゆっくり落ち着いて食べたい時はそういった所で食べるといいかもしれません。

    熊手

    熊手は様々な種類の物が売られていて、机の上などにちょこんと置けるような物から壁掛けの物、さらには「それ一体どこにおくの?」と言いたくなるような大きさのものあったりとみているだけでも飽きません。

    そして花園神社の酉の市では今となっては珍しい見せ物小屋も開催されます。

    興味があったらこちらも見てみてはいかがでしょうか。

    ・花園神社の御朱印

    最後に花園神社の御朱印を紹介しましょう。

    御朱印

    御朱印には花園神社の名前と判子が2種類押されています。

    また御朱印と一緒にもらった半紙には「三つ巴」、「鶴」、そして「稲」の紋が描かれて言います。

    御朱印は本殿の隣にある社務所にて受け取る事ができます。

    スポンサード リンク



    ・まとめ

    今回は新宿の有名パワースポット「花園神社」を紹介しました。

    いかがだったでしょうか。

    花園神社は歌舞伎町に近いというのもあってか芸能事に関するお願いをしに参拝する人もいます。

    これからの時期は靖国通り側の参道に植えられている銀杏が色づき始めますし、春になれば境内の桜が咲き誇り、訪れた人の目を楽しませてくれます。

    この記事を読んで花園神社に行ってみたいと思った方は是非とも足を運んでみてください。

    (写真と文/鴉山翔一)

     

     

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *