新宿駅東口の「すし処鮨丸」のランチを楽しむ

    サムネ

    グルメな人でもない限り、基本的には敷居が高くて入るのを臆してしまう回らない寿司のお店。

    一昔前であればかなりハードルは高かったですが、最近では様々な寿司屋でランチメニューを実施しているので、そういったお店を回るのを楽しみに色々と言っているという人も珍しくはないと思います。

    今回は「すし処鮨丸」について紹介していきたいと思います。

    スポンサード リンク



    ・駅のそばにあるおしゃれなお店

    すし処鮨丸があるのはショッピング街などが立ち並ぶ新宿駅の東口側のエリアだ。

    新宿駅の東口側は大ガードがある靖国通りより北は繁華街として有名な歌舞伎町。

    靖国通りから駅前通りの新宿通りまでのエリアには新宿の大型シネコンの新宿ピカデリーや紀伊國屋書店新宿本店があるエリア。

    そしてマルイやビックロといったよう商業施設があったりする新宿通りから駅を横断するように伸びている甲州街道までの区画。

    このエリアは新宿駅東口のタクシー乗り場のあたりから東に向かってメインストリートのような路地が1本伸びていて、道沿いには一蘭のような新宿の人気店があったりするのですが、その道沿いに鮨丸はお店を構えています。

    鮨丸店前

    お店の1階は全てカウンター席となっていました。

    テーブル席などはどうやら2階より上のフロアになるみたいです。

    木製の格子に引き戸が設けられた店構えはどこか高級な雰囲気を感じさせるため入るのをためらってしまいそうになりますが、今回紹介するようなランチメニューも設けらているので、安心してください。

    ・平日と休日で異なるランチメニュー

    さて、早速その気になるランチメニューを紹介していきましょう。

    ですがいくつか注意点があります。

    先ほどすし処鮨丸にはランチメニューが用意されていると紹介しました。

    多くのお店ではランチメニューというと平日しかやっていないというイメージがあるかもしれませんが、ありがたいことにこの鮨丸では土曜日曜そして祝日もランチメニューが用意されています

    まず平日がこちら。

    ランチ平日

    北海丼やづけマグロ丼をはじめ、8種類の握りがのったランチ握りや1.5人前のすしが食べられるテンゴ握りといったものがあり、価格も1000円前後となっています。

    ランチの中では一番安いイカ丼はちょっと変わり種となっていて、冷凍保存した肝や魚を凍ったまま味わう「ルイベ」という北海道の郷土料理で味わうことができるということです。

    またあとで調べてわかったことですが、2000円や3000円オーバーのメニューもあったりするみたいです。

     

    そしてこちらが土日祝日のランチメニュー。

    休日ランチ表

    休日ランチ裏

    平日のランチメニューにもあった北海丼に乗せられていたイクラが3倍の量になった特撰北海丼といったような休日限定のメニューもあったりします。

    が、平日のランチにあったランチちらし、ランチにぎり、テンゴにぎりは休日のランチメニューでは提供されていません。

    この事を知らずに行くとお店に行った時に「あれ?」と言ったことになりますので注意しましょう。

    なぜそう言うのかというと、私がそれをやらかしたからです。

    ちなみに今回は平日休日どちらのランチでも食べることができる北海丼と百合握りをそれぞれ別の日に注文して楽しませてもらいました。

    北海丼

    百合握り

    どちらのランチも量としては多すぎず少なすぎずといったかんじです。

    なのでゆっくりと寿司を楽しむ、といったような量といってもいいかもしれません。

    またランチメニューには寿司と合わせてみそ汁も提供されています。

     

    ・まだまだある鮨丸の魅力

    ここまで鮨丸の魅力を紹介していきましたが鮨丸の持つ魅力は他にもあります。

    それは、絶品と言われている「関サバ、関アジ」の本物が食べられると言うことです。

    関サバと関アジは大分県の佐賀関でとれるブランド魚です。

    通常サバやアジというとスーパーでも簡単に買うことができる大衆魚という印象が強いかと思いますが、この海域で捕れるサバは豊富な餌や海流によって脂がのっていながらも身が引き締まっていて、体はうっすらと金色がかっているということです。

    一本釣りでつり上げ、流通時には活け締めがされることから鮮度が落ちづらく、サバにしては珍しい刺身で味わうことができるという事でブランド化していきました。

    そんな関サバや関アジですがいわゆる偽物も出回っていた時期がありました。

    そんな偽物への対抗策として自治体は関サバと関アジを商標として登録し、出荷するサバとアジには商標のシールを貼り付け、特約加盟店に魚を卸すという活動をしてきました。

    その加盟店にこの鮨丸は加盟しています。

    なのでこのお店では大分でとれた正真正銘の関サバと関アジが食べられるということです。

    なお関サバと関アジは仕入れがないと提供できないということですので、お店に行った際にあるというのであればぜひとも食べてみたいところです。

    スポンサード リンク



    ・まとめ

    今回は新宿駅東口側にある寿司屋「すし処鮨丸」を紹介していきました。

    いかがだったでしょうか。

    ランチではおいしい鮨をお手軽に食べることが出来ますので近くに行った際には足を運んでみてはいかがでしょうか。

    (写真と文/鴉山翔一)

     

    お店情報

    すし処鮨丸

    ・住所

    東京都新宿区新宿3-31-6

    ・電話番号

    03-3356-7077

    ・営業時間
    月~土 11:30~23:30
    日・祝 11:30~22:00
    ランチラストオーダー 16:00

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *