新宿の「ビースト」の油そばは肉好きにたまらない一品だった

似たような材料を使うことから比較されやすいラーメンとつけ麺、そして油そば。

この新宿マガジンでは油そばを紹介したことはありませんでしたので、今回紹介するお店が初となります。

初回なのだからラーメンからスープがなくなったような一般的な油そばの見た目のものを紹介しようと思いましたが、1回目からかなり変わり種の油そばとなります。

というわけで、今回は新宿でローストビーフが乗った油そばが食べられるお店「ビースト」を紹介していきたいと思います。

スポンサード リンク



・盛れる肉の量は最大○○グラム

ローストビーフを乗せた油そばが食べられるビーストがあるのは新宿歌舞伎町にあるTOHOシネマビルの裏手にあります。

ビースト外観

ローストビーフ油そばのお店には券売機があるわけではありませんが、注文をするのと同時に会計を行います。

その際に油そばの上に乗せるローストビーフの量を決めることになります。

ローストビーフは80グラムから450グラムまで

油そばの上に盛れる肉の量は一番少ないのがスモールの80グラム。

そこから10グラムずつ増えていく毎に料金が増えていくシステムで最大1ポンド、つまり450グラムまで盛ることはできるみたいです。

グラムだけ表現されても正直どれくらいの量なのかというのが分からないと思います。

ちなみに見た目での違いについてレジのところにどれくらいになるのかというサンプルが置かれていました。

120グラム、200グラム、450グラムのサンプル

それを見たところ、120グラムのおすすめというのだとちょっとした肉の山なっていて、キング盛りになると高い肉の山が麺の上にできています。

高く積まれたローストビーフを見てしまうとキング盛りを頼んでみたいという欲がほんのわずかに出てくるところはありますが、こちらはお肉の量だけでなくお値段もキングクラスになっています。

好きなもの食べていいって言われてきたのであれば注文するかもしれないですけど、自腹ではさすがにそんなには出せません。

……いや仮にそういった機会があったとしてもよっぽどのことがない限り、そんなことやる気はないですけど。

ですがある程度お肉は楽しみたいというのもありますので、とりあえず今回の肉の量は120グラムの「おすすめ」で、油そばは醤油ベースのオーソドックスな油そばを選ぶことにしました。

なおビーストの油そばはピリ辛の赤味噌が使われた辛みそ油そば、和風のカルボナーラのような味わいがする「クリーム油そば」、「牛豚骨のローストビーフラーメン」、「ローストビーフ丼」といったものもあったりします。

・他にはない調味料で楽しめる油そば

しばらくすると注文していた油そばが届きました。

ローストビーフ油そば

まず目に入ってきたのが黒い器の中に映えるローストビーフの赤。

そのうちの1枚を取り口に運ぶと、柔らかい肉の食感、そしてよく効いたコショウの風味と肉のうま味を感じることができます。

赤みの鮮やかな色が黒い器の中で映えます

ビーストのローストビーフは「ミスジ」という牛の肩甲骨の内側に当たる部位で一頭から2キロから3キロほどしか取れない希少部位のようです。

焼肉でも人気であること部位をラム酒でフランベを施す事でミスジの中にうま味と香りを閉じ込めたものになっています。

切られた赤身はぺらぺらということはなく、むしろ程よい厚さなので食べごたえもしっかりあります。

そんなお肉が「おすすめ」であれば120グラムもありますのでたっぷり楽しむことができます。

その際に一緒に楽しんでいただきたいのが、様々な調味料です。

調味料は全部で11種類あります

通常油そばで用意されている調味料というとラー油と酢ぐらいだと思いますが、ビーストの場合は卓上にあるだけで茎わさびや鰹節が入ったラー油など4種類、そして肉の量によって選べる岩塩や紅葉卸のような調味料が5種類、そして追加のトッピングが2種類と合計で11種類あります。

そんな多数あるトッピングの中から今回選んだのは「ジャンクパウダー」というものです。

ジャンクパウダーは上げたにんにくをカレー風味にしたもの

これは揚げたニンニクをガラムマサラというスパイスでカレー風味に味付けしたもののようです。

試しに1杯かけて食べてみたのですがそこまで味の違いがわかりませんでした。

もう1杯追加で加えてみると少しカレーの風味が感じ、先ほどよりもジャンキーな味になりました。

途中から調味料を加えて味の変化を楽しむというのが油そばのオススメの食べ方ということなので、ぜひとも試してみてほしいところです。

・締めはスープではなくご飯で

つけ麺の残ったつけ汁を楽しむための方法として割りスープというのが一般的です。

ビーストにも油そばを食べた後に残ったタレを楽しみきる方法があります。

ですがビーストの場合、タレをスープで割るのではなく「追いご飯」という楽しみ方になります。

最後は追いごはんで

ご飯の量はだいたい半ライスぐらいといったかんじです。

このご飯を丼ぶりの中に入れて残ったタレがご飯に染み込むようにしていきます。

残っているたれをご飯に吸い込ませます

そうしたら完成です。

たれがしみ込んだご飯とローストビーフを一緒に味わってください

ローストビーフに合うように作られたたれはご飯と合わないはずがありません。

また先ほど入れたジャンクパウダーがちょっとしたアクセントとしていい仕事をしてくれています。

この追いご飯は嬉しいことに無料となっています。

ローストビーフ油そばを食べた際にぜひ最後に食べてみてください。

スポンサード リンク



・まとめ

今回はローストビーフが乗った油そばが食べられるお店「ビースト」を紹介してきました。いかがだったでしょうか。

ビーストでは毎月2日と9日には肉ご飯などをサービス、そして29日には油そばのローストビーフを増量して提供しているようです。

またこれらの日には次回来店時に使える肉50グラム増量になる券がもらえるということです。

よりお得に食べたいという人はこの日を狙ってお店へ訪れてみてはいかがでしょうか。

(写真と文/鴉山翔一)

 

今回紹介した品

ローストビーフ油そば 980円

オススメ盛り     320円

・お店情報

ローストビーフ油そばビースト

・住所

東京都新宿区歌舞伎町2-37-2

・営業時間

日~木曜 11:00~28:00

金土曜  11:00~32:00(翌8:00)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*