西新宿の隠れ家的お店「ぼるが」で焼きもつを楽しむ

誰にも気を遣わずにゆっくりと楽しむ一人飲み。

賑やかなお店で他のお客の会話を肴に一杯ひっかけるのもいいですが、時には静かなお店でちょっと飲んでいきたいという時もあると思います。

そんな時におすすめの店が西新宿にあります。

今回は西新宿にある隠れ家のような雰囲気を持ったお店「ボルガ」を紹介していきたいと思います。

スポンサード リンク



 

・小田急ハルクの裏にある小さなお店

今回紹介するぼるがというお店は新宿駅西口のそばにある小田急ハルク裏のエリアにお店を構えています。

IMG_8395a

小田急ハルクの裏の区画はぼるが以外にも様々な飲食店が多数並んでいますが、これほどインパクトのある外観のお店はそうないでしょう。

お店の壁にはびっしりとツタが生えているので入るのに勇気がいるかもしれませんが、お店の雰囲気は隠れ家のようでとても落ち着いた雰囲気があります。

店内は2人掛けのテーブル席の他にカウンター席もあり、カウンターの席では既に60すぎと思われる男性2人が既にビール片手に一杯始めていました。

 

席に着くとすぐに飲み物は何にするか聞かれました。

もちろん注文するのは下戸の相棒ウーロン茶。

これがあればお酒を飲まなくてもそれなりに飲み屋で楽しむことはできます。

飲物の注文が終わったところでお通しのキンピラゴボウが出てきました。

IMG_8384

鷹の爪のような香辛料は見えませんが、少し辛めの味付けになっています。

お酒が飲めないので断定はできませんが、こういった味のものはお酒が好きな人にとってはたまらない一品ではないのかなと思います。

 

キンピラを食べている途中、スーツを着た男性2人組が来店し、お店の2階へと案内されていきました。

どうやら2階にも客席はあるようで大人数の場合はそちらに案内されるのかもしれません。

・5本で500円の焼きもつ盛り合わせ

お通しで出てきたキンピラゴボウは確かにおいしい品でした。

ですがさすがに食べるのがこれだけというのはいささか寂しいものがありますので料理も頼んでみるとしましょう。

IMG_8381

ぼるがの場合、料理は基本的にすべて500円というわかりやすい金額に設定されています。

その中から今回注文したのは「焼き(もつ)盛り合わせ」です。

IMG_8385

この焼きもつはタレか塩かを選べるようになっていて、今回はタレを注文しました。

届いたものを見る限り、2本はレバー、手前の1本は皮のように見えますが一番奥の一本に関しては正体が何なのかわかりません。

とりあえずまずは食べてみるとしましょう。

とりあえず気になっていた一番奥の串から取り、一口齧ってみます。

するとゴリッという凄まじい音が噛むたびに内側から響きます。

よく軟骨などを食べた時にコリコリするといったような表現を使うことはありますが、この1本目のもつの食感はそんなレベルには納まりません。

噛むたびにすごい音がするのでドキッとするところがありますが、この歯ごたえがまた癖になるところがあります。

続いて2本目。

2本目はやはり予想していた通り、レバーみたいです。

3本目の串は色こそレバーに似ていますが、食感的には焼き鳥のモモとかに似ているところがあります。

4本目もレバーのようですが、こちらは2本目のものと比べるとつるっとした食感があります。

レバーであっても部位か何かが違うのでしょうか。

さっきのと比べるとこっちのほうが個人的には好きです。

そして最後の1本。

カワだとは思うのだが、どうも鶏の皮とは違うようにかんじます。

理由としましては表面がいわゆる鳥肌のものとはちょっと違いますし、食感もちょっと普通の鶏皮とは違うような気がします。

となると残る可能性は鶏皮ではなく豚の皮、もしくは皮に似た食感があるもつという事になります。

豚のカワを食用でというのはあまり聞きませんし、それ以外のもつとなると種類が多いので正体がわかりかねます。

ですが今手に取っている串がどこの部位なのかを予想しながら食べるというのもちょっと面白いところはあります。

なお、この焼きもつの盛り合わせはお任せの盛り合わせみたいで、日によってラインナップが変わるみたいです。

500円でありながら5本も盛られているので、ぼるがで呑む際にはコストパフォーマンスのいい肴になるかもしれません。

スポンサード リンク



 

まとめ

今回は新宿駅西口からすぐのところにある隠れ家的なお店であるぼるがを紹介していきました。

いかがだったでしょうか。

今回はウーロン茶、焼きもつ盛り合わせに加え、少しお腹を膨らませるためにおにぎりを追加した結果、トータルの支払いは1400円ほどでした。

お酒と焼きもつの盛り合わせの2品でちょい飲みするのであれば恐らく1000円前後で

このぼるがには今回紹介した品以外にも「畑のキャビア」とも評されるとんぶりのような他ではあまり見ないようなメニューもあったりします。

気になった方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

(写真と文/鴉山翔一)

 

・お店情報

ぼるが

・住所

東京都新宿区西新宿1-4-18

・電話番号

03-3342-4996

・営業時間

17:00~23:00(L.O.22:00)

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*