新宿3丁目の人気店「希望軒」のラーメンは色がすごい

IMG_8098a

新宿三丁目の飲食店や飲み屋が密集するエリアを歩いていると、とある音楽が聞こえてきました。

ラッパのような楽器だけで奏でられている音楽の正体はチャルメラです。

いったいどこから流れているのかと見てみると、とあるお店から流れているようです。

「希望軒」。

それがお店の名前です。

この希望軒は新宿の人気ラーメン屋として名が上がることあるのでそのうち行ってみたいとは思っていたのでちょうどいい機会です。

今回は新宿3丁目にあるラーメン屋の希望軒を紹介していきたいと思います。




・元々は兵庫県にあったお店

このお店ははじめから新宿にあったわけではありません。

希望軒の起源は1991年、兵庫県姫路市から始まります。

当時のお店は面積がわずか9坪しかありませんでした。

ですがお店の人気はすさまじく、希望軒の味を求めて200人もの人が行列を作ったという伝説があるようです。

それぞれのお店には「上湯師」という希望軒独自の資格を持った人がいて、この上湯師がスープの旨味を引き出すことで希望軒の自慢の味を保っているようです。

現在は1都2府7県でお店を展開していて、新宿には末広亭などがある新宿三丁目の一角にあります。

・スープが黒いラーメン

お店の中に入ってみるとまだ平日の6時前というのもあってかお客さんはまだ誰もいませんでした。

カウンターの適当な席に座り、早速注文をします。

希望軒には豚骨スープ、ゴマ味噌ラーメンに使う白湯スープ、そして醤油ラーメンや塩ラーメンに使う清湯スープの3種類があります。

今回注文したのは清湯スープを使用した醤油ラーメンの「希望軒ブラック」というラーメンです。

清湯スープの醤油ラーメンというとスープに多少色は付いているものですが、希望軒ブラックは多少色が付いているという程度では収まりません。

IMG_8103

これが希望軒で提供されている醤油ラーメン「希望軒ブラック」です。

よく見る醤油ラーメンと比べてもかなり色が濃いと思います。

 

なぜこんなに色が濃いのかというと、スープに黒醤油というものを使っているからです。

調べてみたところ、黒醤油はシーユーダムとも言うタイ料理に使われる調味料という事です。

大豆が原料であるのは普通の醤油と変わりないのですが黒醤油には砂糖や塩が入っているようです。

IMG_8104

試しに一口飲んでみると、確かに普通の醤油ラーメンとは違ってどこか深い味がします。

例えとして正しいかどうか悩ましいですが、テリヤキのようなかんじ、といえばいいのでしょうか。

普通の醤油ラーメンとはまた違った味わいがあって、とてもおいしいです。

 

麺は中太麺と細麺の2種類から選ぶことができ、今回は中太麺のほうを選びました。

モチモチ感のある麺はスープが良く絡みます。

食べている途中で気が付いたのですが、この希望軒ブラックにはラーメンでは定番の具であるあるものを見かけませんでした。

そのあるものとは、メンマです。

特段メンマが好物というわけでもありませんが試ししに箸で器の底を探ってみますが、それらしいものに当たる感触はありません。

どうやらこの希望軒ブラックにはメンマは入っていないようです。

代わりにモヤシ、そしてやや多めのネギが乗せられています。

またカウンターにはある程度ニンニクや漬物のようなもの、そしある程度小さく刻まれた海苔が置かれています。

・お得なセットメニューも

他のラーメン屋と同じように、希望軒でもラーメンと一緒に注文するとお得になるセットメニューがあります。

IMG_8099

唐揚げ、餃子、丼、そしてライスの4種類となっていますが、丼が2種類あるので実質5種類となっています。

唐揚げと餃子のセットにはやはり少し値が張るなぁと思いましたが、よく見てみると唐揚げセットと餃子セットにはご飯も付いてくるとのことです。

まさかご飯もセットになっているなんて、正直予想外でした。

たっぷり食べたいという人にとってはありがたい事でしょう。

ですがプラスアルファとして追加で注文するにはちょっと多いという人もいるでしょう。

おもに、私のような小食タイプの人は。

そんな人に向けてなのかはわかりませんが希望軒では11日に餃子5個が、22日には唐揚げ3個が100円になるサービスが行われています。

IMG_8106

このサービスは毎月行われているようで、注文は何人前でもOKということです。

普通に注文すると餃子も唐揚げも300円くらいするのでこの価格は破格ではないでしょうか。

しかも何人前でも注文可能ということは、いつもと同じ金額で倍以上の量を食べられるということになります。

スポンサード リンク



まとめ

今回は新宿三丁目にある人気のラーメン店希望軒を紹介しました。
いかがだったでしょうか。

この希望軒の周辺には飲み屋など様々なお店があるのでそういったお店で食べた後の締めに希望軒でラーメンを食べようとする人もいるかもしれません。

そういう人のためにひとつ注意点があります。

希望軒にはラーメン屋には珍しい深夜料金というものがあり、22時以降はラーメンのお値段がプラス100円になります。

なので夜行く時はその前に行くようにしたほうがいいでしょう。

また希望軒は11時から19時までは禁煙になりますのでたばこを吸われる方は覚えておきましょう。

(写真と文/鴉山翔一)

紹介した品

希望軒ブラック 830円

お店情報

希望軒新宿3丁目店

・住所

東京都新宿区新宿3-7-3

・営業時間

日曜~木曜   11:00~23:30

金曜土曜祝前日 11:00~25:30

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*