迷わないために覚えておきたい各路線の新宿駅西口への行き方


    新たな生活が始まり、新宿駅を利用するようになるという人もいる事でしょう。

    恐らく慣れない都会の駅で乗り換えなどに迷う事もあるはずです。

    ですが、新宿駅はそういった人にまったく優しくありません。

    恐らく多くの人が複雑な新宿駅の特に西口の場所で混乱すると思います。

    これまで新宿マガジンではJRの各改札については紹介してきましたが、他の路線となると少し手薄になっているところもありました。

    そこで今回は新宿駅の「西口」として扱われる各路線の改札について紹介していきたいと思います。

    スポンサード リンク



     

    ・路線の数だけ西口はある

    新宿駅の西側にいくつ改札があるかを確認する前に、まずは新宿駅に停車する路線の数を整理してみましょう。

    2019年3月現在、新宿駅に停車する路線はJR、小田急線、京王線、京王新線、都営大江戸線、都営新宿線、東京メトロ丸の内線の計7つです。

    そしてこれらすべての路線が名称こそ違えど新宿駅の西側に改札を設けています。

    中には複数改札口を設置しているところもあるので、勘違いをするとまったく別の場所に出てしまうという事も珍しくありません。

     

    ・JR

    ではJRから行くとしましょう。

    JRの場合、西口と中央西口の2種類があります。

    まず西口。

    恐らくJRの改札ではここがもっともポピュラーな場所でしょう。

    電車を降りたら池袋大久保方面にホームを進み、地下にある北通路に下ります。

     

    その後、まっすぐ西口改札のほうに向かって歩いていくだけです。

    とてもわかりやすいです。

    あくまで西口は。

     

    そうです。

    中央西口となると話は変わってきます。

    中央西口は北通路に並行している中央通路の突き当りにあります。

    ですが中央西口は2カ所あるんです。

    まず一般的に中央西口として認識されている方が多いであろう方の中央西口。

     

    JR中央西口

    これは出口専用となっていて、ここから出てしまった場合は他の改札から入るしかありません。

    そしてもう一つの中央西口というのが「京王口」という呼び名が付いている出口です。

    IMG_7157

    この改札はその名前の通り、京王線と連絡している改札のそばにあります。

    まず中央通路の端まで来たら、先ほどの出口専用の改札と小田急線の連絡改札の間にある階段を下りて少し進み、そして階段を上がると京王口へと行く事ができます。

    IMG_7150

    IMG_7151

    この京王口は入場出場どちらもできますが、JRの改札というよりは京王線としての改札がある場所という認識のほうが多いのではないかと個人的には思います。

    なのでもし駅で迷っている待ち合わせ相手が「中央西口にいる」と電話口に言っている時はその改札のすぐそばに京王線の改札があるかどうかを確認したほうがいいでしょう。

    そうすればこの京王口かどうかを判断できます。

     

    ・小田急線

    続いて小田急線の改札を見てみましょう。

    小田急線の西口にあたる改札はJRと同じく2つあり地下西口と地上西口があります。

    どちらの改札も新宿へと向かう電車の先頭車両のほうにありますので改札までの行き方自体は問題ないでしょう。

    あとはどの電車がどちらのフロアに停車するのか、という事です。

    小田急ロマンスカーや急行などが出ている2番線から6番線までは地上フロア。

    IMG_7133

    そして各駅停車の電車が止まる7番線から10番線のホームがあるのが地下フロアとなっています。

    IMG_7129

    ちなみに7番線と10番線は降車専用なので、この2つのホームから電車に乗ることはできません。

    ・京王線

    3つ目の路線の京王線に行きましょう。

    新宿には京王線と京王新線の2種類がありますがごちゃ混ぜにならないように今回は分けて説明します。

    IMG_7138

    IMG_7141

    京王線の西口となる改札は京王西口と京王百貨店口の2つがあります。

    それぞれの改札は同じフロアにあり、新宿へと向かう電車の先頭車両に乗っていれば近くにある階段を上ることで改札があるフロアに行くことができます。

    で、2つの改札がどういった具合にあるかというところでしょう。

    京王西口と京王百貨店口はそれぞれ対角線上にあり、京王西口が北側、京王百貨店口が南側にあります。

    と言われても屋内では北や南と言われてもわかりづらい事でしょう

    見分ける方法としてはJRの連絡改札があるかどうかを見てみましょう。

    京王百貨店口には隣にJRの中央西口が併設されています。

    それを見て判断するといいでしょう。

    仮に間違えてしまったとしても脇にある

     

    ・京王新線および都営新宿線

    では恐らく今回最大の難所である京王新線のほうへと行きましょう。

    また京王新線は都営新宿線の新宿駅とも改札を一緒にしているので、今回は合わせて紹介していきます。

    京王新線および都営新宿線の改札として有名なのは、こちらの改札口でしょう。

    IMG_7158

    IMG_7159

    この改札へ行くにはホームからエスカレーター2本で行けますが、エスカレーターがある場所です。

    京王新線および都営新宿線のホームである4番線と5番線は地下5階というとんでもなく深いところに電車が停車するというのもあって、改札へと通じるエスカレーターがとても長いです。

    乗るべきエスカレーターを間違えてしまうと、新都心口という都庁の方向に近い改札のほうへと行ってしまったり、新宿駅から少し離れたマインズタワーというビルのそばに出る改札に行ってしまいます。

    そうならないようにするために、しっかりと上がるべきエレベーターを覚えておく必要があります。

    ではそのエスカレーターはどこにあるのかというと、ホームを本八幡方面に進んだ突き当りにあるエスカレーターです。

    このエスカレーターを上がり、その先にあるもう一本のエスカレーターに乗れば改札のあるフロアまで行くことができます。

    途中エスカレーターがいくつもありますが、そちらは場所によっては全く違う改札に行ってしまうものもありますので駅の構造をしっかりと理解できるまでは利用しないほうがいいでしょう。

    ここまでなるべくわかりやすく解説してきたつもりですが、中にはより確実な方法を知りたいという人も中に入ると思います。

    そういった人のためにより確実な方法をお教えしましょう。

    その方法とはホーム中ほどにあるエレベーターを使う、という事です。

    4番線と5番線にはエレベーターは1機しかありませんのでそれを使えば間違いなく先ほど改札へ行くことができるでしょう。

    問題があるとしたら、エレベーターも数に限りがある事、そして4フロアの間を行き来するエレベーターなので待ち時間があるという事です。

    同じことを考えている人は他にもいる筈なので急いでいる時は大人しくエスカレーターを使ったほうがいいでしょう。

     

    ・東京メトロ

    最後に東京メトロ丸の内線の西口についてです。

    これまで紹介してきた路線の場合、西口として扱われそうな改札が複数ありましたが、丸ノ内線の場合は東口と西口の2つしか改札はありません。

    IMG_7207

    西口へ行くには荻窪方面にホームをまっすぐ進んで上がるだけです。

     

    スポンサード リンク



     

    ・まとめ

    今回は各路線の新宿駅西口にあたる改札への行き方について紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。

    これから新生活に伴い新宿駅を利用するという人も多くなることでしょう。

    今回の記事がそんな方の役に立てば幸いです。

    (写真と文/鴉山翔一)

    *各路線の構内図

    JR

    小田急線

    京王線

    京王新線および都営新宿線

    東京メトロ

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *