都庁は新宿にあるけど、東京都の県庁所在地ってどこなの?

    日本に全部で47ある都道府県。

    それぞれの県には必ずその県の自治体を総括する県庁があります。

    北海道であれば札幌、埼玉県であればさいたま市といったような具合でそれぞれの県の県庁所在地はすんなりと出てきますが、東京となるとどうでしょうか。

    東京都庁は新宿にあるという事は多くの人が知っているかと思いますが、東京都の県庁所在地がどこなのかというのを正確に知っているという人は少ないと思います。

    というわけで、今回は新宿のトレードマークでもあり、東京を象徴する建物である都庁についてスポットをあててみたいと思います。

     




    ・東京都の県庁所在地はどこなのか

    そもそも東京都の県庁所在地はどこなのでしょう。

    中学生の頃に使っていた地図帳には東京の県庁所在地は「東京」と書かれていたと思います。

    もちろん、現在の東京都には「東京区」もありませんし、「東京市」なんてものもありません。

    そこで今回記事を書くにあたって色々と調べてみると、東京都政策企画局というところがその答えを公表していました。

    以下が東京都製作企画局に載せられていた全文です。

    都民や全国の皆様から、お問い合わせの多い「東京の県庁(都庁)所在地はどこか」という疑問にお答えします。結論から申しますと、

    1.都道府県庁の位置は、条例でこれを定めるよう、地方自治法で定められている。

    2.東京都では「東京都庁の位置を定める条例」により、東京都新宿区西新宿二丁目と定めている。

    ということになります。

    それでは、一般的に「東京都の県庁所在地は『東京』である」という、認識はどこから来ているのでしょうか。それは、おそらく学校などで使っている地図上の表記が、「東京」となっているためだと考えられます。

    国土地理院の発行する50万分の1の地図には、作成上のきまりがあります。(図式適用規程という。)この中に、「市町村の名称はすべて表示する。」「都道府県庁の位置は◎で表示する。」という決まり事があります。ところが、東京の場合は◎の表示の脇に「東京」と記載があります。国土地理院へ確かめたところ、「東京の23区は市町村ではないので名称を記載していないが、便宜上東京23区の総称として「東京」という表示をしたのではないか。」との話でありました。

    また、現在の23区の存する区域が、昭和18年まで東京市と呼ばれていたため、その名残りではないかとも考えられます。

    ちなみに、都庁の住居表示は次の通りです。

    〒163-8001東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
    ・・・以上都庁の所在地についてのお知らせでした。

    東京都政策企画局より引用

    つまり小学校や中学校の教科書などにあった東京という表記は、かつてあった「東京市」とうと地名の名残、そして市町村として扱うことができない23区をすべてまとめた総称だったというわけです。

    ようやく長年の謎が解けました。

    ・都庁は元々新宿にはなかった

    そもそも今の場所に都庁庁舎ができてからまだ30年も経っていません。

    今となってはあの大きな庁舎も新宿のシンボルのようになっていますが、建物自体はできてからそんなに経っていないんです。

    以前使われていた都庁庁舎は老朽化や建物が分散していたといった問題もあって移転を余儀なくされていました。

    その庁舎はどこにあったのかというと、東京の丸ノ内です。

    丸ノ内に東京都庁があったのは1889年からの事です。

    当時はまだ「東京都」ではなく「東京府」という名前でした。

    明治維新の時に行われた廃藩置県によって首都やその代用地となる「府」とつけられたのは東京、大阪、そして京都の3か所でした。

    ちなみにこの当時、現在の東京都の大半が東京府には属していない状態でした。

    それが徐々に東京府の管轄が広がっていき、現在のような形になっていったようです。

    そして1889年に東京府内の15の地区を東京市から分立される特例を行い、東京23区の前身である「東京市」が誕生しました。

    その時に府庁庁舎が置かれたのが丸ノ内でした。

    300px-Tokyo_Metropolitan_Government_Building_circa_1960

    ウィキペディアより

    旧丸の内庁舎は赤レンガ2階建てのドイツ風の建物で1894年に完成しました。

    丸の内庁舎は第2次世界大戦の時に焼失してしまいましたが、跡地に新庁舎が1957年に立て直されました。

    この時の建築に関わったのが丹下健三という建築家で、現在の都庁庁舎の建築にもかかわっています。

    再建された当時はオフィスビルや公共団体の庁舎のモデルケースとしての意味もあったようです。

    また建物自体の歴史もそんなにない事から新宿に都庁庁舎を移転させた後は建物を残すつもりはなかったようです。

    その後庁舎は解体され、現在跡地は東京フォーラムやオフィスビルなどに変わっています。

     

    スポンサード リンク



    まとめ

    今回は東京のシンボルでもある東京都庁についてスポットを当てていきましたが、いかがだったでしょうか。

    日本の中心でもある東京の県庁所在地については一度どこだろうと考えたことのある人も少なからずいるかとは思いますが、今回の記事で謎が解けたという人も多いのではないでしょうか。

    来週3月3日に行われる東京マラソンはこの東京都庁からスタートします。

    参加される方は感想目指して頑張ってください!

    (写真と文/鴉山翔一)

    *参考文献

    東京都庁wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%81%E8%88%8E

    東京都政策企画局:

    https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/information/syozaichi.html

     

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *