新宿御苑は本当にデートに最適なのか?


    新宿御苑は本当にデートに最適なのか?

    新宿御苑といえば、都内でも有数のデートスポットだ。

    都会のど真ん中で自然と触れ合うことができるし、混雑する心配もない。

    お金もかからないので、彼氏のお財布に優しい。

     

    しかも、彼女が手作りのサンドイッチでも作ってきてくれた日には、天にも昇る気持ちになるだろう。

     

    静かに愛を語り合うには、もってこいの場所だ。

     

    だが、しか~~し!

     

    本当に、新宿御苑がデートスポットとして最適な場所なのか?

    多くのWebサイトには、適当なことしか書いていないので、その本質はわからない。

     

    そこで、今回は、ワシが1人で、新宿御苑へ行ってみて、実際に検証してみた!

    JR新宿駅からも十分歩けるど!

    JR新宿駅からも十分歩けるど!

     

    スポンサード リンク




     

    ■真夏の新宿御苑はやっぱりキツイぞ!

     

    8月の炎天下だった。

    ワシは、1人で新宿御苑へ向かった。

     

    最寄りの駅は東京メトロの丸の内線の「新宿三丁目駅」か「新宿御苑前駅」が近い。

     

    JR新宿駅からも十分に歩ける距離だ。

    ちなみに、ワシは、西新宿5丁目のワシの事務所から雪駄を履いて歩いて行った。

    万歩計を見ると、6千歩とちょっとだった。

    ワシの短い足で1時間とちょっとかかった。

     

    ま、のんびりと歩いたからな。

     

    想像してみて欲しい。

    真夏の猛暑のなかを、1時間も歩いたのだ。

    アスファルトで目玉焼きができそうなくらい暑い日だ。

     

    汗が噴き出て来た。

    おいおい、こんな日に、デートする奴がいるか?

     

    しかも、新宿御苑で・・・。

     

    たぶん、真冬もキツイと思うぞ。

     

    そんなことを思いながらワシは新宿御苑の新宿門から入った。

    新宿御苑には門が3つある。

     

    「新宿門」と「大木戸門」と「千駄ヶ谷門」だ。

    メインは「新宿門」。

    駐車場があるのは「大木戸門」。

     

    「千駄ヶ谷門」は、閑静な住宅があるだけ。

     

    自動販売機で入場券を買って入る。

    大人は200円。小中学生は50円だ。

     

    IMG_6208

     

    外人さん観光客が目立つ。

    アジア系も白人系も、どちらも多い。

     

    ヒジャブっていうのかな、アラブ系の女性たちが頭をすっぽりと隠すスカーフみたいなやつ。あれをかぶった少女たちが、団体で入って行った。

     

    何だ! 何だ!

    新宿御苑はデートスポットというよりも、外人観光客のための観光スポットではないか。

     

    でも、よく見ると、たしかに、カップルはいる。

    日傘を男が持って、女にかかげているカップルがいた。

    あれは、たぶん、まだ付き合いの浅いカップルだろう。

     

    他にも、白人の男性が2人。

    指をからませ、怪しげに体をくっつけたり、頭をなでなでしているカップルもいた。

     

    う~~ん。

    たしかに、新宿御苑をデートスポットにするカップルはいるみたいだ。

    IMG_6205

     

     

    ■新宿御苑がデートスポットとなった理由がわかったど!

     

    とにかく、新宿御苑をくまなく歩いてみよう。

    16時30分で閉園だから、それまで新宿御苑を満喫するのだ。

     

    まずは、「新宿門」から入って、右に進んだ。

    「母と子の森」という森閑とした緑が広がっている。

     

    入口付近の休憩所で昼寝をしているオッサンがいた。

    真夏だが、森のなかは意外に涼風が吹いて気持ちよかった!

     

    仕事をサボって、こんなところで寝転ぶとは、実は、物凄いやり手の営業マンだったりしてね。

     

    IMG_6214

     

     

    川のせせらぎも聞こえてくる。

    切り株のようなしゃれたベンチもある。

     

    この辺りは、ほとんど人通りはない。

     

    おお?

     

    カップルがいる。

    顔と顔の影がくっつっている。

     

    マジで?

    キスしてるじゃないか。

     

    見てるこっちが、ドキドキして心臓が破裂しそうになる。

     

    そう!

    新宿御苑は、随処に、閑散とした薄暗闇がある。

    つまり、キスポイントがいっぱいあるってことだ。

     

    なるほど、それでデートスポットとして最適なのか・・・。

     

    IMG_6219

     

     

    ■新宿御苑の庭園を眺めながら何を話せばいいのか?

     

    でもでも、新宿御苑でキスするということは、付き合いはじめて、かなり時間をかけて親密な関係になっているカップルだろ。

     

    まだ、付き合いが浅いカップルが新宿御苑でデートし場合、何をすればいいんだ?

    手も握れないカップルが、どうする?

     

    IMG_6215

     

     

    せいぜ、ベンチに座る程度だろ。

     

    「ちょっと疲れたね。ベンチに座ろうか?」

     

    と男がベンチを見つけて、そこにハンカチを敷いて座ってもらうわけだ。

     

    「ソフトクリームでも買ってくるね」

    と冷たいものを買ってきてもいいだろう。

     

    たしかに、新宿御苑は空きベンチがいっぱいあるから、座る場所に困ることはないだろう。

     

    しかし、ベンチに座って、いったい何を話せばいいんだ?

     

    映画や芝居を見たあとなら、映画や芝居や、役者のことなどを話せばいいが、公園だと何を話す?

     

    「この新宿御苑はね。明治時代に、皇室のお庭として作られたものなんだよ。江戸時代には、信州高遠藩主の内藤氏の屋敷がここにあったんだよね」

    などと、新宿御苑の歴史を語ってみるか?

     

    そんな話題で、おしゃべりが盛り上がるわけがない。

     

    IMG_6265 - コピー

     

     

    ■新宿御苑で吊り橋効果は期待できないが・・・

     

    新宿御苑には、日本庭園や、フランス式庭園、イギリス式庭園と、バリエーションに富んだ庭園がある。

     

    そうした庭園を眺めながら何を話せばいいんだ?

     

    ここで、ワシの持っているノウハウを披露しよう。

    カップルが親密になるためには、突っ込んだ話題をすればいいのだ。

     

    たとえば、自分の過去のことや、抱えている問題、隠していたことなど、相手にぜひとも知っておいてもらいたいことを、思い切って話してみることだ。

     

    相手の人生の突っ込んだことも、質問してみるといい。

     

    たとえば、「自分は運がいいと思えることを2つあげるとしたら、なに?」とか、

     

    「自分に点数をつけるとしたら、何点?」とか、

    そんな質問をすると、いままで以上の関係になれるぞ。

     

     

     

     

    IMG_6282

     

    心理学で、よく「吊り橋効果」ということを言われる。

     

    吊り橋のようなドキドキする場所で一緒にいたカップルはお互いのことを好きなるという法則があるのだ。

    それを「吊り橋効果」という。

     

    つまり、ホラー映画とか、観覧車とか、ジェットコースターのような、ドキドキするようなところへ、デートする方が、カップルはより親密になるということだ。

     

    しかし、ここ新宿御苑には、そんなドキドキする要素はないぞ。

     

    デートに最適とは言えないじゃないか。

    どうする?

     

    この建造物が「旧御涼亭」。重要文化財だそうだ。

    この建造物が「旧御涼亭」。重要文化財だそうだ。

     

    でもでも、ワシが、旧御涼亭を歩いていたときだ。

    旧御涼亭のなかで記念写真を撮っていたカップルの女性が、頭をイヤイヤしていたのだ。

    何があったんだ?

     

    「キャー!」とか、

    「イヤン!」とか、

    逃げ惑う若い美女。

     

    「大丈夫だよ」

    美女の腕をつかむ男。

     

    カップルの間を蜂が飛んでいたのだ。

    美女は男の腕にしがみついているではないか。

     

    何と!

    これは、「吊り橋効果」よりも、効果大だぞ!

     

    IMG_6247

     

     

    ■ビニールシート持参で新宿御苑を満喫しよう!

     

    ワシは、のんびりとフランス式庭園を歩いていた。

    バラの花壇があって、綺麗な花が咲き乱れていた。

     

    すると、「ちょっといいですか?」と白人女性に声をかけられた。

     

    む、む、む!

    目を見張るほどの美人だぞ。

     

    肌は透き通るほど白く、顔が小さくて、背が高い。

    モデルみたいな美女だった。

     

    この白人のモデル美女が、

    「ピクチャー、OK?」

    と写真を撮ってくれというのだ。

     

    バラの花をバックにワシは写真を撮影した。

    「サンキュー」

    と笑顔を浮かべて、美女は去っていった。

     

    このバラの花壇の前で、白人の美女に声をかけられた!

    このバラの花壇の前で、白人の美女に声をかけられた!

     

     

     

     

    1人になって、ワシは思った。

    1人で来ても、新宿御苑は十分楽しめるではないか。

     

    デートではなく、1人で楽しめるものはないか調べるために、ワシは、イギリス式庭園へ行ってみた。

     

    すると、そこには、木陰にビニールシートを敷いて涼んでいる人たちがいっぱいいた。

    ただ寝転んで日焼けしている人もいれば、読書している人もいる。

     

    う~ん。

    新宿御苑をうろうろ歩くよりも、ビニールシートに寝転がるというのも、悪くないなぁ。

     

    なるほど、新宿御苑を満喫するにはビニールシートは必須のアイテムだなと思った。

     

    IMG_6243

     

     

    ■芝生を裸足で歩くのは気持ちよかったぞ!

     

    イギリス式庭園には、見事な芝生が広がっている。

     

    ここで遊んでいるカップルがいるかなと思ったが、ほとんどは、ビニールシートで寝転がっている人たちだ。

     

    写真の撮影をしている若い女性グループがキャッキャッとはしゃいでいた。

     

    IMG_6270

     

     

    とにかく、ここの芝生は美しい。

    生き生きとした健康的な緑の毛並みなのだ。

     

    思わず、頬ずりしたくなった。

    ワシは、裸足になって、そこに寝転がる。

     

    う~~ん。気持ちがいい。

    裸足で、歩いてみると、チョー気持ちよかった!

    IMG_6267

     

     

    デートか、カップルとか、どうでもいい。

    1人で、この芝生の上を歩くだけでも、新宿御苑に来たかいがある。

     

    たぶん、裸足で芝生を歩くという健康効果は、科学的にも証明されているはずだ。

    足裏が刺激されて、血行がよくなるとか、ツボを通じて内臓が強くなるとか、そんなふうに健康になる。

     

    ま、とにかく、裸足になると、気持ちがいい。

    チョー気持ちいい!

     

    この芝生は見事だ!

    この芝生は見事だ!

     

     

    スポンサード リンク




     

    ■まとめ

     

    ちなみに、知り合いの女子たち数人を誘ってみた。

     

    「新宿御苑の芝生を裸足で歩いたら、チョー気持ちいいよ。一緒に行かない?」

     

    これは、デートに誘うための素晴らしい口実ではないだろうか。

     

    裸足で芝生を歩くと、健康になるし、気分転換にもなる。

    ストレス解消には、最高ではないか。

     

     

    (写真・文/ブッダ猫)

     

    新宿御苑

     ・住所/〒160-0014 東京都新宿区内藤町11 

    ・電話/03(3341)1461

    ・交通

    JR・京王・小田急線 新宿駅南口より 徒歩10分

    西武新宿線 西武新宿駅より 徒歩15分

    東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅出口1より 徒歩5分

    東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅E5出口より 徒歩5分

    都営新宿線 新宿三丁目駅C1・C5出口より 徒歩5分

     

    http://fng.or.jp/shinjuku/access/

     

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *