最低限覚えておきたい新宿駅周辺の大通りはこれ!


    多くの人を迷わせてきた新宿駅。

    構内だけでなく新宿駅の地下はとにかく迷いやすいというのはもはや有名な話です。

    ですが、地下だけでなく地上に出ても同じことが言えるかもしれません。

    特に新宿駅の西側は区画整理が行われているせいか様々な道路が交わっています。

    新宿は高いビルばかりで目印になるようなものを見つけるのも大変です。

    慣れていない人であればもしかしたら道に迷ってしまって人にどう行けばいいか聞いたはいいけど、通りの名前がわからなくて結局先に進めないという事にもなりかねないと思います。

    そこで今回は新宿駅周辺の道路の名前について紹介していきたいと思います。

    スポンサード リンク






    ・新宿駅周辺は大通りばっか!

    まず新宿駅の周りにはどれくらいの数の名前が付いた道路があるのでしょう。

    有名どころだけであればそこそこの数はありますが、それ以外を含めるとなるとかなりの数があるように思います。

    今回記事を書くために歩き回ってわかった範囲でですが、その答えが出ました。

    それを新宿駅周辺の地図に色を付けるとこんな感じです。

    shinjuku routob

    大小含めて○○通り、○○街道とついているのはなんと17本です。

    いや、多すぎでしょこれ。

    そりゃ新宿に勤め始めたらまずは道の名前を覚えるのが最初の課題になりますわ。

    ですが正直言って全てを覚える必要はないと思います。

    一度にそんなに覚えても目的がなければ何の役にもなりませんし、そもそもそんな一気に覚えられません。

    今回は有名なところやメインの道路となっている道路を独断と偏見で選び以下の9本に絞りました。

    shinjuku route gensen

    では早速紹介していくとしましょう。

    ・明治通り

    まず縦のラインから見てみましょう。

    meiji

    縦に走っている赤いラインが明治通りという大通りです。

    IMG_6382

    明治通りは港区から江東区まで都内をぐるりと繋いでいる環状線で、新宿区内では高田馬場、大久保、新宿を通って渋谷駅のほうまで伸びて行っています。

    通り沿いには東急ハンズや高島屋などが入っているタイムズスクエアや花園神社、伊勢丹といった新宿の人気スポットが数多くあります。

    また池袋駅から渋谷駅まで運航している都バスの路線が通るのがこの明治通りです。

    伊勢丹のところにバス停があります。

    ・区役所通り

    続いて明治通りの隣にある短い青色のライン。

    kuyakusho

    これは区役所通りと言います。

    IMG_6415

    区役所通りにはその名の通り新宿区の区役所があります。

    場所は通りの新宿側の端っこです。

    IMG_6410

    この通りは靖国通りから職安通りまでの間を歌舞伎町の外側に並行するように伸びています。

    沿道にゴールデン街への入り口や歌舞伎町のバッティングセンター、鬼王稲荷神社などがあります。

    ・小滝橋通り

    線路の西側にいきましょう。

    otakibasi

    濃い緑色の縦のラインは小滝橋通りという通りです。

    IMG_6405

    この通りは比較的短く、新宿の大ガードの辺りから高田馬場方面に進んだところにある小滝橋の交差点までとなっています。

    この通りは麵屋武蔵や二郎、龍の家といった人気のラーメン屋が多数並んでいます。

    ラーメンが好きな人はこの通りを歩いているだけでも楽しいかもしれません。

    ・十二社通り

    いよいよ縦の大通りは濃いピンクのラインで最後です。

    juuniso

    このピンク色のラインは十二社通りという通りです。

    IMG_6523

    青梅街道の「成子坂下」の交差点から始まり、十二社熊野神社、新宿中央公園の横を通って甲州街道にぶつかるまでが十二社通りです。

    この十二社通りが新宿のほぼ真西にある通りで、ここから西へ行くと渋谷区や中野区となります。

    ・甲州街道

    続いては横のラインを見てみましょう。

    koushuu

    ますは新宿駅に交差している青いライン。

    これは甲州街道といいます。

    IMG_6388

    江戸時代に作られた五街道のひとつである甲州街道はその名前の通り山梨県のほうへと続く道路として整備されました。

    新宿駅と思い切り交差しているように地図では見えますが、甲州街道は高架になっていて、道路の下を電車が走るような形になっています。

    甲州街道は新宿駅南口、新南口に接していますが、駅前でのタクシーの乗り入れが禁止されています。

    なので新宿南口や新南口に行きたい場合は駅前の区間に入る前に下車しなければいけません。

    覚えておきましょう。

    IMG_6385

    四谷方面に行く場合は道なりに進んで地下を通っていきます。

    左の地上へ行くルートを取ると新宿御苑のほうへ行きます。

    仮に間違えてそちらへ行ってしまったとしても、その先で新宿通りと交わった際に右折すれば四谷方面へ行くことができます。

    ・新宿通り

    続いては黄緑色のライン。

    sinjuku

    これは「新宿通り」という大通りです。

    IMG_6378

    新宿の四谷4丁目の交差点から大ガードまでが新宿通りとなっています。

    この通りには紀伊國屋書店のほかビックロや伊勢丹、世界堂といったお店が多数あります。

    休日に歩行者天国になっているのがこの通りです。

    大ガードの辺りからマルイアネックスの前まで通行止めになっているので、休日に車でこの辺りを通る時は注意が必要です。

    なお、歩行者天国になっている時は明治通りは封鎖されませんので問題なく渋谷方面や池袋方面へ行く事はできます。

    ・靖国通り

    大ガードの辺りから東へ伸びている紫色のラインの通りは靖国通りです。

    yasukuni

    IMG_6373

    靖国通りは大ガードから千代田区や中央区のほうまで伸びており、千代田区で靖国神社の前を通るので「靖国通り」と名付けられています。

    明治通りを通って新宿西口へと向かう都バスはこの通りを通ります。

    歌舞伎町のドン・キホーテがあるのもこの通り沿いです。

    この靖国通りは大ガードをくぐった西側の交差点から先は名前が変わりますので、注意が必要です。

    ・青梅街道

    水色のラインは青梅街道です。

    oume

    IMG_6401

    靖国通りの紹介の際にお話しした大ガードから西側の道路になります。

    新宿の大ガードから始まっているこの青梅街道も甲州街道と同じように山梨県のほうまで伸びています。

    青梅街道沿いには東京メトロ丸の内線の西新宿駅や新宿警察署、そして西新宿のオフィス街があります。

    ・税務署通り、職安通り、抜け弁天通り

    最後に紹介するのはオレンジ色のラインです。

    shokuan

    青梅街道にぶつかっているこの道路の正式名称は都道302号線といい、文京区のほうまで続いています。

    なぜこの道路だけ先に正式名称を出したのかというと、この大通りは区切りとなる交差点で名前がコロコロ変わることです。

    IMG_6407

    百人町の交差点から西に進んで青梅街道にぶつかるまでの区間は税務署がある事から税務署通り。

    百人町の交差点から新宿七丁目の交差点まで区間は沿道にハローワークがある事から職安通り。

    そして新宿7丁目の交差点から抜弁天のある交差点までは抜弁天通りといった具合に名前が変わります。

    正直そんなに名前変える必要があるのかと疑問に思うところはあります。

    ですがそうなってしまっているのですから仕方ありません。

    基本的にすべて同じ道路という事で考えてしまったほうがいいでしょう。

    スポンサード リンク



    まとめ

    今回は新宿駅周辺の主だった道路の名前の紹介を行っていきました。

    いかがだったでしょうか。

    新宿駅周辺は名前のついている通りがごちゃごちゃと交わりあっていてかなりややこしいことになっています。

    特に都庁周辺はブロック状に区分けこそされていますが、道路が立体交差になっていたりして非常に面倒です。

    もちろんこれらの通り全てに名前が付けられているのですから地図アプリだけに頼っていると本当に訳が分からなくなります。

    やはり道を覚えるとなると、地図だけに頼るのでなく実際に歩いてみるというのが勝るように思います。

    (写真と文/鴉山翔一)

    ●こちらの記事もいかがでしょうか(広告が表示される時もあります)
    ●スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *