新宿駅の周辺にはフリーWi-Fiが結構ある

    今や生活に溶け込んでいるスマートフォン。

    友人と話している時や待ち合わせの時間潰しに動画を見ていたりゲームをしているという人もいる事でしょう。

    そういった時に気になるのがパケットの使用量ではないでしょうか。

    画像ならまだしも、動画ともなればほんの数分の映像であっても意外とパケットを使います。

    そのため、うっかり動画を見すぎてしまった結果速度制限がかかった状態になってしまったという人も珍しくないと思います。

    ちなみに私も何度か経験はあります。

    そういった時に便利なのが無料で利用できるフリーWi-Fiです。

    現在様々なところで見かけるフリーWi-Fiですが、意外と知らなかったりすることも多いかと思います。

    という事で、今回は新宿駅周辺で利用できるフリーWi-Fiについて紹介していきましょう。




     

    ・キャリアのフリーWi-Fi

    フリーのWi-Fiとして有名なものとして携帯会社が提供しているWi-Fiがあります。

     

    現在日本にはDoCoMo、au、softbankといった大手携帯キャリアが3つあります。

    それぞれの回線名はドコモであれば「0001docomo」、auであれば「au_Wi-Fi」、ソフトバンクであれば「0001softbank」「0002softbank」といったかんじになっています。

    これらの携帯会社は様々な場所にアクセスポイントを設置していて、そこから出ているWi-Fiの電波を利用して回線に接続できます。

    それぞれの携帯会社のアクセスポイントには契約されている携帯でないとアクセスはできません。

    なので、ドコモのアクセスポイントにソフトバンクで契約しているスマホで利用するなんて事は出来ません。

    有料でパソコンなどをキャリアのWi-Fiに接続できるサービスもありますが、あまり利用することはないかと思います。

    ・お店のフリーWi-Fi

    今日ではカフェなどをはじめとした様々なお店で無料のWi-Fiが提供されています。

    スターバックスやドトールといった全国に展開しているお店なんかがそうです。

    また最近ではコンビニなんかでも無料のWi-Fiサービスを実施しています。

    現在、Wi-Fiサービスを提供しているコンビニはファミリーマート、ローソン、そしてセブンイレブンの3つです。

    IMG_6351

    IMG_6357

    IMG_6367

    入口のところにこのようなステッカーが貼られていればその店ではWi-Fiが利用できます。

    各コンビニ毎に利用のための利用登録は必要にはなりますが、登録さえしてしまえばあとは日本全国どこでも利用できます。

    こういったコンビニ以外にも新宿には大きなお店がありますのでそういったところでもWi-Fiが利用できるようになっています。

    例えばビックカメラでは「Bic-Wi2-WiFi」という無料Wi-Fiがあり、接続時にブラウザを立ち上げて利用規約に同意するだけで利用できるという事です。

    調べたところ、このビックカメラのWi-Fiにはどうやら1回辺りの利用時間の制限がないみたいです。

    なので、やろうと思えば開店時から閉店時までずっとつなげっぱなしにできるという事です。

    ・新宿区が設けたWi-Fi

    新宿区には区が設定した無料のWi-fiの回線があるという事をご存知でしょうか。

    000252351

    2020年にオリンピックが開催されるというのは既にみなさんご存知だとは思います。

    その際に日本に訪れる外国人観光客をターゲットとしたさまざまな施策の一環として公衆無線LANサービス「Shinjuku Free Wi-Fi」というのが設けられています。

    この無線LANのサービスはあらかじめメールアドレスを登録しておく必要はありますが、一度設定さえしてしまえばあとは何度でも利用可能なサービスとなっています。

    利用できるエリアが決められていて、新宿駅周辺だとメインストリートやアルタ前の広場が該当エリアとなっています。

    000250557

    000251194

    000251195a

    このフリーWi-fiの嬉しいところは1日当たりの利用制限がないというところです。

    通常、無料のWi-fiというと1日何時間までといった利用時間の上限が設けられていることが多いです。

    ですが新宿区の回線には1回辺りの利用時間には1時間という制限はありますが、回数に関しての制限はありません。

    なのでつなぎなおしてしまえば何時間でも利用できるというわけです。

    接続のやり方もすごく簡単です。

    まずアクセスポイントのすぐそばに行き、スマートフォンから「Shinjuku_Free_Wi-Fi」という回線に接続します。

    その後、ブラウザを起動して利用規約に同意し、セキュリティーについての利用規約に同意するだけです。

     

    ですが個人的には「Japan Connected-free Wi-Fi」というアプリをインストールし、そちらに登録したほうが後々便利だと思います。

    jpnfw

    このアプリは一度登録さえしてしまえば新宿区以外にも全国各地の鉄道や空港、バスといった公共機関で提供されているWi-Fiに接続できるというものになっています。

    訪日外国人向けと日本人でも問題なく使う事ができるみたいです。

    またこのアプリには近隣のWi-Fiスポットを検索する機能もあるとのこと。

    Wi-Fiを求めて歩き回る必要がないのでインストールして使ってみたいところです。

    ・無料Wi-Fiを使うときの注意点

    無料で使えるWi-Fiは便利ですが一つ注意点があります。

    それは、「無料のWi-Fiの場合、通信が暗号化されていない事がある」という事です。

    これがどういった意味を持っているのか。

    家庭などで使うWi-Fiルーターでの通信の場合、セキュリティーを外してなければ通信の内容は基本的に暗号化されています。

    そのためクレジットカードなどの個人情報が盗み見される事はありません。

    ですがフリーWi-Fiとなると便利さを優先させるためにセキュリティーが緩くなっている可能性があると言われています。

    なのでフリーWi-Fiに接続した状態で個人情報を入力したりするのはなるべく控えた方がいいでしょう。

    スポンサード リンク



    ・まとめ

    というわけで今回は新宿駅周辺で利用できるフリーWi-Fiについて紹介していきました。

    フリーのWi-Fiは大勢の人が利用するため、接続が安定しないという事がよくあります。

    そういった時に繋がらないと諦める前にもしかしたら繋がるかもしれないというちょっとした技を紹介したいと思います。

    調べてみたところ、多くの公共のWi-Fiは24GHzの周波数帯が使われる事が多いのですが、稀に同じ名前で別の周波数を設定されていることがあるんです。

    そういった回線の場合、末尾のアルファベットが違っています。

    そちらに接続すれば運が良ければ接続ができるというわけです。

    もし回線があったら試してみるといいかもしれません。

    (写真と文/鴉山翔一)

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *