新宿駅周辺にある人気家電量販店の初売りをまとめてみた

とうとう2018年も今日で最後となりました。

既に年末にやらなければならないことを済ませて今日はゆっくり過ごすという人もいれば、大晦日である今日も忙しいという人もいるかもしれません。

さて、新たな年を迎えるにあたり、様々なお店で初売りが行われます。

この初売りでは色々な商品が安くなったり、お得な福袋が用意されていたりします。

そして、このタイミングを待ち望んでいたという人も多いことでしょう。

今回は新宿でも人気のあるヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、そして2018年にできたアップルストアの初売りの情報について紹介していきたいと思います。

スポンサード リンク



・ヨドバシカメラ

まずはヨドバシカメラ。

IMG_4863

ヨドバシカメラの初売りでは「夢のお年玉箱」というのが福袋に該当します。

種類もかなり細かく分けられていて、金額も様々だというのも特徴です。

この福袋を購入する方法は2種類あり、当日店頭に並ぶ以外にヨドバシカメラのネットショップ「ヨドバシ・ドット・コム」での抽選販売というのがあります。

このネット販売に関しては既に抽選の応募が終了していますので、今から手に入れたいという場合は当日店頭に並ぶという方法しかありません。

ヨドバシカメラ新宿店の初売りは1月1日の朝8時30分から行われます。

東口側のヨドバシカメラであれば建物が家電と玩具関係の2つしかないのでそこまで問題はありませんが、西側だと建物が分散しています。

それぞれの売り場で福袋が用意されているという場合は梯子するというのが難しいかと思います。

そういった意味でも、目当ての福袋をあらかじめ決めておいた方がいいでしょう。

・ビックカメラ

続いてはビックカメラ。

外観

ビックカメラの初売りでも福袋が販売されます。

Webサイトの情報によると、ブルーレイレコーダーやカメラ、パソコンといったデジタル家電以外にもスマートフォンや眼鏡、寝具、自転車やお酒の福袋といったものまであるそうです。

お酒を取り扱っているビックカメラは新宿だとビックロしかありませんので、欲しい場合はビックロに行くしかなさそうです。

IMG_6051

IMG_6053

店頭に並んでいた福袋の一例を見た限りではアップルのiPadが入っている福袋もあるようです。

ビックカメラの福袋も購入方法はネットと店頭での抽選販売の2種類でした。

そして初売りは1月1日午前10時からから行われるとのことです。

 

・ヤマダ電機

ヤマダ電機もこれまで紹介した家電量販店と同じように福袋が用意されています。

IMG_3228

が、少し違うところがあります。

ヨドバシカメラやビックカメラでは中に入れる商品のジャンルごとに福袋が作られていました。

それがヤマダ電機の福袋はまず金額が何種類か設定され、そこから中身が決まるという感じになっています。

福袋の金額は3000円、5000円、1万円、3万円、5万円といったようにキリがいい金額になっています。

ちなみに過去の例を調べてみると、3000円の福袋はイヤホンなどのオーディオ機器やオーブントースターのような比較的安価な家電が入っていて、1万円のものはコンパクトで自活カメラやSIMフリーのスマートフォン。

5万円のものとなるとパソコンやミラーレスのデジタルカメラ、液晶テレビにデジタル家電のセットなどがあったりします。

ヤマダ電機の初売りは1月2日から行われます。

 

・アップルストア

最後に紹介するのは、この2018年に新たにできたアップルストア。

家電量販店と言うと語弊はありますが、やはり人気のあるお店なので今回入れることにしました。

IMG_3748

iPhoneやMacBookなどアップルの商品は他のメーカーのものに比べて高い商品が多いので福袋が売られることを期待されている人も多いかと思います。

かつてアップルではラッキーバックという福袋が初売りで売られていました。

中身が何パターンかあるこのラッキーバックは大当たりのものだと10万円以上にもなる商品が詰め込まれて4万円で販売されていたそうです。

そんなラッキーバックですが、ここ数年は販売されていません。

復刻されるのを期待しているかとは多いかと思いますが、あまり期待はしないほうがいいかもしれません。

 

では初売りのほうはどうなのでしょう。

アップルストアでは1月2日の1日だけ初売りが開催されます。

1日だけという事ですからかなり安くなるんじゃないかと期待されたかもしれませんが、調べてみた限りアップルの初売りは高額なアップルの商品が安くなる、というものではありません。

ではどんな感じのものなのかと言うと、商品を購入するとアップルのギフトカードが付いてくる、という内容になっています。

このギフトカードはコンビニなどで売っているiTunesカードのようにiTunesで音楽を買ったり、ゲームのガチャを回すための軍資金にするといった事はできません。

では何に使えるのかというと、イヤホンなどのアップル製品を購入するのに利用できます。

よりわかりやすく言うのであれば、アップルストアや家電量販店でアップル製品を買う時に商品券として利用できるカードという事です。

個人的には普通に値引きしてくれた方がありがたいのですが、iPadをApple Pencilを一緒に使いたいという人であれば先にiPadを購入してギフトカードをもらい、そのギフトカードでApple Pencilを買うというやり方をすればお得に買うことができるでしょう。

スポンサード リンク



まとめ

今回はヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、そしてアップルショップの初売りについて調べた範囲でわかった情報をまとめてみました。

いかがだったでしょうか。

初売りで目玉となる商品は基本的に数に限りがあります。

また場合によっては店舗ごとに取り扱われていないものもあったりするかと思います。

そしてなにより、徹夜で並ぼうなんてことは考えてはいけません。

近隣の人達の迷惑にもなりますし、何より今年の年末は数年の一度の寒波が来ると言われています。

そんな寒さの中徹夜で並んでいたのでは体調を崩しかねません。

並ぶときはあくまで無理のない範囲で並ぶようにしましょう。
(写真と文/鴉山翔一)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*