老舗のおもちゃ屋「博品館」は新宿にもあった!

    子どもの頃、いつもワクワクした気持ちを持って行っていたお店としておもちゃ屋があると思います。

    日本には昔ながらの小さな個人経営のお店からショッピングモールの中に入っているような大きなお店もあります。

    そんな数あるおもちゃ屋の中で博品館というおもちゃ屋があるのをご存知でしょうか。

    銀座に本店を置く老舗のおもちゃ屋で建物の中にはレストランや劇場もあり、かつては日本最大のおもちゃ屋としてギネスブックにも登録されています。

    そんな博品館の出張店が新宿区にもあるんです。

    今回はそんな博品館の出張店について紹介していきたいと思います。

    スポンサード リンク



     

    ・新宿の博品館は意外な場所にある

    さて、そんな有名な博品館ですが、一体新宿のどこにあるのでしょう。

    それほど有名なおもちゃ屋という事であればどこかのビルに入っているような気もします。

    新宿駅周辺には多くの有名な百貨店がありますし、そういった建物の中に入っていても全くもって不自然ではありません。

     

    ですが、新宿の博品館があるのはそういった商業ビルの中ではありません。

    確かにビルではあるんです。

    新宿区といえばこれだというくらい分かり易いビルなので。

     

    そのビルというのは、新宿区を、いや東京都を代表するビル。

    そう。東京都庁です。

    IMG_5478

    新宿の博品館は東京都庁の中にあるんです。

     

    ・博品館の出張店は展望室にある

    博品館の出張店があるのは都庁の北展望室です。

    都庁の展望フロアに行くにはエレベーターを利用していきます。

    IMG_5475

    新宿の博品館は東京都庁の中にあるんです。

     

    ・面白そうなものが色々並んでいる売り場

     

    博品館の出張店があるのは都庁の北展望室です。

    都庁の展望フロアに行くにはエレベーターを利用していきます。

    IMG_5278

    いったいどんなものが売られているんでしょうか。

    ちょっと見てみるとしましょう。

    IMG_5299

    やはり東京オリンピックのグッズはかなりの広さを設けているという感じがします。

    さすが都庁の出張店。

    IMG_5285

    IMG_5283

    IMG_5281

    IMG_5280

    このほかの棚を見てみると、出張店という割には普通におもちゃ売り場ってかんじがします。

    というか、このお店普通にフィギュア売ってるよ……。

    買う人いるんか……?

    IMG_5287

    IMG_5291

    パズルのコーナーに行ってみると様々なパズルがありますね。

    2枚目の写真に写っているやつなんて、外側がパズルになっている時計なんですから驚きです。

    ですがもうちょっと東京らしいものがなんかないかなぁと探していると、こんなものがありました。

    IMG_5289

    どうやら東京の地図をパズルにしたものらしいのですが、調べてみるとこのパズルは単なるジグソーパズルではないみたいなんです。

    確かに東京都の地図をパズル化したものであることは間違いないのですが、1958年頃の地図と現代の地図の2層になっていて、更にその上に建物の模型を置くという3層構造のパズルだとのことです。

    ちなみにパズルのピース数は全部で1400程とのことですが、なかなかやりがいがありそうな気がします。

     

    そしてしばらく売り場を歩いて回っているとこんなものを発見しました。

    IMG_5293a

    お寺や神社が有名な観光地に行けば売ってそうな千社札のストラップです。

    こういうのって見つけると自分の名前のヤツないかって、つい探しちゃうんですよね~。

    さあて、あるかな~。

    IMG_5294

    IMG_5297

    ………………ん?

    まともに読めるのがほとんどない。というかこれなんて読むんすか?

     

    それぞれの札の答えは千社札の上のほうに書いてありました。

    1枚目の画像の場合、愛は「Ai(アイ)」、吾嵐が「Alan(アラン)」、阿廉が「Alen(アレン)」、そして彼久寿と彼久沙が「Alex(アレックス)」と読み、2枚目の画像では、頼安は「Ryan(リャン)」、沙理は「Sally(サリー)」、沙流芭都織は「Salvador(サルバドール)」、沙夢は「Sam(サム)」、沙萬沙は「Samantha(サマンサ)」、沙魅優得は「Samuel(サミュエル)」と読むみたいです。

     

    いや、最近外国人観光客のお土産としてハンコが人気だとは聞いてはいるので、それと使われている字そのものは同じなんでしょうけど、「いやそんなすんなり読めるか」と言いたくなります。

    スポンサード リンク



     

    まとめ

    博品館都庁出張店の営業時間は展望室の営業時間と同じです。

    なので展望室の定休日である毎月第2月曜日と第4月曜日は営業していません。

     

    この博品館都庁出張店は地上202メートルという高さからの景色とさまざまなおもちゃを一緒に楽しめるスポットです。

    お子さんやお孫さんを連れて行ったら喜ばれるのではないでしょうか。

    (写真と文/鴉山翔一)

     

    博品館TOY PARK都庁店

    ・住所
    東京都新宿区西新宿2-8-1
    都庁第一本庁舎北展望室45階

    ・営業時間

    9:30~23:00

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *