新宿駅周辺でお手軽に良い肉の日を楽しむなら トンカツ編

    いい肉の日に合わせて様々なお店を紹介していこうというこの企画。

    前回はハンバーグやステーキといった鉄板焼き系の料理のお店を紹介しました。

    今回紹介するのはそれらと同じくらいメジャーな肉料理。

    そう、トンカツです。

    今回の記事では新宿駅周辺のトンカツを扱っているお店にスポットをあてて紹介していきたいと思います。




     

    1.昔からの人気店「豚珍館」

    まず紹介するのは西新宿の老舗「豚珍館」。

    IMG_1476

    西新宿の片隅にあるこのお店はランチ時や夕食の時間帯にはいつも行列ができる人気店です。

    もしかすると人によっては新宿駅周辺の美味いトンカツ屋と言われたら真っ先に上がるお店かと思います。

    昭和のテイストが残る店内はとても落ち着いた雰囲気を持っています。

    そしてこれが豚珍館のとんかつ定食です。

    とんかつ

    このボリューム感。やはりこういったのを見ると自然とテンションが上がります。

    ちなみにこちらのトンカツの定食、お値段は1000円以内なのですから驚きです。

    セットの内容はとんかつと千キャベツ、ご飯、そして豚汁となっています。

    ちなみにご飯と豚汁はお代わりが可能となっています。

    IMG_1471

    トンカツは厚みがあり、とても食べごたえがあります。

    肉の日に食べるメニューとしては文句なしの一品といえるでしょう。。

     

    豚珍館は人気店のため、だいぶ混みますが、待った甲斐がある味だとは思います。

    ランチ時とディナー時の間に仕込みによる営業休止の時間がありますので、訪れる際には注意が必要です。

     

    2.西新宿のカツカレー専門店

    トンカツを使った料理として代表的なものといえばかつ丼が上がるかもしれませんが、それと同じ位メジャーなのはカツカレーではないでしょうか。

    西新宿のヨドバシカメラのそばには、カツカレーの専門店を謳っているお店があります。

    IMG_5365

    このカツカレー専門店は新宿にも多数出店しているカレーショップC&Cの系列です。

    他の店と大きく異なる事としてはカツカレーの専門店であるという事でしょう。

    カツカレーのみにメニューを絞っているため、品数は少ないですがどれも1000円以内なので財布には優しいかと思います。

    IMG_5363

    今回注文したのは780円の特選ロースカツカレーです。

    カレーの上にロースカツが乗っているシンプルなカツカレーです。

    この他にあるカツカレーの種類としては、ロースカツの代わりにチキンカツが乗った「チキンカツカレー」、三元豚を使った「熟成三元豚ロースカツカレー」、そして「イベリコ豚ロースかつカレー」があります。

    なお、三元豚とイベリコ豚のカツカレーはカレーとは別皿でトンカツと千キャベツが提供されます。

    どれも1000円以内なのでプチ贅沢をしようという時にでも気軽に食べられそうな気がします。

     

    ものすごくどうでもいい余談なのですが、カツカレーのトンカツってソースをかけて食べるのかそれともカレーのルーをかけて食べるのか迷う事ってないでしょうか?

    正直カツカレーのカツの部分ってどういう風に食べるのがメジャーなんでしょう。

    なんか少し気になります。

     

    3.牛かつのお店「牛かつのもと村」

    ところで、「牛かつ」という料理をご存知でしょうか。

    トンカツはその名前の通り豚肉を衣で包んであげた料理ですが、牛かつは牛肉を衣で包んであげています。

    そんな牛かつのお店は新宿駅の周辺には多数あります。

    そのなかから紹介するのは「牛かつのもと村」というお店です。

    新宿駅の南口にあるお店は土日ともなれば行列ができるほどの人気のお店ですが、新たにマルイアネックスの前にもお店をオープンしたようです。

    IMG_5417

    料金は前払い式で、その際に牛かつの量と小鉢の数を決めます。

    ちなみに今回は牛かつは130グラム、そして小鉢は明太子を選びました。

    お値段は1300円とこれまで紹介してお店と比べると豚肉から牛肉になったからなのか少し値段が上がります。

    IMG_5407

    牛かつは食べ方自体もトンカツと違って独特です。

    牛かつは中の肉がレアになっているため、まず肉に一度火を通します。

    IMG_5412

    席には肉を熱するためのプレートがありますのでそれに乗せましょう。

    火を通すのは30秒程でいいそうです。

    IMG_5415

    なんかこの食べ方、どことなくステーキなどの鉄板ものを彷彿させます。

    こうして熱した後に食べるのですが、味付けも全く異なります。

    通常トンカツであればソースだけだと思いますが、牛かつを食べる際の味付けは山葵、醤油、山山葵のソース、そして岩塩という4つの選択肢があります。

    牛かつは揚げ物ではありますがソース味でないからかパンチ力は控えめです。

    そのかわり醤油などのシンプルな味付けで上品に肉のうまみを味わう品となっています。

     

    肉の本村ではご飯についてはお代わりが無料で味噌汁とキャベツはお代わりに100円掛かるとのことです。

    また追加料金を払うことで牛かつの追加も可能です。

    スポンサード リンク



     

    まとめ

    今回は肉料理の代表格であるトンカツのお店を3店舗紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

    トンカツもかなりメジャーな肉料理でもあるのでお店探しの参考になれば幸いです。

    今回と前回は肉料理の中でもヘビーなジャンルの料理だったかと思います。

    なので次回の紹介時にはもう少し軽めな肉料理を紹介できればと思います。

    それでは次回をお楽しみに。

    (写真と文/鴉山翔一)

     

    豚珍館

    ・住所

    東京都新宿区西新宿1-13-8

    ・営業時間

    平日:11:00~15:00 17:00~23:00

    土日:11:00~15:00 17:00~22:00

     

    カツカレー専門店 新宿カレー

    ・住所

    東京都新宿区西新宿1-15-13

    ・営業時間

    平日:11:00~22:00(L.O.21:45)

    休日:11:00~21:00(L.O.20:45)

     

    牛かつのもと村新宿三丁目店

    ・住所

    東京都新宿区新宿3-2-2

     

     

     

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *