新宿伊勢丹の建物は色々あるがそれぞれどういった役割がある?


    新宿駅の周辺には様々なデパートや百科店があります。

    西口側であれば小田急百貨店や京王百貨店。

    そして東側にもマルイや伊勢丹といったような有名なお店があります。

    その中でも伊勢丹は新宿が本店というだけあって「伊勢丹イコール新宿」という人も多いのではないでしょうか。

    待ち合わせ場所とかにもなったりしますが、伊勢丹も建物がいくつもあるので慣れない人にとっては迷いやすいものです。

    そこで今回は新宿の伊勢丹について解説していきたいと思います。







    ・伊勢丹の建物はどれくらいあるのか?

    新宿の伊勢丹の周りにはどんな建物があるのか早速見てみましょう。

    1530012756988

    この地図は伊勢丹のホームページから持ってきました。

    伊勢丹の周辺には駐車場を含め様々な施設があります。

    今回はメインとなっている伊勢丹本館、メンズ館、伊勢丹会館の3つの建物について紹介していきます。

     

    ・伊勢丹本館

    まずは伊勢丹のメインの建物である伊勢丹本館。

    IMG_5153

    この建物が建てられたのが1925年で当初は「ほてい屋」という別の百貨店が入っていたのですが、隣に店を構えていた伊勢丹が建物を買収し、建物を一体化することで現在のような姿になりました。

    IMG_5196

    現在は新宿に多数ある百貨店を代表する建物の1つで、東京都の歴史的建造物に選ばれています。

    伊勢丹本館は地下2階地上7階で構成されていて、1階から4階までが婦人服や化粧品といった女性向けの売り場、5階がキッチンやリビングの生活雑貨、6階が子供服、7階がレストラン街というフロアの構成になっています。

     

    地下はいわゆるデパ地下の例に漏れず様々なお店があります。

    また地下の売り場は東京メトロのメトロプロムナードに繋がっています。

    丸ノ内線新宿三丁目駅の改札を出てすぐに伊勢丹に買い物へ行く事が可能です。

     

    屋上はアイガーデンという屋上庭園になっています。

    結構周囲の塀が高いのと周囲に高い建物ばかりなので景色を楽しむ、というわけにはいきませんが、買い物に疲れたときはゆっくりできそうです。

    IMG_5183

    IMG_5185

    この屋上庭園の片隅には伊勢丹の守護神として弁財天を祀っている小さな祠があります。

    IMG_5186

    徳川初期に作られたこの祠は元々市ヶ谷の支店にありましたが、新宿本店の開業と同時に現在のように祀られるようになりました。

     

    ・伊勢丹メンズ館

    続いて紹介するのは伊勢丹メンズ館です。

    IMG_5176

    元々この場所には1968年にオープンさせた「男の新館」という伊勢丹の建物があったのですが、それを2003年にリニューアルして「メンズ館」としました。

     

    地上8階地下1階の計9フロアと本館と似たような階層になっているのですが、こちらの建物は「メンズ館」と銘打っているように、男性用のスーツやシャツ、靴、小物やゴルフ要因といった品を取り扱っています。

    また屋上には「ゴルフガーデン」というゴルフスクールもあるようです。

     

    本館とメンズ館は地下1階と3階、6階に連絡通路があり、1階まで降りなくともそれぞれの建物を行き来することができます。

     

    ・伊勢丹会館

    伊勢丹会館はメンズ館と同じく靖国通り沿いにあります。

    IMG_5180

    この建物はいわゆるレストラン館のような感じになっており、うどんや串揚げ、寿司といった和食かパスタなどの洋食を提供している店やタイの屋台料理の店もあります。

    多数あるお店の中にはスペイン料理を食べながらフラメンコのショーを楽しめる、といった一風変わった店もあったりします。

     

    ・意外とすごい伊勢丹の駐車場サービス

    売り場やレストランのある建物についてあらかた紹介したので、ここからは伊勢丹の駐車場や駐車場のサービスについて紹介していきたいと思います。

    伊勢丹新宿本店は周囲に多数駐車場を設けていますが、その中でもひときわ大きな駐車場が「パークシティイセタン」です。

    IMG_5165

    かなり大きな駐車場で、どれくらい入るのか気になったので調べてみたところ600台まで駐車できるという情報がありました。

    新宿のど真ん中にそれだけの数の車を止められる建物があるなんて、さすが伊勢丹といったところでしょうか。

    この建物は伊勢丹の売り場から離れてはいますが、伊勢丹の本館との間でシャトルバスが運行されています。

     

    なので駐車場と伊勢丹の間を歩く必要はありません。

    それどころ荷物も持つ必要もないんです。

    伊勢丹では「ハンズフリーショッピング」というサービスを提供しています。

     

    このサービスは買った品を各精算所の脇にあるお買い上げ品お渡し所で受け取ることができます。

    せっかく来たのだから伊勢丹の様々なフロアを回りたいという時に荷物が多いとなかなかそうもいかないと思います。

    そういった時に利用すると大いに助かるかもしれません。

    スポンサード リンク



    ・まとめ

    伊勢丹は新宿にある他の百貨店と比べると平日でも多くの人がいて混んでいる印象を受けます。

    つまり今でもそれだけ伊勢丹が好まれている、という事ではないでしょうか。

    季節の大きなイベントが迫るとそれに因んだ商品が販売されたりします。

    たまには新宿のランドマークとも入れるこの伊勢丹に足を運んでみてはいかがでしょうか。

    (写真と文/鴉山翔一)

     

     

    ●こちらの記事もいかがでしょうか(広告が表示される時もあります)
    ●スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *