都営地下鉄・大江戸線の駅へ迷わず行く方法


    「都営大江戸線」は、1991年12月10日に開業した、比較的新しい地下鉄だ。

    だから、地下鉄のなかでも、一番深いところを走っている。

     

    起点は都庁前駅で、終点は光が丘駅だ。

    環状の路線を形成しているが山手線などの「エンドレス環状型」ではなく

    「6の字型」になっている。

    そして、ここに大きな問題点がある。

    popup_oedo

    それは、JR新宿駅から、都営大江戸線に乗り換えようとしたとき、迷ってしまうのだ。

    たぶん、はじめて新宿に来た人は100%迷うだろう。

    知らない人がいたら、ぜひ教えてあげて欲しい。

     

    ちなみに「大江戸線」という名称だが、公募して一番多かったのが

    「東京環状線」(愛称として「ゆめもぐら」)

    ところが、当時の都知事の石原慎太郎が

    「この路線は環状線じゃない」と言ったことで再選考することになった。

    「都庁線」という案もあったらしい。

    で、石原都知事が「オレは『大江戸線』なんてのがいいと思う」とおしたのだそうだ。

     

    スポンサード リンク







    ■なぜ都営大江戸線の乗り換えで迷うのか?

     

    まずは、都営大江戸線の路線図をもう一度、見ていただきたい。

    「都庁前」という駅があって、そこを中心にして上と下で路線が分かれている。

    左に行けば「光が丘」の駅だ。

    2

    そして注目していただきたいのが、「新宿」駅と「新宿西口」駅だ。

    この2つの駅の改札口が、歩いて5分ほどのところにあり、

    しかも、な、な、な~~んと!

     

    2つとも、JR新宿駅の西口にあるということ!

    30

    これは、どう考えても迷うでしょ。

    大江戸線の「新宿駅」も西口にあるのに、

    もうひとつの駅が「新宿西口駅」となっているのだ。

     

    え? マジで?

     

    しかも、しかも、しかもだ!

    「都庁前駅」もJR新宿駅西口から歩いて5分ほどのところにある!

     

    マジで?

     

    西口に3つの駅が徒歩5分ほどの距離に集中してる!

     

    ということは、JR新宿駅から都営大江戸線に乗り換えようとしたとき、

    歩いて5分ほどのところに3つも駅があるということになる。

    いったいどうすればいいのか?

     

    たとえば「春日」に行きたいのに都営大江戸線の「新宿駅」に行ってしまったら、

    いったん「光が丘」行きの電車に乗って「都庁前」まで行き、

    そこで乗り換えなければいけない。

    間違えて反対側の電車に乗ってしまうと、かなりの遠回りになってしまう。

    これは、マズイよね。

     

    だから、大江戸線に乗るときは、事前に行きたい場所を確認して、

    「新宿駅」から乗るか、「新宿西口駅」から乗るかを決めなければいけない。

    これって、ややこしいよね。

     

    スポンサード リンク



     

    ■JR新宿駅西口改札の地下から大江戸線の駅へ行く方法

     

    では、まず、地下からいくパターンを説明しよう。

    JR新宿駅の西口改札を出ると、目の前に地下広場が広がる。

     

    16

    これをよく間違えて西口中央改札へ出てしまったり、

    小田急口や京王口から出てしまう人がいるので要注意。

     

    その辺の事情がわからない人は、こちらの記事を参照してね≫≫

     

     

    • 地下から都営大江戸線の「新宿西口駅」へ行く

     

    JR新宿駅の西口改札を出て、地下広場へ出てみよう。

    この画像のように、かなりの人が混沌として歩いている。

     

    地下広場のいたるところに指示看板が出ているが、わかりづらい。

    どうしても迷ってしまったら、この地下広場に交番があるので、

    そこで尋ねるといいだろう。

     

    26

    都営大江戸線の「新宿西口駅」へ行くには、この地下広場を右へ行く。

    右というのは、東京メトロ・丸の内線の「新宿駅」がある方向だ。

    公衆トイレがあるので、そのトイレの横の階段を降りる。

    27

    ちなみに、そこにエレベーターがあるが、これが、かなりユニークなエレベーターで、

    わずか2メートルくらいの段差を降りるためのエレベーターだ。

    車いすの人たちのことを考えて設置されているので、健常者がこのエレベーターに乗ると、

    ちょっと恥ずかしいことになる。

    29

    ま、とにかく、トイレの横の階段を降りると、そこに地下通路が見えてくる。

    そして、駅の改札口が見えるが、これは丸の内線の新宿駅だ。

    この丸の内線の新宿駅の向こう側に、さらに下へ降りる階段がある。

    21

    左手に小田急ハルクの入り口がある。

    このハルク入り口の横の階段を下へ降りるのだ。

    かなり深いところへ降りていくことになるが、

    そこに都営大江戸線の「新宿西口駅」がある。

    31

     

     

    • 地下から都営大江戸線の「新宿駅」へ行く

     

    次に、地下から都営大江戸線の「新宿駅」へ行く方法を説明しよう。

    まずは、西口の地下広場から左手へ向かって歩く。

    献血ルームがある方向だ。

    17

    休日になると、このあたりにボランティアガイドが立っているので、気軽に声をかけてみるといい。

     

    9

     

    献血ルームをすぎると、「小田急エース南館」というショッピングモールがある。

    このモールの入り口の左手にはお茶屋さん、右手には喫茶店がある。

    この「小田急エース南館」というショッピングモールを突っ切って行くのだ。

    10

    「小田急エース南館」が終わると、京王新線の駅が見えてくる。

    京王新線に関してはこちらの記事を参照≫≫

     

    この京王新線の駅の手前に都営大江戸線の「新宿駅」がある。

    もしかすると見落としてしまうかもしれない。

    それくらい、よくわからない駅だ。

    3

    ときどき駅員さんが立っていて、案内してくれるので、気軽に声をかけてみるといい。

    ま、とにかく、この改札口から入れば都営大江戸線の「新宿駅」のホームにたどり着ける。

    ただ、ホームまで、かなり下へ降りていくことになる。

     

    スポンサード リンク



     

    ■JR新宿駅西口改札の地上から大江戸線の駅へ行く方法

     

    JR新宿駅の西口改札は、地下に出るようになっているのだが、

    間違えて、地上に出てしまった場合、どうやって行けばいいか?

    12

    西口の地上の風景は現在、

    右手に小田急ハルクが見えて、左に京王デパートが見える。

    真正面には、コクーンタワーや都庁が見える。

     

    • 地上から都営大江戸線の「新宿西口駅」へ行く

     

    大江戸線の「新宿西口駅」へ行くには右手に進めばいい。

    右手というのは、ユニクロや思い出横丁がある方向だ。

    19

    思い出横丁のゆるやかな坂道を下っていくと、大ガードの交差点が見えてくる。

    15

     

    この大ガードの交差点の手前に、

    大江戸線の「新宿西口駅」へ降りていく階段が口を開けている。

    この階段を降りていけば、大江戸線の「新宿西口駅」の改札がある。

    18

     

    • 地上から都営大江戸線の「新宿駅」へ行く

     

    大江戸線の「新宿西口駅」へ行くには左手に進めばいい。

    左手へ行くと京王デパートがある。

    この京王デパートの下に京王線の新宿駅がある。

    8

    京王デパートの脇の道を歩いて、京王デパートの角を曲がる。

    すると直線の長い歩道が見えてくる。

    右にはリムジンバスの乗り場がある。

    5

    この直線の長い歩道を歩くと、左手にルミネの入り口が見える。

    この入り口に「JR新宿駅・南口」という看板がある。

    この看板の左に「都営大江戸線(新宿駅)」とある。

    1

    この入り口から入って、すぐ右手にエスカレーターがあるので、

    このエスカレーターで下に降りる。

    下まで降りたら、そこに京王新線の駅があり、

    その脇に都営大江戸線の「新宿駅」がある。

    14

     

    スポンサード リンク



     

    ■JR新宿駅の西口改札から大江戸線の「都庁前駅」へ行く

     

    最後に、「都庁前駅」への行き方も解説しておこう。

    JR新宿駅の西口改札を出ると地下広場が広がっている。

     

    この地下広場を右に行くと交番がある。

    左へ行くと都庁への道が伸びている。

     

    どちらへ行ってもいいのだが、とにかく、西へまっすぐに伸びた地下通路が2つある。

    この地下通路をまっすぐに西へ向かえばいい。

    22

    すると、いつの間にか地下から地上へ出る場所がある。

    地上へ出る手前に、都営大江戸線の「都庁前駅」へ降りていく階段が口を開けている。

    この階段を降りていけば迷わず「都庁前駅」にたどり着く。

    24

     

    スポンサード リンク



     

    ■まとめ

     

    広島の田舎かから出てきたとき、

    電車の駅がデパートの地下や2階にあるというのに驚いたことがある。

    電車の駅というものは、田んぼのなかにあるものだと思い込んでいたからだ。

     

    新宿には繁華街だけでも、いくつか駅がある。

    JR新宿駅やら、小田急新宿駅やら、京王新宿駅やら、西武新宿駅やら、

    地下鉄になるとさらに新宿三丁目駅まである。

     

    田舎から出てきた人たちにとっては、わけがわからない。

    なんとかならないものだろうか?

    ちゃんと学べということかもしれない。

    人間は環境によって変化し成長していくのかもしれない。

     

     

    (写真と文/ブッダ猫)

     

    ●こちらの記事もいかがでしょうか(広告が表示される時もあります)
    ●スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *