ATHREE PARLOR(アスリー・パーラー)がメッチャ気に入った話

    「ビールはお好きですか?」

    「ええ、まあ」

    「ビール好きが必ずハマるお店が新宿にあるんですけど、行きませんか?」

     

     

    「どんな店ですか?」

    「ビールが好きじゃない人でも、行けば必ず気に入りますよ」

    「ホントに?」

    そんなふうに、この店を誘うのだという。

     

    この店とは、新宿・歌舞伎町にある

    ATHREE PARLOR(アスリー・パーラー)ビア・カフェ・レストランだ。

    そこまで言われると行ってみたくなるのが人情。

    西新宿に住むミリオネア夫婦が、どんなにスゴイ店なのか、行ってみた。

     

    スポンサード リンク



     

     

    ■ATHREE PARLOR(アスリー・パーラー)ってどういう意味?

     

    店内のポスターに店名の由来が書いてあった。

    「ATHREE(アスリー)」はアメリカにおいて、

    会話やメールのやり取りでしばしば見かける「A3」というスラングが由来。

     

    A3=Anyplace,Anywhere,Anytime(いつでも、どこでも、どこにでも)という意味で使用され、

    親しい友人や大切な相手に向けて、

    親しみを込めたウェルカムな想いを表現している。

    14

     

    本来は、お客様をもてなす場所、食事を楽しむ場所、会話を楽しむ場所、

    などの意味を持つ「PARLOR(パーラー)」。

    その響きはどこか懐かしく、親しみを感じる。

     

    時代に沿った新しい好奇心と、

    昔から受け継がれる本物を求めて自然と人が集まる、

    賑わいのあるビアカフェレストランになるよう、その想いを店名に込めている。

     

    ATHREE PARLOR(アスリー・パーラー)とは、そういう意味合いの店名なのだ。

     

    スポンサード リンク



     

    ■ビールの歴史はかなり古い

     

    ミリオネア夫婦の妻は大のビール好き。

    新宿のビールが売りの店は、たいがい制覇している。

    その妻がイチオシの店がATHREE PARLOR(アスリー・パーラー)だ。

     

    実は、夫はビールが苦手。

    やたらと腹が膨れるし、プリン体も気になる。

    若いころはビールが好きでガンガン飲んでいたが、年を取るとどうもビールが・・・。

     

    10

     

    だが、歴史好きの夫は、ビールにはどこかスピリチュアル的なものを感じるのだ。

    「ビールって、日本酒やワインなんかよりも、歴史が古いんだよね」

    と夫が言う。

    「いつの時代にビールは生まれたの?」

    と妻が尋ねる。

    「紀元前4千年紀にメソポタミア文明のシュメール人によってビールが作られていたという資料が最古とされているよね」

    「どれくらい古いの?」

    「いまから6千年前ってことだね。メソポタミアでは、そのころ、狩猟採集の生活から農耕の生活に切り替わるわけだよ。そこで、麦の栽培がはじまり、ビールが作られたというわけ。そこから古代エジプトにビール製法が伝わったらしい」

    「何で、ビールが発明されたんだろう?」

    「当時は神さまの存在を人間たちが本気で信じてたからね。神さまと交信するには、トランス状態になる必要があったわけだ。トランス状態で幻覚や幻聴を起こして、それを神のお告げとしたんだね。トランス状態になるために、最初は、大麻やケシ(アヘンの原料)が使われていたけど、中毒性が高いので、アルコールが求められたわけだね」

    「ビールを飲んで神さまとおしゃべりしていたわけだ」

    と妻が感心する。

     

    スポンサード リンク



     

    ■バビロンの大富豪の5原則とは?

     

    JR新宿駅の東口から、アルタ前を通り、靖国通りへ向かう。

    靖国通りの大きな道路を、ドン・キホーテの見える信号のところで渡る。

    12

     

    歩きながら妻が夫に質問する。

    「メソポタミアってどこ?」

    「チグリス川とユーフラテス川って歴史の授業で聞いたことない? いまでいうイラクやクエートのあたりだよ。南部地域がバビロニアって言われていた」

    「バビロンの大富豪なら知ってる」

    と妻が喜ぶ。

     

    お金の成功法則が書かれた世界的名著『バビロンの大富豪』(ジョージ・S・クレイソン著)。

    あの本は、まさに、このバビロニアの大富豪の話だ。

     

    古代都市バビロンで大富豪となったアルカドを中心に

    蓄財や財産運用の教訓がちりばめられたお話で、

    約100年前に出版されて以来、全世界で1000万部を超す大ベストセラーとなった。

     

     

    大富豪のアルカドが息子ノマシアに授けた知恵として「富を生む黄金5原則」がある。

     

    【1】黄金は「堅実な者」を好む

    資産を築くため収入の少なくとも1割を貯めようとする者のもとに、選んで集まり増えていく。

     

    【2】黄金は「賢明な者」を好む

    黄金にもっと儲かる仕事をあてがってやると獣の群れのように繁殖していく。

     

    【3】黄金は「慎重な者」を好む

    その扱いに長けた人間の助言に従う、注意深い持ち主からは離れようとしない。

     

    【4】黄金は「軽率な者」を嫌う

    持ち主がよく知らない、蓄財に長けた者がよしとしない事業や商売からは逃げてしまう。

     

    【5】黄金は「強欲な者」を嫌う

    無理を強いる、ありえないような儲け話に乗る者からは逃げてしまう。

     

     

    ■営業時間は昼11時から始発の5時まで

     

    ドン・キホーテからTOHOシネマズ新宿へ向かう通りは「ゴジラ・ロード」という。

    8

     

    この「ゴジラ・ロード」を少し歩くと、

    「すしまみれ」の看板の手前に右に入る路地がある。

    19

     

    この路地を入れば、すぐにATHREE PARLOR(アスリー・パーラー)が見えてくる。

     

    店の看板を見て、すぐ夫が言った。

    「ビア・カフェ・レストランって書いてあるけど、カフェなの? レストランなの?」

    「昼はカフェとして使える店なのよ」

     

    3

    カフェメニューはかなり充実している。夜でも注文できる。ソフトドリンクやアルコールフリーのビールなどが充実しているので、お酒がダメな人もかなり楽しめるよ!

     

    「なるほどね」

    「でも、24と7がでっかくあるけど、これはどういう意味なの?」

    「24時間、しかも一週間7日やってますという意味らしい。つまり、24時間365日無休で頑張ってるってこと」

    18

     

    居酒屋がいっぱい入ったビルの2階だ。

    エレベーターもあるようだが、ミリオネア夫婦たちは階段を上がって行った。

    13

    入り口ドアは小さな何の変哲もないものだったが、中に入ると広い店内が開けた。

     

    16

     

    「でも、営業時間が書いてあったよ。24時間営業じゃないじゃん」

    と夫。11時から5時までとある。始発の時間まで営業しているということだ。

    「開店当初はやってたみたいなんだけどね。いつからか、朝5時に閉めるようになったみたい」

    歌舞伎町といえど、朝5時から飲みにくる人はいないということか。

    いや、ホストたちがいるだろ。

    ま、そのへんの事情はわからない。

     

    スポンサード リンク



     

    ■超お得なハッピーアワーセット!

     

    ミリオネア夫婦たちがATHREE PARLOR(アスリー・パーラー)に入ったのは、

    土曜日の16時30分ころだった。

    「この時間だと、ハッピーアワーだよ」

    と妻が目を輝かす。

    4

    ハッピーアワーは15時~17時、土日関係なく毎日やっているそうだ。

    メニューを見ると「タパス盛り合わせセット」が1080円。

    「これにビールがついて、いくらになるんだろう?」

    と夫が言う。

    店員が来たので聞いてみた。

    「この値段にビールがついています」

    と可愛い女性店員が答える。

    「安いね!」

    と妻が親指を立てる。

    「でも、ビールが小さいグラスで来るんじゃないの?」

    と夫は懐疑的だ。

    「ま、とにかく、これを頼もう」

     

    ・タパス盛り合わせセット    1080円

    少量ずついろんな料理が楽しめるのでチョーおススメ!

    少量ずついろんな料理が楽しめるのでチョーおススメ!

     

    ・フィッシュ&チップスセット  880円

    香ばしい匂いがたまらない! ボリュームもかなりあって、ガッツリ男子も満足できるかも

    香ばしい匂いがたまらない! ボリュームもかなりあって、ガッツリ男子も満足できるかも

    セットでついてくるビールは5種類のなかから選べる。

    夫はバドワイザー、妻はハイネケンにした。

    6

     

    やってきたビールを見て夫が驚いた。

    「意外に大きいじゃん。中ジョッキくらいかな」

    「これ、チョーお得じゃない!」

    と妻が言う。

     

    スポンサード リンク



     

    ■ホエー豚の熟成スモークベーコンはぜひ食べてみて欲しい

     

    タパス盛り合わせのなかにある「ホエー豚の熟成スモークベーコン」に妻が感動。

    「このベーコン、超うまい!」

    フードメニューを見ると、単品であるので、さっそく頼んでみた。

     

    ・ホエー豚の熟成スモークベーコン   450円

     

    5

     

    「これ、ケチャップとマスタードがついてるけど、何もつけないでいけるよね」

    と妻がパクつく。

    たしかに、塩味が効いてて、これはかなりイケる。

     

    「ビールに合う料理がそろってる。この店、かなりいいよ!」

    と夫も、ちょっと感動してきた。

    やはり、おいしいものを食べると人間は心がプラスに変化するようだ。

     

    ビールが好きな人は、いろんな種類のビールを飲んでみたくなるはず。

    そんな人にはビアフライトがおススメ。

    ・BEER FLIGHT(ビアフライト)  1,000円
    日替わりクラフトビール6種類を含む、全11種類の生ビールから
    お好きな4種類を自由に選んで楽しめるお得なセット。

     

    20

     

    ビールが苦手だなという人には、ビアカクテルがいいかも。

    ビアカクテルも充実したラインナップがある。

    2

     

    この日は、メロン&ライムを飲んでみた。

    ・メロン&ライム  650円

     

    22

     

    メロンの香りを楽しみながら、ライムの酸味が爽やかに喉を潤す。

    ライムを贅沢に使った逸品。

    喉越しを過ぎたこと、ビールの香りと苦みがやってくる。

     

     

    スポンサード リンク



     

    ■まとめ

     

    早い時間だったからか、若い女性客が多かった。

    ランチ時には、近所のサラリーマンたちも来るようだ。

    カフェ時には、パソコンで作業する人や打ち合わせの人たちが使っている。

    1

     

    大きなテーブルがあるので、10人くらいの大人数で来ても1つのテーブルに座れる。

    パーティとして使ってもいいし、打ち合わせに来てもいい。

     

    カウンター席には電源コンセントがあるので、パソコンやスマホを気軽に使える。

    いろんなシーンを想定して設計された店だ。

    15

     

     

    ATHREE PARLOR(アスリー・パーラー)

     

    • お問い合わせ

    050-5594-4017

    • 住所

    東京都新宿区歌舞伎町1-15-3 輝ビル 2F

    • 交通手段

    東京メトロ丸ノ内線【新宿駅】徒歩3分

    JR中央線ほか【新宿駅】東口 徒歩5分

    西武新宿線【西武新宿駅】徒歩4分

    都営地下鉄大江戸線【新宿西口駅】徒歩6分

    新宿西口駅から282m

    • 営業時間

    [全日]

    11:00〜5:00

    無休

    • 席数

    114席

    (カウンター20席 ソファ席有)

     

     

    (写真と文/ブッダ猫)

     

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *