新宿中央公園のPark Cafeでランチしよう!

IMG_5931

新宿中央公園のPark Cafeでランチしよう!

頭がボウッとする。
朝まで原稿を書いていて、寝たのが、たしか、6時すぎだった。


それからベッドに入って、起きたのが12時。とすると、6時間は寝たことになる。

まあ、いいか。
6時間も睡眠を取れば十分だろう。
ボクはそう自分に言い聞かせて起きることにした。

風呂に入り、アロハを着て、外へ出た。
時間は午後2時過ぎ。
ちょっと小腹がすいた。
今日は何を食べようか。

東京は35度を越す猛暑日だ。
高層ビルの日陰を渡り渡り歩く。

とりあえず、いつもの散歩道となっている新宿中央公園に入る。
今回は、その新宿中央公園で出会った小さな「Park Café」のお話をしよう。

IMG_5930

スポンサード リンク



■新宿中央公園に移動カフェのノボリが揺れていた!

新宿中央公園は、JR新宿駅から都庁を目指して歩けばいい。
まっすぐに歩いて、都庁を通り過ぎると、緑の森が見える。そこが新宿中央公園だ。

この公園には、ちょっとした運動遊具があって、大人も運動不足解消のために、ここで体を動かしている。
犬の散歩をする人もいるし、子どもを遊ばせている奥様たちもいる。
指をからませてベンチに座る恋人たちもいる。
なかには、昼間っからディープキスをしているカップもいて、そばを歩く、こちら側がドキドキする。

そんな新宿中央公園には、ランチを楽しむスポットがある。

この日は、猛暑日だったが、木陰の下を歩くと涼しくて気持ちがいい。
ベンチで、お弁当を広げているOLさんたちや、パンをかじりながらスマホをいじってる会社員たち。
お昼時になると、そんな人たちで、この公園はいっぱいになる。

しかし、午後2時ごろは、閑散としていて、静かなものだ。
漫才の練習をしている若者が2人いた。
明日のスターを夢見て頑張っている人たちを見るのは楽しいものだ。

IMG_5963

 

深い緑のなかを歩いていき、北エリアのランチコーナーにさしかかったとき、ボクの足が止まった。
おいしい匂いが流れてきたのである。
う~~ん、これはカレーの匂いだ。
お腹の虫がグウっと鳴く。

ボクの視線の先には、移動カフェのノボリが風に揺れていた。

IMG_5932

 

■新宿中央公園の移動カフェの名前は「Park Café」

テーブルは15、椅子60席ほどのスペースがあり、どの席も木陰になっていて、木々の葉へ風が吹くたびに地面に落ちた影が揺れる。
炎天下でも、ここだけは過ごしやすい爽やかな場所だ。

少し、ここで読書でもしようかなぁ。
端のテーブルには、2人の若者がカメラに向かって何やら話している。たぶん、ユーチューバーなのだろう。
もう1つのテーブルでは、白人のご婦人が読書している。

でも、読書の前に、腹ごしらえだ。

移動カフェの名前は「Park Café」
おススメはなんだろう?

・タコライスが600円。
・タイ風キーマカレーが600円。
・牛スジカレーが800円

さっきから、ボクの鼻腔をくすぐる良い香りはなんだろう?
たぶん、牛スジカレーだな?

「この店のおススメは何ですか?」
ボクは店の女の子に訊ねてみた。元気のいい褐色の女の子だ。

「牛スジカレーがおいしいですよ!」

「辛いのが苦手なんですけど」

「大丈夫です。そんなに辛くありませんから」

「じゃ、牛スジカレーで」
ボクは、バックからお財布を出す。

そのとき、ちらりと視界に入ってくるものがあった。

カウンターの左で存在感を示している「コロナビール」である。
そこで、ボクは思わず言ってしまった。

「コロナビールもつけて!」

牛スジカレーにビールか、悪くない取り合わせだ。

IMG_5938

 

 

■新宿中央公園で本物のオープンカフェを味わう!

「そんなに辛くありません」
と店のスタッフは言ったが、果たしてどうなのか?

もしも、激辛だったら、突き返してやるからなと、ボクはスプーンでカレーを口に運んだ。

ん?

辛くない。
これは、何だ?

カレーの味のするウンコなのか?
まさか!

野菜も肉もトローリと溶け込んでいる。
わずかに肉の原型が残っている塊を発見するが、口のなかでトロトロに解けていく。

「う~~ん、うまい!」

これはうまいぞ!

タマネギだな。タマネギがいっぱい溶け込んでいるに違いない。
タマネギの甘さが、口のなかに広がるのだ。ニンジンもジャガイモも、すべて甘く解けているのだ。

豊満な乳房を揉みしだきながら、濃厚な接吻すると、たぶん、こんな甘い感覚になるに違いない。

桜の木の枝にとまったハトが、こちらを物欲しそうにうかがっている。
わぁ!
こっちへ飛んできた。

ハトって奴は、遠慮がないからなぁ。
人間の目の前まで迫ってきやがる。
もしかして、目が悪いのか?

お前らには、絶対にやらん!
こんな、うまいカレーを誰がやるもんか!

公園内のカフェだからこそ、ハトと睨み合いっこができるのだ。
これこそ、本物のオープンカフェではないか!

IMG_5940

 

 

■新宿にこんな素敵な公園があるなんて知らなかった!

食べ終わった容器と、ビール瓶は、公園のゴミ箱ではなく、「Park Café」が用意しているゴミ箱に捨てる。

「ビール瓶も一緒に捨ててください」
とスタッフの女の子が教えてくれた。

聞くと、彼女は、湘南から来ているのだという。
たしか、新宿湘南ラインがあるので、鎌倉や逗子、藤沢、辻堂、茅ケ崎、平塚、小田原あたりから、乗り換えなしで、新宿に来られるのだ。
便利になったものだ。

彼女がどの駅なのかは、恥ずかしくて聞けなかった。
湘南といえば、どこだろう?
やっぱり、茅ケ崎かなぁ。
日に焼けた笑顔が眩しいので、やっぱり、サーフィンとかしているのだろうか?

「私、ここで仕事をすることになるまで、新宿に、こんな素敵な公園があるなんて、知らなかったんですよ」
と言う。

そうか、湘南あたりの人には、新宿は、知らない土地なんだなぁ。

「新宿マガジンっていうブログやってるんで、この店、紹介していいっすか?」
とボクが言うと、

「いいっすよ!」
と快く承諾してくれた。

「夏の間だけやるんですか?」

「いえ、ずっとやりますよ。土日は、向うの芝生広場で営業するんですけど、平日はここでやります」

「ここ」というのは、ランチコーナーのことだ。
新宿中央公園は広いので、迷うかもしれないが、テーブルがいっぱいあるスペースはここしかない。

「じゃ、夏が終わってもやるの?」

「はい。寒くなるまでやりますよ。秋は稼ぎ時だって、オーナーから言われています」

とのことだ。

移動カフェの車は土日になると、新宿白糸の滝のところでオープンしている。ケバブとか、ハンバーガーとか、コーヒーの味もなかなかあなどれないものがある。カフェ車もいろいろ来るので、車を見るだけでも楽しめる。

西エリアのジャブジャブの池とちびっこ広場の間のログハウスも、夏の期間中、カフェをオープンさせている。そちらは、「がんこおやじの牛乳」が有名だ。

ま、とにかく、新宿中央公園のランチコーナーの「Park Café」で、ぜひとも、牛スジカレーをご賞味あれ!

・店名/Park Café
・営業時間/11時30分~16時
・定休日/雨が降った日
(春、夏、秋と営業するそうです。もしかすると、冬もやってるかも)

 

IMG_5941

■夏の新宿中央公園は「イブニング・バー」で盛り上がる!

実は、夏の間は、夜も営業するのだという。
「Park Café」だけじゃなくて、いくつかの移動カフェの車がやってきて、イブニング・バーが開催されるのだ!

場所は、「新宿ナイアガラの滝」の前の水の広場だ。
新宿中央公園のメイン広場と言ってもいいだろう。

特設ステージもあって、地下アイドルや、インディーズアイドル、プレアイドルたちが歌って踊ってくれる。熱烈なファンたちが、ステージの前で応援したりしている。

近くに、ヒルトンやハイアットホテルがあるので、外人さんたちもいっぱい来る。

盆踊りの時期になると、ここに櫓が建てられて、浴衣姿で踊るのだ。
新宿の高層ビルの谷間に、東京音頭が鳴り響く。
飲めや! 歌えや! 踊れや! ホイホイ! じゃ!
新宿中央公園は、なかなか楽しい場所なのだ。

・期間/7月20日から9月30日。
その期間内の水・木・金曜日。
・営業時間/18時から22時
雨天の場合は中止
・場所/新宿中央公園内の水の広場

IMG_5955

スポンサード リンク




 

■まとめ

新宿中央公園には、意外な楽しみ方があるってことが理解していただけただろうか?

緑の公園を散歩するだけじゃないのだ!
緑の公園の花を愛でるだけじゃないのだ!
緑の公園で愛をささやくだけじゃないのだ!

新宿中央公園は、おいしい牛スジカレーを食べるところだったのだ!
そして、夜は飲める場所だったのだ。

イタリアの名言で「マンジャーレ! カンターレ! アモーレ!」というのがある。
食べて! 歌って! 恋をして!
という意味だ。

新宿中央公園はこれだ!

飲めや! 歌えや! 踊れや! ホイホイ!
(写真と文/ブッダ猫)

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*