新宿パークタワーの「スパイスヘブン」でランチしたら・・・


    なぜ夏になるとカレーが食べたくなるのか?

    一説によると、夏バテや疲労によって、体がスパイスを求めるのだという。

    つまり、夏バテになっている証拠なのかもしれない。

    西新宿に住むミリオネア夫婦がカレーを食べたくなったら、

    必ず行く店がある。

    それが、新宿パークタワー地下1階にある、この店「スパイスヘブン」だ。

     

    「カレーって、スピリチュアルな食べ物だと思わない?」

    と妻。

    「何となくだけど、たしかに、スピリチュアルな、エキゾチックなところがあるかもね」

    と夫。

    「今日は、絶対にカレーを食べましょう。最近、ちょっと夏バテだったけど、

    カレーを食べれば、きっといいことがあるよ」

    妻の予言はいつも当たる。

    妻の言う通りにしていれば、必ず幸せな大富豪になれるのだ。

     

    スポンサード リンク



     

    ■新宿都庁と間違われる「新宿パークタワー」

     

    「新宿パークタワーって、都庁と間違われるよね」

    と妻がパークタワーを見上げて言う。

    「すぐそばにある東京都庁舎と同じ丹下健三さんの設計だし、

    どことなく都庁舎と似ているだろ。

    だから第三都庁舎と揶揄する人もいるんだよね」

    と夫が雑学を披露する。

    15

    「新宿パークタワーは、N棟・S棟・C棟の複合する3棟からなる高層ビルで、

    上部が三段構造となり、

    それぞれの屋上に三角形の屋根がついた独特のデザイン。

    元々ここには東京ガスのガスタンクがあった。

    だから、東京ガスがこのビルを所有しているため、

    ショールームやら東京ガス関連の諸施設がいっぱい入っている。

    敷地内には新宿新都心地区内に熱供給を行なっている

    地域冷暖房センターが設けられているんだ。

    新宿では、都庁に次いで高いビルなんだよ」

     

    「ご説明、ありがとう」

    妻は新宿パークタワーの階段をどんどん降りていく。

    お昼時なので、会社員たちがぞろぞろとレストラン街を歩いている。

    すでに行列が出来ている店もある。

     

    スポンサード リンク



     

    ■入り口にはガネーシャがお出迎え

     

    「スパイスヘブン」も人気の店らしく、すでに行列ができている。

    ま、少しくらいなら待ってもいいだろう。

    店の入り口にはガネーシャがお出迎えしてくれている。

     

    ガネーシャといえば、ベストセラーになった『夢をかなえるゾウ』に登場する。

    ヒンドゥー教の神さまで、サンスクリット語で「群衆(ガネ)の主(シャ)」を意味する。

    インドでは現世利益をもたらす「富の神さま」として非常に人気のある神さまだ。

    ガネーシャの鼻のところを触るとお金持ちになるとかならないとか・・・。

    2

    しばらく待って、なかへ入ると、広い店内に人があふれている。

    スパイシーな香りが鼻をくすぐる。

    3

    メニューはAランチとBランチがあるのだが、

    ほとんどの人は、食べ放題のランチビュッフェを選ぶ。

     

    「当然、私たちもランチビュッフェよね」

    と妻が言う。

    「もちろん」

    と夫。

    7

    ・ランチビュッフェ  1,000円

     

    ビュッフェスタイルのいいところは、待たなくていいことだ。

    料理を自分で取りに行くので、すぐに食べられる。

     

    5

    ライスは黄色いのと白飯の2種類が用意されている。

    黄色いほうは、ターメリックライスなのかサフランライスなのかわからないが、

    色が濃いからターメリックライスかもしれない。

     

    ■4種類の日替わりカレーのなから好きなだけ食べられる!

     

    ・たまごカレー

    4種の中では一番辛口の味付けになっている。

    おでんの玉子のカレー版という感じ。

     

    ・ほうれん草チキン

    ほうれん草が溶け込んでいるのか、青いほうれんそうが見えてこない。

    でも、ほのかにほうれん草の香りが・・・。

     

    ・野菜カレー

    何の香りだろう。インドカレー独特の、スパイシーな香り。

    あっさりとした野菜カレーなのに、深い味わいが楽しめる。

     

    ・豆カレー

    辛さはマイルドながらも、豆にスパイスの香りがしみ込んでいる。

    マメに働いてお金持ちになろう!

    9

    夫は、サラダを山盛り運んでくる。

    キャベツの千切り・ワカメ・もやしと水菜の和えたもの。

    「野菜をいっぱい取らなきゃね」

    と夫は笑う。

    4

    「追加のナンを頼みましょう」

    と妻が言う。

    ナンは、スタッフに言えば、焼いてカットしてくれたものを持ってきてくれる。

    モチモチして香ばしい。

     

    スポンサード リンク



     

    ■カレーを食べていると直観が降りてきた!

     

    「インドのタミール語でソースのことをカリというんだ。それがカレーの語源だとする説と、ヒンズー語で『香り高いもの』『おしいもの』という意味のターカリーが語源だとする説と2つあるんだよね」

    と夫がまたまた雑学を披露する。

    13

    妻は、ナンにカレーをつけて口に運ぶ。

    「う~~ん。おいしい~~!」

    目を閉じてうっとりとする。

    そして、ハッと目を開ける。

    スピリチュアルな直観が降りてきたのか・・・。

     

    「いま、あなたのケータイに電話が入るよ」

    と妻は予言する。

    「相手はひどく困ってる。

    そして、あなたはその人を助けてあげて。何も言わずに助けるの」

    「わかった。助ければいいんだね」

    「そう」

    妻はゆっくりとうなずく。

     

    3秒後に、妻の予言通り、夫のケータイが鳴った。

    相手は、大学時代からの友人だった。

    友人の奥さんがガンになったらしい。

    それで高額治療を受けていて、もう、これ以上続けることができないという。

    お金を貸して欲しいという電話だった。

    「いくらだ?」

    「800万」

    「OK! いますぐ振り込むから、奥さんに、あきらめるなと言ってやってくれ」

    夫はスマホを操作して、そのお金を友人のために振り込んだ。

     

    スポンサード リンク



    するとどうだろう。

    その日の15時ごろ。

    東京証券取引所が閉まる10分前に、

    夫が保有していた株が急暴騰しストップ高となった。

    夫は、すぐにスマホで操作し、株を売って利益を確定した。

    その日、1日で、夫は2,000万円の利益を得た。

    8

    ■まとめ

    カレーを食べて直観が降りてくるかどうかは個人差がある。

    スパイスヘブンへ行けば、必ず、2,000万円の利益が得られるかどうかは、

    保証できない。

     

    ただ、スピリチュアルな世界は、信じるか、信じないか、あなた次第だ!

    プラシーボ効果というものがある。

    ニセのガン治療薬を飲んで治るか治らないか。

    信じる者にだけに効果が出るのだ。

    11

     

    • 店名 スパイスヘブン 新宿パークタワー

    • お問い合わせ

    03-5325-6797

    • 住所

    東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー B1F

    • 交通手段

    京王新線「初台駅」東口(オペラシティ)より徒歩6分

    都営大江戸線「都庁駅」A4出口より徒歩8分

    都営新宿線「新宿駅」南口より徒歩10分

    小田急「参宮橋駅」から徒歩10分

    JR線「新宿駅」南口から徒歩12分

    都庁前駅から539m

    • 営業時間

    【ランチ】

    11:00~15:00 (L.O. 14:30)

    【ディナー】

    月〜金 17:00~22:00(L.O. 21:30)

    土、日、祝 17:00〜21:00(L.O. 20:30)

    日曜営業

     

    (写真/ブッダ子猫・文/ブッダ猫)

    ●こちらの記事もいかがでしょうか(広告が表示される時もあります)
    ●スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *