これさえ知ればもう迷わない ! JR新宿駅の各改札までの行き方 東西改札編


    1日に350万人もの人が乗り降りをするという新宿駅。

    それだけ膨大な人数が乗り降りする駅なだけあってか、改札口の数もそこらの駅とは比較にならないくらい多いです。


    そのせいで改札から出るところで苦労したという人も多いのではないでしょうか。

    特にこれから就職活動や受験を控えている学生さんや4月に社会人になる人、半年に1回の一大イベントのために新宿駅を利用する人にとっては目的地に着く前に疲れ果ててしまうことでしょう。

    ということで今回からシリーズ企画としてJRの主要路線から各改札までのルートを2回に分けて紹介してきます。

    第1弾は新宿駅でも利用者の多い改札である東口、西口、中央東口、中央西口への行き方です。

    2019年9月にできた地下の新通路についてはこちら!

    スポンサード リンク






    1.JR新宿駅の改札は2パターンしかない

    最初にJR新宿駅の改札がそれぞれどこにあるかを見てみましょう。

    これが2017年10月現在のJR新宿駅の構内図です。

    m_shinjyuku

    16ものホームがあるとても大きな駅ではありますが、JR新宿駅の改札というのはかなり分かりやすい配置になっているんです。

    東西の改札は階段を下りた地下に、南側の改札は階段やエスカレーターを上がったコンコースのところにあります。

    そして東口と西口、中央東口と中央西口のように対になっている改札口は特にわかりやすいところにあることが読み取れます。

    図で見てもわかるように、東口と西口は北通路の、中央東口と中央西口は中央通路の突き当りにそれぞれ配置されています。

    なので、この2つの地下通路にちゃんと降りることができればもうたどりつけたも同然といえるんです。

    ではそれぞれの改札まで山手線、中央線、埼京線と湘南新宿ラインのホームからどう行くのかを見てみましょう。

    なお総武線については山手線とホームが同じなのでそちらを参考にしてください。

    *2019年10月追記

    アルプス広場のところから北通路と中央通路の間に新たな通路ができました。

    これに伴い、9番線から16番線の渋谷側にあった北通路に降りる階段は新たな通路のほうへと移動しています。

    2.東口西口への行き方

    まず紹介するのは東口と西口の改札です。

    それぞれ待ち合わせの場所としては定番の出口となっています。

    では各路線からどのように行けばいいのかを見てみましょう。

    2-1.山手線からの行き方

    山手線は内回り外回りとありますが、どちらも4号車に乗っていると北通路への階段のそばで降りられるので便利です。

    まず西口からの紹介です。

    池袋方面に向かう電車が止まる15番線から地下に下りたのであれば通路に下りるとすぐに西口改札が見えてきます。

    西口

    14番線から降りた際は左に進んでいくと西口へとたどり着くことができます。

    西口案内

    改札まではただまっすぐ行けばいいだけです。

    では東口はどう行けばいいか。

    答えは至ってシンプル。逆の方向にまっすぐ進めばいいだけです。

    東口案内 (2)

    案内表示に従ってまっすぐ歩いていけば東口へとたどり着くことができます。

    東口

    2-2. 中央線からの行き方

    続いて紹介するのは中央線からの行き方です。

    中央線は上りと下りでホームが離れているため、地下に下りたときの景色がだいぶ変わります。

    ですがちゃんとどこをどう下りるかをちゃんと知っておけば迷わずに済みます。

    早速解説してきましょう。

    まず東京方面へ向かう7,8番線のホームからです。

    このホームから東口西口へ向かう際には9番車両に乗っておくとよいでしょう。

    ホームに降り立ったら、エスカレーターを下りてください。

    中央東西エスカレーター

    近くに階段もありますが、そちらを下りではありません。エスカレーターです。

    案内板をよく見て、絶対に間違えないように。

    エスカレーターを下りるとすぐ右手に東口の改札があります。

    東口 (2)

    西口へ向かうときは、エスカレーターを下りてこの通路を左にまっすぐ進んでください。そうするとたどり着くことができます。

    中央西口案内

    続いて高尾八王子方面へと向かう下り電車が止まる11,12番線のホームからです。

    こちらでは先頭車両である10号車に乗っていると北通路へと降りる階段のすぐそばにて下車することができます。

    階段を下りればすぐ北通路です。目の前に駅ナカ売店の「KIOSK」があります。

    キオスク前

    ここを左にまっすぐ進んでいけば西口改札、右にまっすぐ歩いていけば東口改札へとたどり着くことができます。

    2-3.埼京線、湘南新宿ラインからの行き方

    さて、いよいよ埼京線と湘南新宿ラインです。

    今回紹介する路線の中でも特に曲者なのが新宿駅の1番から4番までのホームを独占しているこの路線は直接北通路へ出ることはできません。

    なぜなら、この4つのホームは中央通路のところまでしか伸びていません。

    つまり、埼京線や湘南新宿ラインが通るこれらのホームからは地下へ降りて少し歩かないといけません。

    ですが行き方自体はものすごく簡単です。

    早速解説していきます。

    まずこの4つのホームに止まる電車で乗るべき車両はホームに一番北側の車両です。

    赤羽や浦和、大宮方面へ向かう電車であれば先頭車両、大崎や西大井、大船、小田原へ向かう電車であれば最後尾の車両がそうです。

    電車を降りたらホーム突き当りの階段を下ります。

    北側階段

    階段を下りると中央通路の東端にある広場のところへ出ます。

    11時の方向にあるベックスコーヒーが目印です。

    アルプス広場

    この広場をまっすぐ進みます。

    すぐ右手に改札が見えますが、それは「中央」東口という別の改札です。

    間違えないように!

    中央東口

    まっすぐ進み、アルプス広場の看板も過ぎると北通路へたどり着きます。

    この時すぐ右手にあるのが東改札です。

    東口

    西口へ向かうのであればここで左に曲がり、まっすぐ進んでください。

    西口案内

    ひたすらまっすぐ進んでいくと西口にたどり着けます。

    西口

    3.中央西口中央東口への行き方

    続いて紹介するのは中央西口、中央東口への行き方です。

    中央西口の改札はJRの降り口、小田急線との連絡用改札、京王線用の連絡用改札の3種類があります。

    ではそれぞれのホームからの行き方を見てみましょう。

    3-1.山手線からの行き方

    新宿駅の構内で西側に配置されている山手線からは中央西口の改札はとても近いです。

    行き方を見てみましょう。

    内回り外回り共に9号車に乗っていると目的の階段が近いので、その車両に乗るようにしましょう。

    階段を降りるとすぐ右手に中央西口の案内板が見えてきます。

    中央西口案内

    それに従って進んでいきます。

    突き当りまで進むと改札口が見えてきます。

    あとはここから出るだけ……、と考えるのは早計です。

    じつはここが新宿駅を複雑にしている要因でもあります。

    JRの中央西口改札のいうのは右奥にある改札だけです。

    JR中央西口

    では左側の2つは何なのか?

    左側の改札は先ほど話した小田急線、そして京王線への乗り換え用連絡通路なのです。

    小田急京王連絡口

    切符であればゲートではじかれるかと思いますが、SuicaやPasmoなどでは難なく入れてしまいます。

    新宿駅で中央西口から出るのであれば、必ず右側のゲートから出てください。

    ちなみにこの中央西口は出口専用です。

    なのでここから新宿駅構内に入ることはできません。

    構内に入るときは先述の西口を利用してください。

    中央東口へ行くにはどう行けばいいのか?

    答えは至ってシンプル。中央西口と逆の方向に行けばいいんです。

    先ほど階段を下りたところから逆の方向に進んでいきます。

    中央東口案内

    中央線へと続く階段の前を通り過ぎてひたすらまっすぐ進んでいくと、やや開けた場所に出ます。左手にあるベックスコーヒーが目印です。

    広場ベックコーヒー

    そして中央東改札はこの広場のすぐそばにあります。

    中央東口案内

    3-2.中央線からの行き方

    中央線からの行き方を見てみましょう。

    中央線のホームから地下の中央通路に下りるには8番車両の階段を使いましょう。

    7.8番線では5番車両のところに下りエスカレーター、11,12番線には同じく5番車両の停車位置に階段があり、こちらから中央通路へ行くこともできます。

    中央西東エスカレーター - コピー

    東京方面へ行く7,8番線から地下へ降りるとアルプス化粧室やベックスコーヒーのすぐそばに出ます。

    アルプストイレ前

    中央東口へ行くにはこの広場を横切ればたどり着くことができます。

    西口へ行く際にはこの広場とは逆の方向へ進んでください。

     

    高尾八王子方面へ行く電車が止まる11,12番線は地下に下りたところにそれぞれの改札へ向かう案内板が頭上に出ています。

    中央東口案内

    中央西口案内

    この案内表示に従ってまっすぐ歩いていけば中央西口と中央東口へと行くことができます。

    3-3.埼京線、湘南新宿ラインからの行き方

    東口と西口が離れた場所にある埼京線から中央東口と中央西口へ行くのはとても簡単です。

    どちらの改札へ行くにしてもまずは山手線の時同様、埼京線の1号車、湘南新宿ラインは10両編成なら10号車、15両編成であれば15号車からホームの端へ歩いていき、地下へ続く階段を降りていきます。

    北側階段

    まず中央東口から解説していきましょう。

    中央東口への道はすこぶる簡単です。

    下りた場所から右斜め前方、2時の方向にちょっと進むだけです。

    先ほど東口へのアクセスを紹介した際にあった改札口があります。

    それが中央東口です。

     

    中央西口へは地下に下りたら9時の方向へまっすぐと歩いていきます。

    中央通路

    新宿駅の地下を横断したのち、目的の中央西口の改札前までたどり着くことができます。

    これでJR新宿駅の各路線から東西にある4つの改札までの行き方解説は以上となります。

    スポンサード リンク



    ・まとめ

    というわけで今回はJR新宿駅の地下にある東口、西口、中央東口、中央西口までの道のりを紹介してきました。

    いかがだったでしょうか。

    これを読んでもまだぴんと来ないという人もいるかもしれません。

    ですが確実に覚えておいてほしいことは次の2つです。

    • JR新宿駅の東西の改札は地下にある
    • 地下にある改札はそれぞれ通路の突き当りにある

     

    これを最低限覚えておけば最悪迷っても目的の場所まで行くことができるかと思います。

     

    第2弾は甲州街道沿いにある南口、東南口、新南口、甲州街道口、ミライナタワー改札です。

    近日中に公開予定なので、どうぞご期待ください!

    (写真と文/鴉山翔一)

    南側の改札への行き方はこちら!

    ●こちらの記事もいかがでしょうか(広告が表示される時もあります)
    ●スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメント

      コメントを残す

      *