つけ麺人気の火付け役「つけめんTETSU」が持つ3つのこだわり


    突然の質問で申し訳ないが、つけ麺が有名な店と聞かれるとどこを考えるだろうか。

    武蔵、大勝軒、風雲児等々。

    これまで新宿マガジンでも多くの魅力ある店を紹介してきた。

     

    そして今回紹介するのは、つけ麺ブームの火付け役とも言われている有名なあの店だ。

    関東に広く展開しているその店は昨年の11月、満を持して新宿京王モール内に開店した。

    その店は「つけめんTETSU」。

    地元にもあるのだが、最近なかなか食べに行けていない。

    せっかく新宿にもできたのだ。

    食べに行ってみるとしよう

    スポンサード リンク



    ・店ごとに変えられている自慢のスープ

    ということでつけ麺TETSUの新宿京王モール店にやってきた。

    入口のところにある食券機で看板メニューである「つけ麺」の食券を購入して店員に案内された席に座る。

    店内

    店内は全てカウンター席となっている。

    まだ昼には早い時間というのもあってか、客の数はまばらだ。

    しばらく待っていると、注文したつけ麺が届いた。

    全景

    今回は熱盛りで注文しているので、麺のほうはカツオだしのスープに浸した状態になっている。

    ではまずスープのほうから頂こう。

    TETSUのスープは動物系と魚介系のスープを合わせたものだ。

    豚骨と鶏ガラを1日煮だし、そこに煮干しや鰹節、鯖節の旨味を合わせている。

    一口飲むと、口の中にまず魚粉のいい風味が広がる。続いて豚骨や鶏ガラの濃厚な味が伝わってくる。

    久々に食べたというのも理由なのかもしれないが、地元で食べたTETSUの味とどこか少し違うような気がする。

    当然だ。

    TETSUでは店ごとに客層や立地に合わせてスープの濃度や材料の配合比率を変えている。

    つまりこの味はこの新宿京王モール店でしか味わうことのできないものなのだ。

    そう考えると、どこか特別な感じがしてくるのだった。

     

    ・TETSU専用のこだわりぬいた小麦粉

    TETSUのこだわりはスープだけではない。

    麺のほうにもこだわりはふんだんに詰まっている。

    それについて話す前に小麦粉の種類について簡単に解説したいと思う。

    一口に小麦粉と言っても、含まれているグルテンの量によって大きく3種類に分けることができる。

    薄力粉、中力粉、そして強力粉だ。

    文字通り薄力粉がグルテンの含有量が少なく、強力粉は多い。

    もちろんそれによって用途も異なる。

    薄力粉であればケーキや菓子、中力粉はうどんなどの麺類、強力粉はパンやピザなどを作る際に使用される。

    通常中華麺などに使われるのは強力粉だ。中華麺のもちっとした食感は強力粉が持つグルテンによるものなのだ。

    しかしTETSUでは強力粉と中力粉を混ぜたTETSU専用の特別な粉を使用している。

    この小麦粉で作られた麺は中華麺とうどん両方の特性を持った麺となっていて、つるっとしていながらももちっとした食感となっている。

    通常他の店で麺の熱盛りを注文すると温かい麺が丼ぶりに盛られた状態で出されるのだが、TETSUのこだわりなのかカツオだしのスープに浸けた状態で提供される。

    これによって麺を最後まで温かい状態で楽しむことができる。

    早速一口分麺を濃厚なスープに浸して勢いよくすする。

    アップ

    当然のことながら、TETSTU特製の麺とこだわりのスープの相性はばっちりだ。

    麺が持つ小麦の味や風味が濃厚スープとよくマッチする。

    食感もまた普通のつけ麺と違ってうどんのようなもっちりした食感を持っている。

    するする入っていくので、濃厚な味でありながらも食べやすい。

     

    ・最後まで熱々で楽しめる焼き石

    つけ麺最大の弱点といえば、食べているうちにスープが冷めてしまうことだろう。

    つけ麺の麺というのは器に盛られる際に水で締めているので基本的には冷えてしまっている。

    TETSUでは麺をカツオだしのスープに浸した熱盛りが用意されてはいるが、スープに浸されている麺は伸びるからヤダ、という人もいることだろう。

    そんな人はぜひとも「焼き石」というサービスを利用してほしい。

    焼き石

    この焼き石を使うことで再度スープを温めなおすことができるのだ。

    もしこれを読んでいるのがアウトドアに詳しい人であるなら、熱した石をスープに入れて料理する石焼料理を思い出してほしい。

    やっていることとしてはあれと全く変わらない。というか一緒だ。

    やり方はこの焼き石をレンゲに乗せたまま丼ぶりの中に入れる。しばらくすると焼き石の熱でスープが再び熱くなってくるので、そうなったら後半戦のスタートだ。

    大盛りなどで注文すると食べているうちに自然とスープ自体も冷めやすかったりする。

    最後までしっかりと楽しみたいという人はぜひとも気軽に店員に注文してほしい。

    その際はやけどにだけはくれぐれもご注意を。

    スポンサード リンク



     

    まとめ

    今回は新宿に進出したつけ麺の人気店「つけめんTETSU」を紹介したが、いかがだっただろうか。

    つけめんTETSUでは満足できる味を提供するために様々なこだわりのもと1杯1杯を作っているということを知っていただければと思う。

    つけめんTETSUといえば、今やスーパーなどで販売されているつけ麺の慣習なども行っている。つまり、それだけ人気もあるし、実力もあるということだ。

    ぜひとも一度訪れてその味を堪能してみてほしい。

    【今回紹介した品】

    つけめん              850円

     

    お店情報

    つけめんTETSU新宿京王モール店

    ・住所

    東京都新宿区西新宿1丁目南口地下街1号京王モール

    ・電話番号

    03-5909-8222

    ・営業時間

    10:00~23:30(L.O.23:00)

     

    (写真と文/鴉山翔一)

    ●こちらの記事もいかがでしょうか(広告が表示される時もあります)
    ●スポンサードリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *