新宿の人気店とタイアップしたカップ麺を食べ比べてみた

IMG_6304

お湯を入れて待っているだけでおいしく食べられる事から多くの人から愛されているカップラーメン。

私もちゃんとした食事として食べる時はだいたいいつも同じものを買っていますが、最近は夜食用として家にストックしておける安くかつ味もそこそもなヤツを探すというのが半分趣味となっています。

そんなことをやっている中で、新宿のとある人気店とタイアップしたカップラーメンをスーパーで見つけ、ちょっとした疑問が浮かびました。

現在、新宿のラーメン屋とコラボしたカップラーメンはどんなものがあるのだろう、と。

最近ではカップ麺以外でも有名店とタイアップした商品が多数あります。

全国様々な場所のラーメン屋さんがそういったものを出しているのですから、新宿のお店でもタイアップした商品を出してもおかしくありません。

という事で今回は新宿にあるお店とタイアップしたカップラーメンを3つ紹介していきたいと思います。




・麵屋武蔵

まず1品目はこちらです。

IMG_6311

新宿にある有名店「麵屋武蔵」の「麵屋武蔵節鶏ら~麺」です。

エースコックから発売されているこちらの商品はローソンのカップラーメン「名店シリーズ」のひとつで、値段は216円です。

IMG_6315

ふたを開けると中には液体スープと魚粉が入っています。

この2つはカップにお湯を入れた後、ふたの上に置いて温めておくとスープの油などがいい具合に溶けてくれるので後々楽です。

IMG_6317

4分待ったらふたを開けて先ほどの液体スープと魚粉を入れてかき混ぜまて完成となります。

魚粉を使っている関係上魚介系の香りが強く、食欲をそそられます。

具材は刻みネギの他にひき肉が入っていました。

IMG_6322

麺はよく売られているカップ麺と比べるとかなり太めになっています。

そのため、よりもちもちした食感を持っているように感じました。

 

麵屋武蔵は小滝橋通り沿いにある新宿の人気店の1つです。

IMG_0786

武蔵のラーメンというと、やはり目玉は巨大な角煮でしょうか。

IMG_0747

IMG_0748

看板の名前が入った武蔵ラーメンにはこんな感じの大きな角煮が入っていてとても食べごたえがあります。

このほかにも武蔵ではつけ麺も提供されています。

つけ麺の麺の量は最大で1キロまで注文できるとのことですが、そんな量を一人で食べられるなんていったいどんな人なんでしょう。

正直気になります。

 

・桂花

続いてはこちらです。

IMG_6330

熊本ラーメンとして人気のお店「桂花」です。

思いっきり「熊本本店」と書いてありますが、新宿でも人気のお店という事で今回チョイスしました。

こちらは近所のスーパーで販売されていて、1個188円でした。

ちなみに作っているメーカーはサッポロ一番で有名なサンヨー食品です。

「サッポロ一番」と書かれている熊本ラーメン。

なんかカオスだな……。

IMG_6332

中には火薬、液体スープ、そして味の決め手となるマー油が入っています。

まずは火薬のみを入れた後お湯を注いで5分待ちます。

その後麺をかました後液体スープとマー油を入れて完成です。

IMG_6334

味はかなりクリーミーなとんこつ味です。

ですが通常のとんこつラーメンと異なり、決め手となっているマー油がいい仕事をしてくれています。

IMG_6339

この桂花のラーメンには刻まれたキクラゲのようなものも入っていて麺との食感の違いがおもしろいです。

 

桂花は新宿駅の駅前をはじめとして、合計4店舗あります。

IMG_1118

お店で食べられる桂花ラーメンにはコリコリとした食感を出すために茎わかめが入っています。

また熊本拉麺で重要な要素であるマー油もたっぷりです。

IMG_1085

また桂花にはボリューミーな見た目になった太肉麺(ターローメン)というラーメンもあります。

IMG_1087

先ほどの桂花ラーメンに角煮とたっぷりのキャベツが乗り、食べごたえのある1杯となっています。

新宿駅のそばに来たら食べておきたい1杯です。

 

・麵屋翔

今回の最後を飾るのはこちらのカップ麺です。

IMG_6344

西新宿の人気店「麵屋翔」です。

こちらはファミリーマートやローソンといったコンビニで売っていました。

1個216円です。

こちらの商品はこれまでに紹介した2つと違って、仕上げ用の小袋が中ではなく外側にくっついていました。

IMG_6341

IMG_6345

麵屋翔のカップ麺の待ち時間はこれまで紹介した中では最短の3分です。

3分経ったら仕上げのたれを入れて完成です。

IMG_6348

このカップ麺は塩ラーメンなのでかなり透明感があります。

ですが、そこはさすが麵屋翔の看板を背負っているだけの品というだけあって、とてもおいしいスープになっています。

シンプルな味でありながらも十分すぎるくらい鶏の旨味が濃縮されています。

正直言って、このスープだけで商品化できるんじゃないかとさえ思います。

具材もネギにメンマ、ひき肉といった具合でメインともいえるスープの邪魔をしていません。

個人的には今回の中では一番好きな味です。

 

このカップ麺の元ネタとなっている麵屋翔は西新宿にあるお店です。

IMG_0790

お店の一押しは塩ラーメンです。

鶏の味を引き出した黄金色のスープで作られた1杯はとても高級感のある見た目となっています。

塩ラーメン

鶏が持つ風味を引き出したスープには干しエビがちりばめられていて、芳醇かつ香ばしい香りが鼻に抜けます。

 

このほかにも麵屋翔には魅力的なメニューが多数あります。

例えば、毎週水曜日限定の味噌ラーメンや月に1度限定のラーメンといったものがあります。

媛っこ2

個人的にもこのお店はかなりのおすすめです。

スポンサード リンク



まとめ

今回はカップラーメンとタイアップしたお店と実際の商品の紹介を行っていきました。

いかがだったでしょうか。

ここで紹介したカップラーメンは今回探した中で店頭に並んでいるのを見つける事ができた品です。

もしかしたら今回紹介した品以外にもあるかもしれません。

というか個人的にあってほしい。

理由としてはものすごく単純なのですが、今回見つけた品の中に新宿に本社がある日清の商品がありませんでした。

新宿区に本社があるのだから、そういったコラボ的なものがあってもいいんじゃないかという個人的な願望があります。

(写真と文/鴉山翔一)

麵屋武蔵新宿本店

・住所

東京都新宿区西新宿7-2-6

・電話番号

03-3363-4634

・営業時間

11:00~22:30

 

桂花新宿東口駅前店

・住所

東京都新宿区新宿3丁目25-6

・電話番号

03-3352-4836

・営業時間

10:30~25:00(月~木、土日)

10:30~翌4:00(金曜)

 

麵屋翔本店

・住所

東京都新宿区西新宿7-22-34

・電話番号

03-3364-5787

・営業時間

平日11:00~15:00 18:00~23:00

土日祝:11:00-15:00 17:00-21:00

スープ切れによる変更有り

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*