新宿駅周辺でお手軽に良い肉の日を楽しむなら 鉄板編

IMG_5239

毎月29日が「肉の日」というのは既に知っているという人も多い事でしょう。

ツイッターなどのSNSではこの日になるとさまざまな肉料理の写真がアップされています。

そんな肉の日も年に一度特別な日があります。

それが11月の肉の日です。

11月は特別でゴロ合わせで「良い(11)肉(29)の日」と言われています。

そして今度の「良い肉の日」は平成最後となります。

どこに行っても「平成最後」という文言は聞くかと思いますが、良くも悪くもあと1回しかないとなるとなんか乗っかってみたくなるところがあるというモノ。

というわけでその日までの間、何回かに分けて肉料理を食べるのにオススメの新宿のお店を紹介していきたいと思います。

スポンサード リンク




 

・ハンバーグ編

まずは鉄板ものの代表格ともいえるハンバーグ。

熱くなった鉄板の上で音をたてているハンバーグは年齢に関係なく人気な肉料理の一つと言えるでしょう。

ここで紹介するのは「びっくりドンキー」そして「肉の万世」の2店舗です。

まずびっくりドンキー。

びっくりドンキーは新宿駅周辺には、靖国通り沿いにあります。

IMG_5173

びっくりドンキーにはランチタイムのメニューがあり、平日の11時から17時までに設定されています。

IMG_5175

ハンバーグのトッピングも様々で、大根おろしやたまご、チーズ、パイナップルといった具合にあります。

パイナップルがトッピングされているのってあんまり見ないですけど、海外じゃ有名なんですかね?

ハンバーグ以外にもコンビディッシュというものもありますので、気分によってはこちらもアリかもしれません。

なおランチとセットにできるドリンクはドリンクバーではないので注意が必要です。

IMG_5257

IMG_5259

ランチメニューのハンバーグには揚げたポテトとマッシュポテトらしきものが付け合わせになっています。

これだけのボリュームであるにも関わらず1000円でお釣りも帰ってくるのですから肉の日でなくても手軽に楽しむことができそうです。

 

続いて、肉の万世。

新宿には肉の万世が経営しているレストランがメトロ食堂内にあります。

IMG_5359

店内もどこか昭和チックでおしゃれな喫茶店のような雰囲気を持っています。

ハンバーグk

そしてこれが肉の万世のハンバーグです。

ハンバーグにたっぷりとかかったデミグラスソースが鉄板に熱せられることで起こる「ジュー!」という音を聞けば自然と食欲を掻き立てられることでしょう。

肉の万世のハンバーグにはライスとポタージュがセットでついてきます。

ランチ時であれば通常の時間帯よりも少し安くなりますのでいかがでしょうか。

・ステーキ編

さあ、続いては鉄板系の代表格、ステーキです。

ステーキのお店に関しても2店舗紹介しましょう。

まずは西新宿の一角にある「ル・モンド」。

IMG_1365

新宿マガジンで紹介したのは1年近く前ですが、今でも昼時ともなれば行列ができるお店です。

ル・モンドのステーキは肉の種類が何種類もあり、量はリブロースとサーロインは150グラム、ヒレは110グラムあります。

ちなみに写真のステーキはサーロインの150グラムです。

ステーキ2

ル・モンドではステーキを注文するとライスとサラダがセットになっています。

これで1000円ちょっとなので財布にはだいぶ優しいです。

肉に関しては組み合わせることも可能です。

例えばリブロースとサーロインを組みあせたであれば3合計300グラムで2010円です。

普通に注文すると2160円なので若干お得です。

 

ですが中にはもっとがっつりと肉を食べたいという人もいることでしょう。

そういう人はいきなりステーキというのも選択肢になるかもしれません。

新宿駅周辺にいきなりステーキは新宿三丁目の交差点近くと小田急ハルクの裏の2カ所にあります。

IMG_5162

IMG_5243

いきなりステーキではがっつりとステーキを食べることができますが、グラム当たりの単価はそんなに安くないというのは事実です。

やはりステーキというと肉の量が増えるにつれて金額も高くなってしまうところはあります。

もし少しでもお得に食べたい、という事であればランチタイムはいかがでしょうか。

IMG_5241

いきなりステーキのランチタイムの場合、ワイルドステーキという300グラムのステーキが税抜きで1390円となっています。

ちなみにこちらのメニューはサイズの変更が可能で、200グラムの場合は1130円、450グラムの場合は1850円です。

300グラムでもかなりガッツリした感じがするのに450グラムのステーキとか、どんな人が食うのか正直気になって仕方がない気はします。

IMG_5236

300グラムのステーキともなると絵面もかなり豪快です。

ランチセットにはライスとサラダ、スープがセットでついてきます。

また付け合わせの野菜は通常はコーンなのですが、ジャガイモ、インゲン、ブロッコリーに変更が可能です。

今回はせっかくなのでジャガイモに変更しました。

 

そして肝心の肉ですが、さすがは300グラム。

肉の厚みもかなり増しているので食べごたえもばっちりです。

IMG_5239

200グラムのステーキをライスと一緒に食べていると、ライスを食べ終わる前に肉のほうがなくなってしまいがちですが、300グラムもあるとそんな心配は一切ありません。

「たっぷり肉食った!」という満足感を得られることは間違いないかと思います。

スポンサード リンク




 

まとめ

というわけで肉の日に食べたいグルメ第1弾としてハンバーグやステーキといった鉄板ものを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回は鉄板ものでしたが、今後週1程度の頻度で新宿駅周辺のお店を紹介していきたいと思います。

(写真と文/鴉山翔一)

 

びっくりドンキー新宿靖国通り店

・住所

東京都新宿区新宿5-17-13

 

肉の万世新宿西口店

・住所

東京都新宿区西新宿1-1-2

 

ル・モンド

・住所

東京都新宿区西新宿1-16-11

 

いきなりステーキ新宿西口店

・住所

東京都新宿区西新宿1-4-2

 

いきなりステーキ新宿二丁目店

・住所

東京都新宿区新宿2-5-11

 

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*