様々なものが買える新宿駅周辺の百円ショップはどこにある?

IMG_4054

様々な商品が安く売っている100円ショップ。

公私問わず利用しているという人も多いのではないでしょうか。

普段気にしていない時であれば簡単に見つける事ができる百円ショップですが、いざ必要となった時に探すとなかなか見つからないものです。

そこで今回は新宿駅周辺にある百円ショップについて紹介していきましょう。




1.知らないと辿り着けない新宿のダイソー

まず100円ショップのシェア1位であるダイソー。

新宿駅周辺の街中を歩いているとダイソーの看板を見かけることはまずありません。

それもそのはず。

新宿駅周辺のダイソーは基本的に地下にあります。

ここでは2か所を紹介したいと思います。

まず新宿の地下道の一つ、新宿サブナードの中のお店。

IMG_4054

こちらはサブナードの突き当りにお店があります。

サブナードを歩いていくと端っこなのでかなり面倒な感じがしますが、そういった面倒くさがりな人はこのダイソーの近くにあるエレベーターを使うといいでしょう。

このエレベーターは紀伊國屋書店の漫画やCDを販売している別棟のものですので、楽をしたい人はこのエレベーターを使うといいでしょう。

 

続いて新宿野村ビルの地下2階。

IMG_5253

こちらのお店は知っている人は知っているお店ではないでしょうか。

オフィスビルの下にあるという事もあって、オフィスで使いそうなものが多いです。

 

最後は京王モールアネックス内にある店舗。

京王モールアネックスは京王新線の新宿駅新都心口から京王新線口までの間に続いているショッピングモールです。

この京王モールの中ほどのところにあります。

IMG_5216

ダイソーが他の100円ショップと違うところは、100円以外の商品もいくつかあるという事です。

ダイソーの場合、他の百円ショップと違って200円や300円、500円といった金額の商品が合います。

例えばスマートフォンなどの充電に使用するUSB充電器が販売されています。

IMG_4055

充電器はiPhone用とAndroid用に分かれていますが、基本的には大差ありません。

出力電流が1Aで200円のものと300円になる代わりに出力電流が2.1Aの高速充電対応になったものの2種類があったのですが、iPadやiPhone7以降の充電に適していいないという事で現在は300円の充電器だけが販売されています。

私も使っていますが、外出先で使うためのサブ充電器として十分役に立っています

 

2.新宿がお膝元のキャンドゥ

続いて紹介するのはキャンドゥです。

キャンドゥの店舗は西武新宿のペペの8階、そして新宿警察署の目の前に2フロアのお店の2か所があります。

IMG_4069

ペペのほうのお店は8階という事もあってエレベーターもしくはエスカレーターを使っていくのですが、エレベーターが結構な確率で満員になっている事があります。

なのでエスカレーターを使って売り場まで行くのがいいかと思います。

 

西新宿のお店は新宿警察署の前にあります。

IMG_4071

店内は2フロア構成になっていて、文房具などの事務用品は1階にあり、グラスなどの食器は2階に置いてあります。

 

またあまり知られてないかもしれませんが、新宿にはキャンドゥの本社があります。

3.他の2店舗の痒い所に手が届くセリア

3つ目に紹介するのはセリア。

他のダイソーやキャンドゥと比較するとあまり見かけないかもしれませんが、セリアも新宿にあります。

IMG_4044

セリアがあるのはマルイアネックスの4階です。

セリアもキャンドゥと同じく、すべての商品が1個100円で販売されています。

先の2店舗と違うところは、他の店ではあまり見かけないようなものも100円で販売されている、というところです。

IMG_4041

風水なんかに興味がある人であればわかるかと思いますが、いわゆる盛塩を作るための道具なんかも売っていたりします。

やっぱ需要あるんですかね……。

またこれも個人的な印象ではありますが、セリアは他の百円ショップと違っていわゆるDIYをやるためのアイテムが多いという印象を受けました。

百均で売っているアイテムで試し簡単なのからやってみたいという人はここで材料を探してみてはいかがでしょうか。

 

4.いろんなものが300円から売られているスリーコインズ

最後に紹介するのは100円ショップとは似たカテゴリのスリーコインズです。

IMG_5247

IMG_5248

スリーコインズの店舗はルミネエストの3階、そしてJR新宿駅南口のコンコースの中にあります。

スリーコインズはダイソーなどと違って1個300円から販売しています。

そのため100円ショップのものよりも作りが良くなっているものもあったりします。

例えばiPhoneの充電に使用するlightningケーブルは100円ショップのだと端子の部分が樹脂製で片面にしかパターンがないので機能も充電のみとなっています。

対してスリーコインで販売されているケーブルは端子の部分が金属製かつパターンも両面にあります。

なので充電だけでなくデータの通信ができます。

ちなみに某電器屋で売っているケーブルは大抵1000円以上しますので、かなりお得だとご理解いただけるかと思います。

スポンサード リンク



 

まとめ

昔は100円ショップの商品というとあまりいい品がないというイメージがありましたが、最近はサプリメントなんかも扱うようになったりしているところもあり、コストパフォーマンスが良くなっています。

そういった事もあってか雑誌やテレビなどでも百円ショップで購入できるアイテムが紹介されることも珍しくなくなってきています。

宝探しでもする感覚でたまには百円ショップに足を運んでみてはいかがでしょうか。

(写真と文/鴉山翔一)

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*