新宿南口の沖縄料理店「ぱいかじ」に行ってみた

5

沖縄料理プロジェクト11軒目は、

新宿南口にある「沖縄酒場ぱいかじ」

「ぱいかじ」とは沖縄・八重山の方言で、南の風という意味らしい。

風のことを「かじ」というわけだな。

 

さてさて、「沖縄酒場ぱいかじ」には、どんな風が吹くのやら。

今回は西新宿に住むミリオネア夫婦の夫だけで、ランチに行ってみた。

 

スポンサード リンク



 

■JR新宿駅南口改札から徒歩5分

 

もしかすると、足の速い人なら5分もかからないかもしれない。

 

「沖縄酒場ぱいかじ」の住所は、

東京都新宿区新宿4-1-9 新宿ユースビル 3F

 

地図を見てもわかる通り、駅からかなり近い。

新宿の南口は、バスタ新宿ができて、人の流れが変わった。

高島屋や東急ハンズもある。

15

まずは、JR新宿駅の南口を出た。

ここは歩道がかなり広いが、休日になると、ここに人があふれる。

そして、甲州街道という大きな道路があって、ここの交通量も多い。

2

この歩道を四谷方面へちょこっと歩く。

すると、すぐに、下へ降りるエスカレーターがある。

もちろん、階段もあるので、健脚の人は、ぜひ階段を駆け下りていただきたい。

8

このエスカレーターを降りたところで、よくティッシュ配りをしていることがあるので、

ここでしっかりとティッシュを受け取っておこう。

食事のとき、ティッシュは何かと便利だからな。

 

3

エスカレーターを降りると、甲州街道の下をくぐる道がある。

この道の向こうに高島屋や東急ハンズがある。

この甲州街道の下をくぐると、右手に高島屋がある。

その向かい側。

つまり、左手のビルの3階のガラスに「沖縄酒場ぱいかじ」と

目立つ黄色い看板が見える。

13

このビルのエレベーターに乗って3階へ行く。

エレベーターの扉が開くと、「沖縄そば/めんそーれ」という看板が出迎えてくれる。

その横にガチャガチャがある。

11

 

夜の19時くらいに来ると、ここにお客があふれていてウェイティングとなる。

待ってる間にガチャガチャをやってみるといいかもしれない。

沖縄にちなんだおもちゃが出て来る。

20

 

■沖縄の雰囲気満載の店内

 

店のなかに入ると、沖縄の雰囲気が満載だった。

沖縄気分が味わえて、この雰囲気はなかなかいい感じだ。

沖縄の石垣島あたりにある民家の瓦をモチーフにした屋根がある。

7

 

席には、民家の壁をイメージしたしきりがあって、半個室になっている。

これは静かに会話ができるので、ポイント高いかも。

靴を脱いで入る席と、脱がないでもいいテーブル席とがある。

1

 

夫は1人で入店したのだが、靴を脱いで入る、掘りごたつ式の席へ案内された。

沖縄の民家の塀みたいなのがあるので、しんみりと会話するにはいいかもしれない。

これはデートに使える。

もちろん、グループで来るのも悪くない。

10

ただ、カウンターがないので、夜に1人で来るのは、ちょっと苦しいだろう。

夫は13時ごろに「沖縄酒場ぱいかじ」へ入った。

5割くらいが空席だったので、1人でも、落ち着いて食事することができた。

 

駅からこんなに近い場所だから、行列が出来ていることを覚悟していたのだが、

すんなりと入ることができた。

食べログの口コミを見ても、ランチ時にすんなり入れると書いたあったので、

これは毎日のことなのだろう。

12

 

■食事メニューはかなり充実している

 

ランチメニューを見てみると、かなり充実している。

16

 

  • ごーやちゃんぷる定食 980円

ミニ沖縄そば・白米・小鉢1個・

サーターアンダギー

 

  • ふーちゃんぷる定食

ふーちゃんぷる定食           890円

ミニ沖縄そば・白米・小鉢1個・

サーターアンダギー

 

  • トロトロ軟骨ソーキそば(じゅーしー御飯付き)            780円

 

  • 沖縄そば(じゅーしー御飯付き)        750円

 

  • 石焼タコライスセット       890円

アーサ汁・小鉢1個・サーターアンダギー

 

  • 唐揚げ定食           880円

アーサ汁・白米・小鉢1個・

サーターアンダギー

 

  • ポーク玉子定食    750円

アーサ汁・白米・小鉢1個

サーターアンダギー

 

  • うちな~そば御膳              1,280円

沖縄そば・じゅーしー・もずく・

ラフテー・トロトロ軟骨ソーキ・

刺身・ミミガー・サーターアンダギー

 

  • ちゅら海御膳       1,380円

ゴーヤーチャンプルー・白米・アーサ汁・

刺身・海ぶどう・アーサ天ぷら・ミミガー・

もずく・サーターアンダギー

※+100円で白米から「じゅーしー」に変更可。

 

  • ぱいかじ御膳       1,580円

ゴーヤーチャンプルー・白米・アーサ汁・

トロトロ軟骨ソーキ・ラフテー・刺身・

もずく・ミミガー・アーサ天ぷら・

サーターアンダギー

※+100円で白米から「じゅーしー」に変更可。

 

※全てのメニューにドリンク付き!

◆コーヒー(ホット/アイス)

◆アイスティー

◆さんぴん茶

◆シークヮーサージュース

 

スポンサード リンク



夫はさんざん悩んだあげく、「日替わりランチ 950円」にした。

この日の日替わりランチは「沖縄ちゃんぽん定食」だった。

沖縄風の野菜炒めだね。

6

 

■料理の味はまあまあかな

 

食べログの口コミを見てみると、味がイマイチだったり、店員の接客が悪いとか、

かなり辛口コメントがたくさんあった。

 

すいていたせいか、店員のサービスは悪くなかったし、さほど気になることはなかった。

男性店員がキビキビと動いていた。

9

果たして、どんな料理がやってくるのか?

しばらくして「沖縄ちゃんぽん定食」がやってきた。

 

まずは、アーサ汁からいただきましょう。

アーサ汁というのは、ヒトエグサという海藻と島どうふの入ったお吸い物。

「ん?」ちょっとぬるいかな。

しかも、味がかなり薄い。

夫は薄味が好きなのでちょうどいい感じなのだが、濃い味を期待している人には、

ちょっと物足りないかもしれない。

 

小鉢にミミガーをマヨネーズのようなドレッシングで和えたものがあったが、

これもちょっと薄味。

ま、コリコリとしておいしかった。

 

小鉢がもう1つ。赤身マグロの刺身があった。

ちょっと筋張ったマグロだったかな。

14

メインの「沖縄ちゃんぽん」は、悪くない味だった。

親子丼風になっていて、ちゃんぽんの下からご飯が出てくる。

ま、普通といえば普通。どこにでもある味ってところかな。

 

週替わりの「贅沢そば」のほうがよかったかなぁと後悔。

選択ミスだったかも。

 

スポンサード リンク



 

■まとめ

 

グループでワイワイやるときには、いいかもしれない。

しかし、自分が仲間を誘うとき、何て誘うかなぁと考えてみた。

 

申し訳ないが、

「チョーおいしい沖縄料理屋さんがあるんだけど、行かない?」

とは言えないなぁ。

 

もし仲間を誘うとしたら、

「沖縄の雰囲気が味わえる店があるんだけど、行かない?」

と言うだろう。

 

果たして、この誘いで、何人が「行く、行く!」と言うだろう?

そういうことで、新宿マガジンとしては星3つ。

 

★★★

 

18

 

ぱいかじ新宿新南口店

 

  • お問い合わせ

050-5595-4575

  • 住所

東京都新宿区新宿4-1-9 新宿ユースビル 3F

  • 交通手段

山手線新宿駅より徒歩2分

京王線新宿駅より徒歩2分

東京メトロ丸の内線新宿駅より徒歩2分

新宿駅から254m

  • 営業時間

[月~金]

ランチ 11:30~15:30 (L.O.15:00)

ディナー17:00~翌5:00 (L.O.4:00)

[土・日・祝]

ランチ 11:30~15:30 (L.O.15:00)

ディナー 16:00~翌5:00 (L.O.4:00)

  • 定休日

無休

  • 席数

128席

(テーブル52席、座敷60席、掘りごたつ席)

  • 禁煙・喫煙 全面喫煙可

ランチタイムは分煙

 

(写真と文/ブッダ猫)

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*