新宿3丁目の沖縄料理店「かりゆし」へ行ってみた!

4

新宿区内の沖縄料理店を食べつくすプロジェクトの

9軒目は新宿3丁目の「かりゆし」

「かりゆし」とは、沖縄の方言で「めでたい」という意味。

 

「かりゆしウェア」というファッションの名前にもなっている言葉だ。

「かりゆしウェア」を直訳すると「おめでたい服」となる。

ま、とにかく沖縄の人はめでたいことが大好きなのだ。

 

果たして、新宿3丁目の沖縄料理店「かりゆし」には、

どんなおめでたいことが待っているのか?

西新宿に住むミリオネア夫婦が行ってみた。

 

スポンサード リンク



 

■東京メトロ「新宿3丁目駅」から徒歩7分くらい

 

ネット情報によると、東京メトロ「新宿3丁目駅」から徒歩1分と書いてあった。

ちょっと待てよ!

いくらなんでも1分では行けない。

 

2

以前、新宿マガジンで紹介した

「海森」と「城(ぐすく)」と同じ路地に「かりゆし」はある。

 

「海森」の記事はこちら≫≫

 

「城」の記事はこちら≫≫

 

「海森」や「城」のほうが、よほど駅に近い。

「新宿3丁目駅」からせいぜい歩いて7分くらいだろう。

 

住所は、

東京都新宿区新宿3-10-10 要会館 B1F

 

ここの路地は何度も来ているので、ミリオネア夫婦は迷うことはない。

前から「かりゆし」は気になっていて、「いつか行かなきゃね」って、言っていたのだ。

18

紫色の看板がやけに目立つ。

 

6

足元の看板は白地に青い文字で「沖縄料理・かりゆし」と書いてある。

入り口にタバコの自動販売機があり、その横に階段がある。

階段が狭いので、もしかすると見落とすかもしれない。

11

階段を降りて、地下に入っていくと、店内は広くて開放感がある。

靴を脱いで店内に入っていく。

カウンターと座テーブル、それに沖縄民謡のステージがあった。

1

ウミガメのはく製も見事だ。

沖縄ではウミガメは神さまの使いだと信じられていて、大変、縁起のいい生き物だ。

また、甲羅が美しく輝いていて、健康長寿を暗示しているようだ。

ウミガメの甲羅をしっかり見ておけば、その日の夜には、亀の夢を見るはず。

亀の夢は吉夢。

夢に亀がたくさん出てきたら健康長寿だけでなく、大金持ちになる前兆。

 

「こういう雰囲気、好きだなぁ」

と夫が目を輝かせる。

「有名人の色紙があるよ」

と妻が、ガレッジセールの色紙を見つけた。

「ゴリさんとか、この店に来てるんだねぇ」

と夫。

 

17

 

 

■お客同士がすぐ友だちになるような雰囲気

 

若い女性店員が席に案内してくれた。

座テーブルの席だ。

 

「意外に、女性客が多いね」

と夫が周囲を見回す。

7割がたは女性客だった。

 

夫婦が座った隣は、女性のグループ客で、泡盛をガンガン飲んでいた。

その向こうの座テーブルも女性だけのグループ客だ。

あとは、男女混合のグループ。

カウンターに若いカップルがいた。

3

「カウンターがあるから1人飲みにも使えるね」

と妻がカウンターを見る。

年配の男性客が1人で飲んでいるようだが、隣のカップル客と、

なにやら楽しそうに話していた。

 

「沖縄料理店って、どこもそうだけど、お客同士が友だちになっちゃうような雰囲気があるよね」

と夫が言う。

「沖縄民謡の生演奏がはじまると、たぶん、みんな踊り出すんじゃない?」

と妻が嬉しそうに言う。

13

実際、隣の座テーブルに、男女混合の中年グループがやってきたとき、

1人の男性が、いきなりミリオネア夫婦に話しかけてきた。

 

そして、いつの間にやら、打ち解けた感じになり、みんなが笑い出し、

ついには、一緒に乾杯する仲になってしまった。

どういうことだろう?

この店の魔力なのか?

沖縄の魅力なのか?

「かりゆし」は、そういう店だ。

16

 

■ハブ酒に体がカッカと火照ってしまった!

 

この日、夫婦が飲んだお酒は、

 

・泡盛 南風43度  1,000円

 

・ハブ酒       1,000円

 

スポンサード リンク



どちらも、胸がカーッと熱くなる!

喉元を熱い液体が通り過ぎたあとは、体じゅうがカッカと火照ってくる。

これぞ、沖縄!

これぞ、泡盛!

やったね!

10

酔いが一気に回ってきた。

「愛してるよん」

と赤い顔をして夫が言う。

「私も、愛してるよぉ~~」

と妻が答える。

座テーブルの対面に座っているので、手を伸ばして夫婦は指をからめる。

 

「ラブラブですねぇ」

と隣のグループ客が冷やかす。

「ええ。私たち、新婚なもんですから」

と妻が応じる。

「1年半前に結婚したんですけどね」

と夫。

「私たち、10年までは新婚だと思ってるんで。そして、10年過ぎたら、また、新たな新婚になるんです」

と妻が笑う。

19

 

■おつまみは「トウフヨウ」と「わたがらす」

 

「つまみは、何にする?」

「お腹、すいてないので、軽くトウフヨウとかでいいんじゃない?」

と妻。

15

・トウフヨウ  400円

 

「豆腐よう(トウフヨウ)」は、島豆腐を米麹、紅麹、泡盛で発酵・熟成させた発酵食品だ。

中国や台湾の「腐乳」は、雑菌の繁殖を抑えるために塩漬けにするのに対して、

「豆腐よう」は泡盛漬けにする。

 

「かりゆし」のトウフヨウは、かなり濃厚。

堅さも十分。

匂いもキツイ!

これぞ、トウフヨウって感じ。

 

豆腐というよりも、チーズに近い食感であることは、

沖縄料理マニアの方々はすでにご存知のはず。

お腹がすいたときにバクバク食べるようなものじゃない。

 

少しずつ崩して、舐めながら口に入れる。

すると、口のなかに濃厚な麹の香りが広がるのだが、この匂いが泡盛と相性がいい。

トウフヨウの香りが漂う口の中へ、キツメの泡盛を流し込めば、喉から胸にかけて、

幸福感が広がって行く。

「やっぱり、泡盛にトウフヨウは合うよね」

と妻がグラスを傾ける。

20

 

「この、わたがらすって何? スクガラスは沖縄料理でよく出て来る、豆腐の上に塩辛い小魚が乗ったやつだよね」

と夫が質問する。

「わたがらすはね。カツオの塩辛」

と妻は素っ気なく答える。

8

・わたがらす   300円

 

それから、ヒラヤーチも頼んだ。

これは、沖縄風お好み焼きとメニューには書いてあるが、

広島のお好み焼きをイメージしてはいけない。

どちらかというと、韓国料理のチヂミに近い。

 

・ヒラヤーチ  650円

7

スポンサード リンク



 

■まとめ

 

入店したのが22時を過ぎていたので、島唄ライブは見ることができなかった。

どんな雰囲気になるのか気になるところだが、

たぶん、盛り上がるのだろう。

 

毎週日曜日に三線教室もやっているらしい。

マジで教室に入ろうかなと思ってしまう夫だった。

 

1人飲みもできるし、グループでもOK、デートにも使える。

料理もまずまずおいしかった。

雰囲気も最高!

新宿マガジンとしては星4つを進呈しよう!

 

★★★★

 

14

 

沖縄料理 かりゆし

 

  • お問い合わせ

03-3341-3179

  • 住所

東京都新宿区新宿3-10-10 要会館 B1F

  • 交通手段

新宿三丁目駅徒歩1分

新宿三丁目駅から200m

  • 営業時間

17:00~24:00(L.O.23:00)

  • 定休日

月曜日

  • 席数

60席

  • 全面喫煙可

 

(写真・ブッダ子猫/文・ブッダ猫)

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*