西新宿の沖縄料理店「てぃーだ」へ行ってみた!

1

新宿区内の沖縄料理店をめぐるプロジェクトの

6軒目は「てぃーだ新宿西口店」だ。

今回はミリオネア夫婦の夫だけがランチに潜入してみた。

 

都内で5店舗ほど展開しているチェーン店だけあって、

安定した食材と豊富な酒の種類はさすがだ。

 

妻のほうは、何度か行ったことがあり、

「まあまあかな」

という辛い評価。

 

いやいやチェーン店の底力を侮るなかれ。

個店には、逆立ちしてもできないようなことが、チェーン店だからこそできる

ということがいっぱいあるのだ。

 

ちなみに、「てぃーだ」とは、どういう意味は、

賢明なあなたらご存知だろう。

そう、沖縄の方言で「太陽」という意味だ。

 

 

スポンサード リンク



 

■「てぃーだ新宿西口店」は青梅街道沿いにある

 

食べログを見ると、JR新宿駅の西口改札から徒歩5分と書いてあるが、

絶対に5分ではたどりつけない。

いや競歩の選手は別だ。

 

迷ったら、30分だって1時間だって、この界隈をグルグル回ることになるだろう。

オフ会やデートでお店に集合するとなると、

迷う人が必ず出てくるはずだ。

 

住所は、

 

東京都新宿区西新宿7-12-3 西新宿佐藤ビル B1F

 

迷わず「てぃーだ新宿西口店」へ行くために、

JR新宿駅西口からの行き方を解説しよう。

 

まず、新宿駅の西口改札から地上へ出る。

地上へ出る方法がわからない人はこちらのページを参照。

 

 

5

地上へ出たら、小滝橋通りを大久保方面へ向かって歩く。

ユニクロの前を通り、思い出横丁のゆるやかな坂道を降りていくと、

ガード下の交差点へたどり着く。

 

8

この交差点を、渡って、コンビニの「デイリーヤマザキ」の方へ行く。

この歩道には「ヤマザキ」「サードバーガー」「ベローチェ」と店が並んでいる。

 

2

この大きな通りが青梅街道だ。

青梅街道の歩道を、中野方面へ向けて歩けばいい。

河合塾が見えてくるが、それも乗り越えて歩く。

 

20

青梅街道には、末広がりの形をした高層ビル「安田生命ビル」がある。

このビルの反対側の歩道だと覚えておくといいかもしれない。

 

15

すると、この新宿マガジンでも紹介した「タカマル鮮魚店」の看板が見えてくる。

⇒「タカマル鮮魚店」の記事はこちら≫≫

 

 

19

この「タカマル鮮魚店」の手前のビルの地下に「てぃーだ新宿西口店」がある。

看板には「沖縄ダイニング・てぃーだ」と書いてある。

入り口付近に沖縄らしきデコレーションがあるが、玄関は狭いので見落とす可能性がある。

22

「昼呑み大歓迎」と大きな黄色いポスターがあるが、

昼間から酒を飲む人たちがいるのだろうか?

 

21

 

■地下に降りていくと泡盛の一升瓶が出迎えてくれる

 

地下の階段を下りていくと、

泡盛の棚が見えてくる。

 

棚の向こうに掘りごたつ式の席が見える。

10人くらいのグループでワイワイできそうなスペースだ。

沖縄コミュニティのオフ会で盛り上がれるかも。

 

18

ミリオネア夫婦の夫が入店したのは月曜日の12時30分ごろ。

お客はまばらで、空席が目立った。

店内に入ると、若い女性の店員が「いらっしゃいませ」と笑顔でやってきて、

テーブル席に案内してくれた。

好感の持てる接客だった。

4

 

 

 

■選べるランチメニューがありがたい

 

・選べるランチセット  800円

 

この選べるランチセットというのが、ネット情報にはなかったので、

たぶん、最近、はじめたことかもしれない。

7

ランチセットのメインディッシュは5種類のなかから選ぶ。

「ゴーヤチャンプル」

「ポーク玉子チャンプル」

「フーチャンプル」

「島豆腐チャンプル」

「人参シリシリ」

 

そして、麺は「沖縄そば」「ソーキそば」「琉球担々麵」のなかから選ぶ。

さらに、ライスかサラダを選ぶ。

小鉢も4種類から選ぶことができる。

 

人生は選択の連続なのだ。

学校はどこを選ぶのか、会社はどこを選ぶか、結婚相手は誰を選ぶか、

それで、幸不幸が決定する。

 

結局、夫は、「島豆腐チャンプル」と「ソーキそば」「サラダ」

そして小鉢は「クーブイリチ」を選んだ。

公立中学と公立高校とを選んだ夫の平穏無事なチョイスだ。

 

ちなみに、「クーブイリチ」とは昆布の炒め物のことだ。

沖縄の方言で「クーブ」とは昆布、「イリチ」とは炒め物のことをさす。

低カロリーで食物繊維とミネラルが豊富で体にいいのだ。

 

 

 

■ヘルシーな沖縄料理に大満足

 

全体的に上品な薄味で、ミリオネア夫婦の夫の好みにぴったりだった。

昨今は、激辛やらスイーツやら、大味な料理が目立つが、

やはり、食材本来のうまさを引き立てるには薄味でなければならない、

というのが夫の持論だ。

 

「てぃーだ新宿」はまさに、夫好みの味付けだといえる。

13

まずは、「島豆腐チャンプル」を食べてみた。

島豆腐の白い肌に、妻を思い出してしまう。

はじめて妻と接吻したときのように、ほろ苦くて淡い味が口のなかに広がる。

マズい!

 

1人でのびのびと自由にランチを楽しむはずが、

やはり、妻のことを思い出してしまうのだ。

夫が結婚相手に選んだ女性は、間違いない。

これだけは、絶対に人生最高の選択だった。

 

12

次はソーキそばを試してみた。

この出汁は、ゴクゴク飲める。

昆布とカツオがよくきいている。

 

それに、このソーキはただモノではないぞ!

プルンプルンじゃないか!

11

思わず、夫は妻にメールを打つ。

『ここのソーキそばは絶品ではないか!』

すぐに妻から

『そう?』

と返ってきた。

 

■泡盛の種類がかなりあった!

 

夜のメニューはどうなっているのか、メニューブックを探ってみた。

すぐに目に付いたのが、泡盛の利き酒だ。

 

3

1200円で、好きな泡盛を3種類選べるらしい。

10種類ある泡盛のなかから選ぶらしいが、

これは泡盛好きにはたまらないシステムだ。

 

その他の泡盛リストを見てみると、かなりたくさんあって、

珍しい銘柄もあった。

これはポイント高いぞ!

6

料理もかなり豊富だ。

全部試してみたいところだが、それほど胃袋は大きくない。

14

メニューブックを探っていると、小さな冊子があった。

これは、どうやらメニューではないらしい。

沖縄の方言やら沖縄料理のことやら、沖縄で取れる魚のことやら、

とにかく、沖縄に関する豆知識を詰め込んだ冊子だ。

17

これは眺めているだけで楽しい。

テーブルトークも、これで盛り上がるではないか。

なるほど、この店も企業努力しているということだ。

スポンサード リンク



 

■まとめ

 

料理はうまい。

店の雰囲気もいい。

接客サービスも悪くない。

 

個室やテーブル席も充実している。

料金もリーズナブルだ。

 

ただ、他店との差別化がちょっと見えてこなかった。

その点を考慮して、新宿マガジンとしては、星3つだ。

 

★★★

 

9

 

琉球・梅酒ダイニング てぃーだ新宿西口店

 

  • お問い合わせ

050-5869-3849

  • 住所

東京都新宿区西新宿7-12-3 西新宿佐藤ビル B1F

  • 交通手段

JR新宿駅西口 徒歩5分

地下鉄丸ノ内線新宿駅A18番出口 徒歩5分

地下鉄都営大江戸線・新宿西口駅D4番出口 徒歩5分

西武新宿線西武新宿駅 徒歩5分

 

新宿西口駅から225m

  • 営業時間

ランチ

[月~金] 11:00~15:00

ディナー

[月~木・土] 17:00~24:00

[日・祝] 16:30~23:30

[金・祝前] 17:00~翌1:00

  • 定休日

年末年始12月31日~1月3日

  • 席数

70席

  • 個室

(4人可、8人可、20~30人可、30人以上可)

 

 

(写真と文/ブッダ猫)

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*