人生最高級のカレー「パトワール」

8

西新宿に住むミリオネア夫婦の妻が電話で、

「この店、チョーヤバイよ! 人生のなかで一番うまいカレーだって!」

と絶叫した。

カレーにはうるさい妻がそう言うのだ。

 

 

どんなにうまいのか?

チョー気になる!

気になるといてもたってもいられなくなり、夜の西新宿から代々木に、

夫婦で向かった。

スポンサード リンク



 

■ランチ時はチョー満員

 

「パトワール新宿店(POTOHAR)」の場所は、甲州街道沿いだ。

文化服装学院のでっかいビルを通り過ぎた、歩道橋の下あたりにある。

1

 

住所は、

東京都渋谷区代々木3-23-5 TKビル 1F

 

ネット情報によると、JR新宿駅南口から徒歩10分とあるが、

とうてい10分では歩けないだろう。

20分から30分はかかるはず。

2

 

外見はラーメン屋のような雰囲気。

たぶん、昔はラーメン屋だったのだろう。

4

 

オレンジ色のテントに「POTOHAR」とある。

パトワールと読むらしい。

さらに「インド料理/インドカレーとナンの店」と書いてある。

 

食べログを見ると、口コミは高評価のコメントが多い。

もちろん、星を1つしかつけていない人もいたが、味は好み次第だ。

 

ネット情報によると、インド料理とパキスタン料理の店らしい。

九州料理と沖縄料理が合体したようなものか?

 

妻は、友人に誘われて、「パトワール新宿店(POTOHAR)」へ、

ランチ時に来たという。

 

7

ランチ時の店内は満席状態だったので、カバンを壁にかけたのだと妻は言う。

 

チョー満員で入れなかったので行列に並んだ。

満員といってもカウンターだけの10席しかない。

 

店員はインド人なのか、パキスタン人なのかわからない男性が3人で回していた。

3

 

■ランチは日替わりメニューがお得

 

妻は日替わりメニューを頼んだのだという。

月曜日だったので、「ナスキーマカレー」と「豆カレー」の2種類のカレーに、

本日のスープとサラダ、ナン、ライス、食後にラッシーかアイスティがつく。

 

・日替わりスペシャル   1,000円

 

5

サラダは甘酸っぱいドレッシングがかかっている。

辛いカレーにちょうどいい甘さだ。

 

「何と言っても、具が多いのよ。いままで、食べてたカレーが嘘みたい」

と妻は言う。

味も抜群。人生最高のカレーだという。

 

しかも、妻が食べているときに、常連客と思われる男性2人が、

甲州街道に車を横づけして店に入ってきたのだ。

そして、メニューも見ないで、「マトンとキーマとチキン」と呪文のように注文した。

この常連客の様子を見て、妻は、この店はただモノじゃないと確信した。

 

それで夫に、「この店、スゴイって!」と興奮ぎみに報告したのだ。

 

 

■カレーに一家言ある妻が認めた店とは?

 

妻の実家は西葛西にある。

 

西葛西は「リトルインディア」と呼ばれるほどインド人が多く住んでいる街だ。

40年前から「西葛西」で暮らしているジャグモハン・チャンドラニさんが、

東京におけるインド人コミュニティーの〝お父さん〟的な存在なのだ。

 

それで、多くのインド人がチャンドラニさんを頼って西葛西に住むようになったのだという。

だから、西葛西にはインド料理店が多い。紅茶の専門店もある。

 

12

10代のころ、妻は、この「リトルインディア」に住んでいた。

だから、本場のカレーをいっぱい食べて育った。

しかも、北海道発のスープカレー屋でバイトをしていた経験もある。

妻はカレーには、かなりこだわりがあるのだ。

 

そんな妻が「人生最高のカレーだ!」という。

いったい、どんだけ、おいしいのか?

気になってしょうがなくなった夫は、その日の夜、妻を誘って、

「パトワール新宿店(POTOHAR)」へ向かった。

 

妻は、1日に2度、来たことになる。

 

11

 

■まずはマハラジャ・ピルスナーで喉を潤す

 

夫婦が「パトワール新宿店(POTOHAR)」に入ったのは、

夜9時ごろだった。

 

お昼とは打って変わって、お客は1人もいなかった。

16

 

夫婦でカウンターに座り、まず目についたのが「マハラジャ・ピルスナー」というPOP。

「まずは、ビールでも飲みますかね」

と夫が言い、「マハラジャ・ピルスナー」を注文した。

 

・マハラジャ・ピルスナー   600円

 

9

330mlの小瓶だ。

夫婦1杯ずつで乾杯した。

このビールは、クリーミーでまろやかな香りがするので、カレーに合うかもしれない。

 

 

■ディナーにもセットメニューがある

 

「さて、カレーはどれにするかなぁ」

と夫はメニューを眺める。

10

いろいろとインド料理が並んでいるが、目的はカレーだ。

結局は、ナンも食べてみたいし、サラダも欲しい、ラッシーも飲んでみたい。

そうなるとセットメニューがお得だ。

 

ランチとは、少し高めの値段だが、ディナーにもセットメニューがあった。

いろいろ悩んだあげく「野菜とチキン」の2種類のカレーが楽しめるセットにした。

 

15

まずは、サラダがやってきた。

「これは、ランチセットと同じサラダだね」

と妻が言う。

甘酸っぱいドレッシングがかかったサラダだ。

 

しばらくして、大判のナンが乗ったセット皿がやってきた。

ライスとスープもついている。

「ナンがデカいね」

と夫がびっくりする。

「もちもちしておいしいよ」

と妻。

 

19

ナンをちぎって、チキンカレーをつけて口に運ぶ。

「ん?」

あまり辛くない。

と思ったら、あとからジワ~~と辛さがやってくる。

インドカレーの割には、ちょっとスパイシーさが欠けるかもしれない。

 

でも、待てよ。

このチキンの大きさは半端ない。

野菜カレーも、大きな人参やジャガイモが入っている。

具が大きいのだ。

「パクチーの香りがして、私好みなのよ!」

と妻は夢中でカレーを食べる。

お昼も食べたのに、夜も、そんなに食べられるとは・・・。

「でもね。人生最高のカレーというほどのものじゃないと思うけどなぁ」

と夫が申し訳なさそうに言う。

 

 

■食後にチャイが出てきた!

 

夫婦が食べている間に、カレー弁当を買うお客が2人ほどやってきた。

弁当が出来上がるまで待つことになるのだが、その間、チャイが提供される。

お客はチャイを飲みながら弁当が出来上がるのを待つ。

 

カレーを食べ終えて、お会計をお願いすると、チャイがでてきた。

甘くておいしいチャイだった。

18

「こういうのって、ポイント高いでしょ」

と妻がカップを口に運ぶ。

 

夫婦が2人で、1人前のディナーセットを分け合って食べたのだが、

サービスのチャイは2つ出てきた。

「こういうところが人気の秘密なのかもね」

と夫が言った。

 

スポンサード リンク



 

■まとめ

 

「パトワール」というのは、パキスタンの地方の名前らしい。

看板にはインド料理と書いてあるが、パキスタン料理専門店なのかもしれない。

吉祥寺にもお店があるらしいが、もしかするとオーナーはパキスタン人なのかも・・・。

 

ま、パキスタンカレーもインドカレーもさほど違いはないみたいだ。

 

ナンが食べきれなかったので、アルミホイールをもらって、持ち帰った。

 

20

 

パトワール新宿店(POTOHAR)

 

  • お問い合わせ

0066-9712-596415  powered by locaLPlace

  • 住所

東京都渋谷区代々木3-23-5 TKビル 1F

  • 交通手段

都営地下鉄新宿線、京王新線【新宿駅】徒歩5分

都営地下鉄大江戸線【新宿駅】徒歩7分

JR各線【新宿駅】南口/新南口 徒歩10分

南新宿駅から534m

  • 営業時間

11:00~翌3:00

  • 定休日

年中無休

  • 席数

10席

  • 全面喫煙可

ランチタイム全面禁煙

 

(写真・ブッダ子猫/文・ブッダ猫)

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*