大久保の沖縄料理店「Wa!」へ行ってみた!

9

沖縄料理プロジェクトの3軒目は大久保通りにある、

「Wa!」だ。

 

この店は、たぶん、誰が行っても

沖縄料理店ベスト3には選ばないだろう。

ただ、店の人と友だちになって、

友だちんちに遊びに行くという感覚が好きな人は、

ドンピシャだろう。

 

しかし、そんな店を求めている人が何人いるだろうか?

 

スポンサード リンク



 

■大久保通りの賑やかな地域から離れていく!

 

JR大久保駅の北口改札を出て、

大久保通りをひたすら中野方面へ歩く。

 

北新宿1丁目の交差点も、すぎて、ひたすら中野方面へ進む。

しばらく歩くと、飲食店も少なくなり、コンビニが目立つようになる。

賑やかな地域からだいぶ離れていく。

弁当屋さんやら八百屋さんやらがある。

8

そして、左側の歩道に100円ローソンがあり、

その隣に「Wa!」という赤い看板が見えてくる。

オリオンビールのボンボリが壁に垂れ下がっている。

 

6

メニューが窓ガラスに貼ってある。

いかにも素人が作ったようなメニュー。

手書きで「焼き島らっきょ 540円」とある。

小学生が描いたような絵が、また、素朴でいい。

「ちょい飲み生」という下手くそな字にも味わいがある。

小さいことにはこだわらない沖縄人の匂いがする。

5

「なんでも、てぇーげーだから」

とミリオネア夫婦の妻が言う。

「てぇーげー?」

と夫が聞き返す。

「何でも大雑把で、適当だってこと」

「たしかに、沖縄の人って、そういうところあるよね」

 

■わずか2坪の狭小店舗に2人のスタッフ

 

店内に入るとクーラーが効いててひんやりとする。

「いらっしゃい」

と男の人が2人、声をかける。

どっちがマスターなのかわからない。

年齢も、30代なのか、40代なのか、50代なのか?

年齢不詳の2人だ。

鉢巻のお兄さんと、帽子のお兄さん。

7

 

脱サラして、2人で店を開いたのだという。

そして、2人とも沖縄出身者。

 

「Wa!」という店名は、2人の名前から取ったのだそうだ。

2人の名前を聞いたのだが、忘れてしまった。

てぇーげーに聞いていたみたいだ。

 

カウンターが4席あるだけの小さな店。

「冷蔵庫の上で1人飲みできるさ。

それに、端っこで立ち飲みだったら2人立てる。だから、全部で7人は入れる」

と帽子のお兄さんが笑う。

 

「この店に、7人も入ったら、息ができなくなるでしょ」

と夫が突っ込むと

「いやいや、この階段に座って飲めばいいから、あと2人はいけるよ」

と妻はまんざらでもない様子。

「マジ?」

「沖縄の人は、それでも楽しく飲めるさ」

と妻。

1

オープンして、まだ1年も経っていないので、真新しい感じがする。

壁のペンキ塗りなどは、自分たちでやったらしくて、ところどころダマになっている。

 

 

■狭い店内を階段がさらに狭くしている

 

それでなくても狭い店なのに、店内には、ドガーンと階段がある。

この階段のせいで、よけい狭くなっている。

写真ではちょっとわからないかもしれないが、かなり狭い店だ。

4人しか座れないカウンターも、階段があるせいで、後ろが通れない。

 

「何で、また、こんなところに階段があるの?」

と夫が尋ねると、

「2階にトイレがあるんですよ」

とのこと。

女性が階段を上がるとき、スカートのなかが見えるので、階段の裏側が紙で貼ってある。

こんな狭い店を、よくもオープンさせたものだ。

11

 

たしかに、カウンター4席しかない店でも、ちゃんとやってるところはある。

ゲイの街で有名な新宿2丁目には、狭小店舗はいくらでもある。

ゴールデン街にもある。

ここは大久保なので、新宿2丁目やゴールデン街のような淫靡な雰囲気はない。

どちらかというと、沖縄の空のような青くて澄み切った爽やかな雰囲気だ。

 

みると、カウンターのなかも狭い。

幅がないので、2人が交差できないし、

すみっこにガスコンロは1台あるだけで、まな板はカウンターの下だ。

 

■海ぶどうが口のなかでプチプチと~

 

まずはオリオンビールで乾杯。

沖縄で飲むオリオンビールと東京で飲むオリオンビールは味が違うというが、

どう考えても、同じ味だ。

多少、沖縄と東京とでは温度が違うので、違う味に感じるということだろうが、

そんなに違うわけがない。

ピルスナービールと黒いエールビールほどの差はないだろう。

 

まあ、いい、とにかくオリオンビールの生を2杯。

生ビールを一気にあおると、さらに瓶ビール!

なぜだか、ビールが進む。

 

「おススメの料理は何ですか?」

と夫が尋ねると

「タコライスかなぁ」

と答えが返ってきた。

「ビールを飲みながらタコライスね。まぁ、いいか」

と夫。

 

この店に来ると、何だか、何でもいいやっていう気持ちになるから不思議だ。

 

島らっきょうも海ぶどうも、沖縄から直送しているらしい。

この日、島らっきょうを切らしているとのことなので、海ぶどうを注文した。

氷の上に乗った海ぶどうが出てくる。

4

この海ぶどうは美味だった。

新鮮な海ぶどうで、口のなかでプチプチと潰れていくのが心地よい。

 

メニューは壁にかかったホワイトボード。

カウンターのなかも狭いので、調理できるものが限られる。

こった料理はできない。

2

 

妻のほうは、沖縄の話で盛り上がっている。

「沖縄のどこね?」

「北のほうさ。島に橋がかかってるところ」

「ああ、古宇利島に渡るまっすぐな橋だよね」

「奥さんはどこ?」

「首里」

「まあ、都会だね」

沖縄のなかにも都会と田舎があるらしい。

東京からみると、どっちも田舎なのだが・・・。

 

ま、この店は、オリオンビールを飲みながら沖縄の話をするところなのかもしれない。

 

■自慢のメニューは「タコライス」

 

「タコライスの辛さはどうするね?」

と鉢巻のお兄さんが言う。

「辛さが選べるの?」

と夫が聞き返す。

「選べるさ」

「じゃあ、辛すぎず、甘すぎず」

「中途半端な辛さだね?」

という鉢巻のお兄さんのセリフで店内が爆笑!

 

なるほど、こういうジョークで盛り上がる店なんだな。

また、鉢巻お兄さんと帽子お兄さんの掛け合い漫才的なトークがおもしろい。

10

しばらくしてタコライスがやってくる。

一口食べてみて、辛さがじんわりと口のなかに広がる。

中途半端な辛さとはいえ、かなり辛い。

だが、この辛さのおかげで、ビールがうまい!

 

ひき肉もやわらく味付けしてあり、おいしいタコライスだった。

「ご飯が黄色いのはなに? サフランライスなの?」

と夫が尋ねると

「沖縄のウコンを混ぜてるさ」

とのこと。

体によさそうなタコライスだった。

 

スポンサード リンク



■まとめ

 

他にお客さんが1人いたが、妻がすぐに話しかけて、友だちになった。

4席しかない小さな店だから、当然、客同士で話すことになる。

 

ま、そんな店だ。

12

営業時間はだいた18時くらいからはじまって、23時か0時に閉まる。

定休日は日曜日みたいだが、開けてる日もある。

てぇーげーな店なのだ。

 

電話はあるのか、ないのか?

そもそも予約はできないだろう。

 

ま、個人的に店の人と友だちになってケータイを聞くといいかも。

 

「星はあげられないんじゃないの?」

という声があるかもしれないが、

新宿マガジンとしては、こういう店が好きなので、

星を3つつけた。

★★★

 

(写真と文/ブッダ猫)

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*