西新宿のミリオネア夫婦がえびそばを食べてみた!

5

西新宿の小滝橋通り界隈はラーメン激戦区。

数々の名店がこの狭い地域にひしめき合っている。

「なんか、今日は、ラーメン食べたくない?」

とミリオネア夫婦の妻が言う。

 

さて、どこにするか?

多くの名店は、すでに行列はなくなり、いつ行ってもすんなり座れる。

小滝橋通り界隈でいまだに行列ができているのは、どこか?

 

トップは「龍の家」。昼だけでなく、夜も行列が歩道にあふれている。

「麺屋翔」も「凪」も昼は行列ができている。

あとは、「えびそば一幻」だ!

 

「えびそば一幻」は昼にいくと、もの凄い行列になっている。

小滝橋通りから少し路地に入るし駅から遠いので、立地条件はかなり悪い。

「夜なら大丈夫なんじゃね?」

と妻が言うので、「えびそば一幻」を目指してミリオネア夫婦は西新宿の街を歩いた。

 

スポンサード リンク



 

■15分ほど小滝橋通りを歩く

 

思い出横丁のゆるやかな坂道を下っていき、

ミリオネア夫婦は「新宿大ガード西」交差点を渡る。

9

大久保方面に向かって歩く。

適当なところで信号を渡り、左側の歩道を歩く。

ひたすら歩く。

8

「お金持ちと貧乏人って、お金の流れが違うのよね」

と妻が歩きながら言う。

「どう違うの? お金持ちのほうがケチってこと?」

と夫が質問する。

「一見、ケチに見えるお金持ちがいるけど、それは違うのよ」

「派手に遊んでる人が、実は借金で首が回らないってことがよくあるよね」

「そう! それよ。本当のお金持ちは、資産を持つことにお金を使うの」

妻が言うには、貧乏人は、収入があると、それをそっくりそのまま支出に回す、

そういうお金の流れになっている。

そこに住宅ローンとか自動車ローンなどで負債を抱え込むと、お金は残らない。

これだと、いつまでたっても資産は増えないので、お金持ちにはなれない。

 

「資産って何?」

「資産というのは、財布にお金を入れてくれるもの。具体的には、株、不動産、ビジネス」

たとえば、一軒家を購入した場合、

ただ家族が住むだけの住居ならばローンが発生するだけなので負債になる。

しかし、その家の1部屋を誰かに貸して家賃収入を得ると、その家は資産になる。

「自己投資というのは、どうなるの? スキルを身につけるためにセミナーに行くとかは、どう考えるの?」

と夫が質問する。

「そのスキルでお金を生み出すことができるのであれば、資産になるけど、単なる時間つぶしなら、それは負債になる」

妻は静かに話す。

11

 

小滝橋通りを歩いていくと、左側に『タリーズ』が見えてくる。

ここで左の路地に入る。

すると、すぐ『博多天神』のとんこつラーメンが見える。

そこで、すぐ右に折れると、右側に「えびそば一幻」がある。

12

 

スポンサード リンク



 

■休日の夜は行列なく入れる

 

ミリオネア夫婦が「えびそば一幻」に行ったのは日曜日の21時。

さすがに、この時間になると行列はないだろう。

 

玄関先をみると、行列はなかった。

しかし、自動ドアを開けて、なかに入ると、な、な、な~~んと!

店のなかに10人ほど待ってる人がいるではないか!

 

日曜日のこんな時間でも、店内に行列ができていた!

6

「なかに入ると、エビの香りがスゴイね」

夫がまず、エビの匂いに気づいた。

「スゴイよ! スゴイよ!」

妻のほうは違うことに感心している。

店内の壁に、ズラリと並んだ有名人の色紙だ。

野球選手やミュージシャン、お笑い芸人、

あの「宝石箱や~」の彦摩呂さんの色紙もあった。

10

まずは、自動販売機で食券を購入する。

味は「塩」「醤油」「味噌」の3種類。

えびスープのストレートか、とんこつを混ぜたスープにするか、

さらには、「太麺」か「細麺」かが選択できる。

 

スポンサード リンク



 

■なぜ日本人はえびが好きなのか?

 

順番が来るのを待っている間に、ミリオネア夫婦はお金の会話をする。

「つまり、お金持ちは働いて得たお金をすぐには使わないってこと?」

夫は妻に質問する。

「そうよ。支出を抑えて、身の丈に合った生活をする。

働いて得たお金は、まずは資産を購入するわけ。

そこにお金を使うの。だから、表向きケチに見えたりする」

「お金は使わなきゃダメだって言うけど、自己満足のために使うのは貧乏人の使い方なんだね」

夫は、えびそばよりも、妻の言葉に感心する。

「その通り! 自分の財布にお金を入れてくれるものにお金を使うわけ。

お金持ちが何を買ってるか、どういう理由で買っているか、

すべて将来、自分に役立つと思うものに使ってるはずよ」

 

4

店員が、

「お客さまは、お2人さまですか?」

とバカ丁寧な挨拶と気味が悪いほどの笑顔でやってくる。

この丁寧な接客が、逆にウザいという人がいるようだが、妻は、

「これだけのサービスを徹底して教育できているのは、スゴイよね」

と言う。

「社員教育って、なかなかできるもんじゃないからねぇ」

と夫。

 

「日清食品がカップヌードルを開発するとき、えびを入れることにこだわったって、知ってた?」

と妻が珍しく雑学を披露する。

「え? ホントに?」

「当時の社長さんが、とにかく、えびを入れてくれと指示したらしい。

日本人はえびが好きだから、えびが入ってると必ず売れると言ったそうよ」

「なぜ、日本人はえびが好きなんだろう?」

「えびって、おめでたいイメージがあるでしょ。しかも、豪華になる」

「なるほどね」

 

■何となく豊かな気持ちになるえびスープ

 

カウンター席に通されて、しばらくすると店員が紙エプロンを持ってきた。

スープが服を汚さないようにするためだ。

「こういうの女性客にはありがたいよね」

と妻はさっそく紙エプロンをつける。

3

しばらくしてラーメンが運ばれてきた。

えびの香りが強烈に鼻孔を刺激する。

麺の上にのった茶色いものは、紅生姜にえびの風味を練り込んで揚げたカリカリの天かす。

甘えびの頭を焼いて粉末状にしたエビ粉も、素晴らしい風味を作り出す。

チャーシューに味玉子、きざみ葱と、役者がそろったところで、

 

さあ! 「えびそば物語」の開演じゃ!

 

1

まずはスープを口に運ぶ。

濃厚なスープが体の細胞ひとつひとつにしみ込んでいく。

ミリオネア夫婦は、お互いのラーメンを替えてみる。

「塩味のほうが、えびの香りが引き立っていいかもね」

と妻が言う。

「ボクは、細麺のほうが好きだけど、ここの麺は太麺でももちもちしてていいね」

「うん。これは普通の麺と違うね」

「今回は、とんこつと混合したスープを選んじゃったけど、次回は、えびのストレートスープを試してみたいね」

「えびのスープって、何となくだけど、豊かな気持ちにさせてくれるね」

その後、ミリオネア夫婦は、黙々とラーメンを食べた。

なぜか、食べ終えたミリオネア夫婦は、見つめ合って「愛してるよ」と言った。

 

スポンサード リンク



■まとめ

 

ちなみに、お金持ちのお金の流れをまとめると、こうなる。

(1)支出が抑えられている。

(2)キャッシュフローは毎月プラス。

(3)負債を実質的にゼロにしている。

(4)余ったお金を資産に使っている。

(5)資産からの不労所得がある。

(6)お金がお金を生む好循環を生み出している

だから、一見、ケチに見えるが、お金持ちは資産を増やすために豪快にお金を使っている。

そこが貧乏人には見えないだけなのだ。

貧乏人はどうしても、贅沢な食事、贅沢な住居、贅沢な持ち物にばかり目がいってしまうが、

お金持ちは、それらを不労所得で購入している。

13

ところで、サイドメニューの「えびおにぎり」も気になるところだが、

普通のラーメンだけでお腹がいっぱいになるので、

そこまでは注文できなかった。

 

7

 

えびそば 一幻 新宿店

  • お問い合わせ

03-5937-4155

  • 住所

東京都新宿区西新宿7-8-2 福八ビル 1F

  • 交通手段

・都営大江戸線、東京メトロ丸の内線「新宿」駅:徒歩2分

・西武新宿線「西武新宿」駅(南口):徒歩6分

・JR「新宿」駅(西口):徒歩6分

・西武新宿駅から200m

  • 営業時間

11:00~23:00

日曜営業

  • 定休日

水曜

  • 席数

13席

(カウンターのみ)

 

 

(写真と文/ブッダ猫)

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*