ミリオネア夫婦がチーズタッカルビを食べに大久保へやってきた!

5

一時は、日本と韓国が政治的な対立があって、大久保通りも閑古鳥だった。

しかし、それを救ったのは、他でもない「チーズタッカルビ」だという噂がある。

たしかに、大久保通りを歩いてみると、

いたるところに「チーズタッカルビ」の看板がある。

西新宿に住むミリオネア夫婦は、散歩がてらに、大久保を歩いてみることにした。

 

果たして、この「チーズタッカルビ」に街を救うほどの力が秘められているのか?

厳重に調査してみたい。

 

スポンサード リンク



 

■そもそもチーズタッカルビって何よ?

 

「チーズタッカルビって、インスタ映えするじゃん。それで、人気に火がついたんじゃないかなぁ」

とミリオネア夫婦の夫が言う。

 

ネットで調べる子ちゃんの妻が、チーズタッカルビを検索する。

 

「タッカルビとは、大きな鍋や鉄板で、

鶏肉とキャベツ・たまねぎ・さつまいもなどの野菜、トックなどを炒め、

コチュジャン・とうがらし・砂糖・しょうゆなどで作った甘辛いたれで味つけしたもの。

『タッ』は『鶏』、『カルビ』は『あばら骨』『骨つきあばら肉』の意。

このタッカルビにチーズをまぜて食べるのがチーズタッカルビ」

 

「タッカルビは江原道春川市の郷土料理として知られており、

本場・春川の市内中心部の繁華街の一角には

約100メートル続く『春川明洞タッカルビ通り』がある。

『元祖』『本家』と看板を掲げる専門店が約30軒以上も連ね、

国内外の観光客に人気のグルメスポットである」

 

「江原道春川市は、2000年代前半に日本で放送され大人気となった

韓国ドラマ『冬のソナタ』の舞台として知られている。

それで、日本でもタッカルビが流行した」

チーズタッカルビは、

2017年、「JC・JK流行語大賞」のモノ部門で一位を獲得し、

「インスタ映え」するとして注目度が急上昇、

女子高生ら若者を中心に「チーズタッカルビ」が大ヒットした。

 

日本の「韓流の街」と言われる東京・新大久保には至る所に

「チーズタッカルビ」の看板が掲げられ、

休日には行列ができるほど繁盛している。

 

タッカルビは元々ある人気の韓国料理だが、

チーズとあえることを考えたのは

「市場(シジャン)タッカルビ」の姜光植(カン・グァンシク)さんだという。

だから、「市場タッカルビ」には、「チーズタッカルビ発祥のお店」と看板にある。

 

果たして、本当に、いまだに、行列ができているのか?

スポンサード リンク



 

■チーズの量が新大久保でナンバーワン!

 

ネット情報だと、休日になると、チーズタッカルビの店に行列ができているとあるが、

いまだにそうなのか?

 

「たしかに、チーズタッカルビの看板は多いね」

と妻が上のほうを向いてキョロキョロしている。

 

「でも、行列はできてないね」

と夫。

 

「ネットの情報を鵜呑みにしちゃダメだね。自分の目でみなきゃね」

と妻。

 

「じゃ、やっぱり、チーズダッカルビ発祥の店へ行きますかね」

夫が、『市場タッカルビ』へ行こうと提案する。

 

『市場タッカルビ』の住所は、

東京都 新宿区大久保1-16-16祥栄ビル1F

大久保通り沿いにある。

しかも、JR新大久保駅に近いものだから、狭い歩道に人があふれていて、

まっすぐ歩けないじゃないか。

 

「ブームのころは、駅に入場制限があったらしい」

 

「でも、いまは、歩道があふれてるだけで、どこの店も、ガラガラだね」

 

「お昼どきを過ぎてるからね。いま、4時だよ。ちょうど、ランチとディナーのはざまだからね」

 

チーズダッカルビ発祥の店『市場タッカルビ』も、外からなかを見てみて、空席が目立った。

 

「何となく、入る気がしないんだけど」

 

「違う店にしようか」

とミリオネア夫婦は大久保通りを中野方面へ向かって歩いた。

JR新大久保駅をすぎて、皆中稲荷神社でお参りし、

JR大久保駅の手前で、気になる看板を見つけた。

 

チーズタッカルビのチーズの量が新大久保でナンバーワンなんだそうだ。

チーズは多いほうがいいに決まってる。

2

「ここ、いいんじゃね?」

と夫の足が止まる。

「うん。いいね」

と妻はサッサと中へ入る。

 

店の名前はひらがなで『でじにらんど』

「ん? ディズニーランドをモジってる?」

「そうみたいね」

 

スポンサード リンク



 

■ビールとお通しだけでお腹がふくれてしまった!

 

店のなかに入ってまず目についたのが、

生ビール、黒生ビール、ハーフ&ハーフがすべて170円というもの。

「これだね」

「うん。飲まなきゃね」

ビール好きの妻に異存はない。

 

最近は、どこの店も、生ビールを激安で提供している。

生ビールは赤字でも、他の料理で元を取るという戦略なのだろう。

でも、夏はやっぱり生ビールでしょ。

7

お通しは3種類。

「ポテトサラダ」と「モヤシのキムチ」と「カクテキ」

お通しは、おかわり自由だから、ビールを飲みながらお通しをどんどん食べる。

ミリオネア夫婦は、4回もおかわりした。

 

また、「モヤシのキムチ」がビールに合う。

生ビールもどんどん追加してしまう。

 

「ヤバイね。ビールがどんどん入っていく」

「お腹がパンパンになるよ」

と妻がたしなめる。

 

妻はポテトサラダをバクバク食べて、さらにおかわりしている。

ビールとお通しだけで、かなり、お腹が膨れてしまった。

 

「ヤバイぞ。これからメインのチーズタッカルビが来るぞ」

夫は、ビールグラスをテーブルに置いて、背筋を伸ばす。

 

スポンサード リンク



 

■チーズの量はたしかに半端なかった

 

しばらくすると、鉄板にチーズが山盛りになった「チーズタッカルビ」がやってきた。

ミリオネア夫婦の頭のなかにはエルガー作曲の行進曲「威風堂々」が流れている。

静かな旋律からはじまり、だんだんと大きな音になっていく。

 

おお!

チーズ! チーズ! チーズ!

我が愛するチーズよ!

 

そして、チーズの山にうずもれてしまった鶏たちや豚たち、

トッポギやサツマイモたちも、愛情をそそがれ、いつもより10倍おいしくなれ!

4

鉄板が火にかけられ、チーズが少しずつ溶けていく。

「まだ、まだ、まだ待って!」

十分焼けたところで、チーズとまぜて食べる。

 

甘くて辛くてうまい!

 

・チーズタッカルビ2~3人前  1,980円

 

これはたしかに、病みつきになる。

月に1度は食べに来たくなる味だ。

何度も繰り返し聞きたくなる音楽があるように、

何度でも繰り返し食べたくなる味がある。

それが「チーズタッカルビ」かもしれない。

 

スポンサード リンク



 

■仕上げにシッケを飲んでみた

 

ドリンクメニューを眺めていた夫が言う。

「ビールも飽きたので、次は何にしようかなぁ。このシッケってなに?」

 

「あ、シッケね」

妻は、食べ物や飲み物には詳しい。

政治経済はわからなくても、腹に入れるものがわっていれば生きていけるのだ。

 

「シッケとは、炊いたもち米を麦芽粉から抽出した水に入れて発酵させてから

砂糖を入れて短時間火にかけ、冷たくしてから、

干しナツメ、松の実、柚子の皮、あるいは石榴の実を浮かべて飲む。

いわゆる発酵食品のひとつ」

 

なるほど。

「ま、いうなれば、日本の甘酒のような食感ね。アルコール分はゼロだね」

6

「シッケを、シッケりといただきました」

 

ミリオネア夫婦の大久保探訪は、ラブラブな愛にあふれている。

「おいしかったね」

「うん」

「結婚っていいね」

と妻がニコニコしている。

「どうして?」

「お酒飲んだあと、一緒の家に帰るんだもん」

「なるほどね。結婚してなかったら、別々の家へ帰ることになる」

「それって、寂しいでしょ」

「たしかに!」

2人は、手をつないで、西新宿の自宅までのんびり歩いたのである。

 

スポンサード リンク



 

■まとめ

 

店名は「でじにらんど」

ちなみに、デジとは韓国語で「豚」という意味。

「でじにらんど」は、豚がおいしい店だった。

チーズタッカルビもいいが、

おススメは

「ボルジップ サムギョプサル チーズセット2人前/2,780円」

16mmの極厚ステーキがこの店の看板メニュー。

ぜひ一度、お試しあれ!

1

 

  • 店名 でじにらんど

  • お問い合わせ

050-5868-3512

  • 住所

東京都新宿区百人町1-17-6 東都ビル 1F

  • 交通手段

JR新大久保駅 徒歩3分(駅出てすぐ左折)

JR総武線大久保駅 徒歩1分 (駅出てすぐ右折)

大久保駅から117m

  • 営業時間

11:00~05:00

日・祝

11:00~01:00

ランチタイム(月~土)

11:00~15:00

日曜営業

年中無休

 

(写真と文/ブッダ猫)

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*