謎が集う東京ミステリーサーカスはとっても面白いスポット!

IMG_4094

突然ですが、皆さんはいわゆる「謎解き」は得意でしょうか。

年齢に関係なく楽しむことができる謎解きゲームは今様々なところで話題となっており、体験したことはなくとも興味があるという人も多いのではないでしょうか。

そういった謎解きゲームって期間限定のイベントだと思っていませんか?

実は新宿にはそういったゲームをいつでも体験できる専用の施設があります。

今回はリアル脱出ゲームを体験できる新宿のホットなスポット「東京ミステリーサーカス」で実際に遊びに行った時のことをレポートしていきたいと思います。

スポンサード リンク



・ミステリーは歌舞伎町から始まる

東京ミステリーサーカスがあるのは新宿の歌舞伎町です。

やっぱり新宿で謎が起きるのは歌舞伎町から、という事なのでしょうか。

場所としては人気のVR体験施設「VRZONE新宿」からほど近い場所にあります。

 

まずJR新宿駅の改札を出たら目の前の階段を上がって東口に出てまっすぐ進みます。

IMG_4142

IMG_4143

横断歩道を渡って八百屋の脇を通り、

IMG_4145

もう一度横断歩道を渡ってゴジラのある東宝シネマのある通りの前まで行きます。

IMG_4146

そこから東宝シネマのほうへと歩いていくと、左手に大黒屋やセガなどが入っているビルが見えてきます。

IMG_4148

その建物と東宝シネマの間のとおりを進んでいくと広場が見えてきます。

IMG_4151

この広場をVRZONE新宿のほうへと横切ったのち左へと進むと東京ミステリーサーカスの前まで来ることができます。

IMG_4152

もしも歌舞伎町のキャッチなどを避けたいというのであれば先ほどのゴジラロードへ入らずに西武新宿駅のほうへと進んでいき、

IMG_4163

マクドナルドと西武新宿駅の間の道路をまっすぐ進んでいきます。

IMG_4164

しばらく進んでいくとやがて右手の角に日高屋があります。

IMG_4165

そこを右に曲がれば東京ミステリーサーカスへとたどり着くことができるはずです。

IMG_4166

・さあ、謎に挑戦しよう!

東京ミステリーで謎を体験するためにはまずチケットを購入しないといけません。

チケットは当日券と前売り券の2種類があり、前売り券は東京ミステリーサーカスのホームページのチケット販売ページ、東京ミステリーサーカスの公式アプリ、そしてコンビニのチケット販売端末から購入することができます。

IMG_4153

きます。

ここで一つ注意事項があります。

窓口は無人のものとスタッフがいるカウンターのものと2種類あるのだが、無人の窓口ではクレジットカードによる決済のみ、そして有人の窓口では現金のみの決済となっていますので注意してください。

なお、東京ミステリーサーカスの謎解きは映画のように何時から開始といったかんじでスケジュールがたてられており、その回の分のチケットが売り切れてしまうと当日券を購入することはできなくなってしまいます。

当日券も平日の夜の時間帯であれば購入できるものも結構ありますが、土日に訪れるつもりであれば前売り券で事前購入しておくのがオススメです。

・ミステリーの数は多種多様

ミステリーサーカスで体験できる謎は様々な種類があります。

新宿を舞台としたものからシンゴジラやジョジョといったものとタイアップした内容の謎まで様々あるが、謎の種類は大きく分けて3種類のタイプにすることができます。

1つ目は東京ミステリーサーカス内で謎を解くもの。

タイムリミットが設定されている場合もありますので注意が必要です。

2つ目は新宿の街に出て様々な場所を巡りながら謎を解決していくタイプ。

建物や施設に隠された謎をその場所に行って解くというものになっています。

新宿を歩いていると時々東京ミステリーサーカスのバインダーを持った人を見かけるのだが、その人は謎を解いていたというわけです。

3つ目は持って帰って自宅でゆっくりと謎を解決していくもの。

このタイプの謎は1階の物販コーナーで販売されています。

IMG_4154

自宅で持って帰って謎を解くことを想定しているためか所要時間が3時間近かったりと、このタイプの謎は難易度がかなり高く設定されています。

現在シンゴジラの謎解きが東京ミステリーサーカスで行われていて、そのお土産としての謎も販売されていたりします。

自宅でコーヒーか紅茶でも片手にゆっくりと解いていくのがいいでしょう。

 

気になるゲームの参加人数についてはゲームによって様々で、特に制限のないものからひとりで進めていくもの、そして最大6人で1組となって進めていくものもあります。

何人かでゲームを進めていくものに関しては混雑時はいくつかのグループを合わせてゲームを行うとのことです。

もちろん混雑時でなければひとりで進めるという事も可能です。

あと重要な情報として、ゲームによってはSNSアプリの「Line」を使います。

インターネットに接続可能なスマホが必要になりますので、事前にホームページで確認しておくようにしてください。

で、今回挑戦するのはどれかというと、こちら。

IMG_4095

現在静岡県沼津市にある淡島マリンパークという水族館で行われているラブライブのリアル脱出ゲームの出張版ともいえるものです。

内容について言うのは謎解きゲームでは御法度のためあまり詳しくは書けないのですが、今回の企画に合わせてCYaRon、AZELIA、Guilty Kissとユニットが3つあるのですがAZELIAのやつが中程度の難易度に設定されているにも関わらず、今回用意された内容の中では恐らく一番難しい内容となっているかと思います(現にスタッフの方に訊いたところ、謎解きをやった人の多くがAZELIAの謎解きが一番難しかったと言っていたそうです)。

ですがヒントも見ながらやれば1時間ほどで解くことが可能です。

ラブライブの謎解きゲームではキャンペーンをやっていて、3つのユニットの謎を購入した時にもらえるスタンプを集めると、コラボキャンペーン限定のビニールバックをもらうことができます。

ちなみに私が行ったときは謎を解いていなくても購入さえしていればもらうことができました。

IMG_4167

 

・謎解きで疲れたらフードコートへ

難問をいくつも解いていたらほしくなってくるのが甘いもの。

再び謎に挑戦するためにも1階のフードコート「yelo CAFE」で当分補給をしてみてはいかがでしょうか。

ホットドックやパンケーキ、ポテトなどのサイドメニューも充実しているのですが、このカフェの目玉は何かと聞かれたら、それはやはりかき氷でしょう。

 

東京ミステリーサーカスで提供されているかき氷はただのかき氷ではありません。

日本にかき氷ブームを巻き起こした有名店「yelo」の出張店がこの東京ミステリーサーカスのカフェに出店しています。

これまでかき氷というと夏祭りの縁日で売っているような氷を削ってシロップを賭けただけのものしか知らなかったのですが、ここのかき氷はそんな既成概念をぶっ壊してくれるものがあります。

それがこちら!

IMG_4086

なんという見た目。てかこれ本当にかき氷なの? みかんやらビスケット、さらに生クリームまで乗っててめちゃくちゃ豪華なんですけど。

食感もかなりフワッとしていてかき氷の概念が変わりました。

ちなみに今回注文したのはラブライブとのコラボかき氷で、主人公の高海千歌の好きなものであるミカンたっぷりなかき氷となっており、購入するとCYaRonの謎解きゲームのポストカードがもらえます。ちなみにこちらのポストカードは山盛りポテトでももらうことができ、かき氷についてくる包装紙は別でもらえます。

このほかにも通常商品としてマンゴーミルクやイチゴミルク、チョコ味と思われるティラミスやティラミスソフト、更には謎解きカードがついている熊の形をした「くまっキー」なるかき氷もあります。

IMG_4082a

ちなみにこのyeloのかき氷なのですが、某生徒会会長と副会長の中の人がやっていたラジオ番組内で話していたかき氷だという情報もあります。

その時話していたものは残念ながらなくなってしまっていますが、これまで夏祭りでしかかき氷を食べたことがないという人には驚きの食感であること間違いないかと思います。

ぜひとも試してみてください。

スポンサード リンク



まとめ

新宿の謎解き体験施設「東京ミステリーサーカス」には頭を使う以外にも楽しむことができるとても楽しい場所でした。

今回体験したラブライブの謎解きゲームは7月16日まで開催されており、3rdライブの埼玉公演が開催される6月9日、10日でも問題なく体験することができます。

池袋と原宿ではラブライブのセレクトショップも開催されているのでそれと合わせて足を運んでみるのもアリかもしれません。

こういったコラボ以外のもの以外の謎も数多くありますので気になった方は東京ミステリーサーカスに足を運んでたくさんの謎に挑戦してみてください。。

(写真と文/鴉山翔一)

東京ミステリーサーカス
・住所
東京都新宿区歌舞伎町1-27-5
・電話番号
03-6273-8641
・営業時間
平日:11:30~22:00
土日祝:9:30〜22:00

東京ミステリーサーカスホームページ

https://mysterycircus.jp/

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*