ホテルイビス東京新宿のランチビュッフェでまったりする!

IMG_1797

お店の名前は、カフェ ランデヴー (Cafe Rendezvous)

このお店のランチビュッフェに新宿女子が1人で行ってみた。

ランチビュッフェ

・平日 1,000円

・土日祝日 1,200円

 

ポカポカ陽気になって、少しずつ夏がやってくる季節。

着るものがどんどん薄着になっていくと、どうしても気になるのが体のライン。

 

下腹がちょっと気になる。

 

お昼を抜いて、プチ断食しようかしら。

 

でも、最近、野菜不足だしなぁ。

 

お腹がすいてフラフラしてきたし、どうしよう?

 

新宿女子は、こんなとき、欲望と喧嘩なんかしない。

食べたいときは、食べればいいのだ!

 

ということで、新宿西口の大ガード交差点をフラフラしながら思い出横丁から、

西新宿7丁目方面へ歩いた。

IMG_1795

 

 

■「the 3rd Burger」の2階

 

13時を過ぎていた。

新宿は人気店ともなると、13時を過ぎても満席状態で、まったりと読書なんかできない。

 

どこか、1人でふらりと入れて、しかも、1時間か、2時間くらい、まったりと読書ができるところはないかなぁ。

 

15時までたっぷりと時間が空いてしまったのだ。

こんなとき、気兼ねなく長居ができる店というのが、なかなか東京にはない。

 

神経の図太い人は、マクドナルドでも、スターバックスでも、平気で長居をするのだろうが、

新宿女子は、なかなかそうはいかないのだ。

IMG_1797

たとえば、

the 3rd Burger 新宿大ガード店 (ザ サード バーガー)がある。

ここは、午前中は、かなりまったりしているのだが、

午後になると、広い店内が満席状態になり、

落ち着いて読書なんかできやしない。

 

それが、夜までずっと続く。

新宿はやはり、平日でも休日でも人が多い。

 

となると、どこだ?

 

the 3rd Burger 新宿大ガード店は、実は、

「イビスibis」というホテルの1階部分にある。

 

そして、2階が、そのホテルのフロントだ。

そのフロントの横にカフェがある。

 

そのカフェが「カフェ ランデヴー (Cafe Rendezvous)」

1階に黒い看板が設置してある。

「ランチビュッフェ1000円」と書いてある。

IMG_1798

どんな感じだろう?

 

1000円でランチを食べて、それで長居をするのなら、いいかも。

そんなふうに心のなかで折り合いをつけて、エスカレーターに乗った。

 

2階に行くと、右側にホテルのフロントがあり、

中国人らしき家族連れが怒ったような声で会話していた。

彼らは決して喧嘩しているのではなく、ごく普通に会話しているのだそうだ。

 

左側のスペースが「カフェ ランデヴー (Cafe Rendezvous)」

IMG_1799

すぐにインド人か、ネパール人らしきスタッフがやってきて、

にこやかな笑顔を浮かべて

「いらっしゃいませ。お好きな席へどうぞ」

と声をかけてくれる。

 

うん。なかなかいい感じの接客だ。

 

テーブルの間隔がゆったりと取ってあるので、

満席になっても、店内はうるさくない。

 

ゆったりと読書をしながら食事ができる。

 

よし! この店で正解だなと思った。

 

スポンサード リンク



 

■野菜がたっぷりと好きなだけ食べられる!

 

ランチブッフェのいいところは、「待たなくていい」ということだ。

ランチどきは、どこの店も合戦のようなもの。

 

短時間に大量のお客が押し寄せてくるのを、

店員たちが上手にさばけるかどうかが勝負となる。

 

1人でも慣れないスタッフがいたりすると、

最初のおしぼりやお冷がこなかったり、

 

呼んでもなかなか注文を取りに来てくれなかったり、

注文しても料理が遅かったり。

 

「ご飯は少な目でお願いします」

と言ったのに、大盛でやってきたり。

 

2人でランチしているときに、片方の料理だけ先に来て、

もう片方の料理がなかなか来ないとか。

かなり気まずい空気になる。

 

そんなふうに、イライラさせてくれる店は少なくない。

150x150_square_15957700

その点、ビュッフェはいい。

 

自分で取りに行くわけだから、待つ必要がない。

おしぼりだって、お冷だって、自分で取ればいいので、ストレスにならない。

 

150x150_square_48115701

料理だって、炭水化物は少な目に取って、野菜を多めにすることもできる。

 

そうはいっても、やはり、お皿には山盛りの料理を取ってしまった。

サラダはもちろんのこと、パスタやフライドチキン、バーニャカウダなど、

ついつい皿に盛ってしまうのだ。

 

新宿女子は、今日も、ガッツリ食べるのである!

IMG_1801

 

 

 

■まったりと読書がしたいとき

 

「カフェ ランデヴー (Cafe Rendezvous)」の営業時間は、3段階になっている。

 

朝食バイキングの時間と、

6:30~10:00(L.O.9:30)

 

ランチタイムと、

11:30~14:30(L.O.14:00)

 

ディナータイムだ。

14:30~22:00(L.O.21:30)

 

多くのレストランは、ランチタイムとディナータイムの間を閉めてしまうものだが、

「カフェ ランデヴー (Cafe Rendezvous)」はずっと開けてくれる。

 

つまり、ランチからずっと、読書しているお客を締め出さない。

 

これは、ありがたい。

 

IMG_1800

 

いわゆるアイドルタイムという時間、まったりと読書ができる貴重な店なのだ。

パソコンでお仕事をしているサラリーマンもいるし、勉強している学生さんもいる。

 

たぶん、1階の「the 3rd Burger」がいっぱいなんで、

2階に上がってきたのだろう。

IMG_1802

アイドルタイムは、ドリンクとか、ケーキとか注文できる。

 

ドトールやマクドナルドのコーヒーよりは高いかもしれないけど、

500円くらいでゆったりと長居ができるんだったら安いもんでしょ。

 

・エスプレッソコーヒー   500円

・ブレンドコーヒー     500円

・アメリカンコーヒー    500円

・カプチーノ        500円

・カフェラテ        500円

・カフェ ヴィエンヌ    550円

・キャラメルマキアート   550円

IMG_1803

 

■まとめ

 

「カフェ ランデヴー (Cafe Rendezvous)」の朝食バイキングも気になるところ。

料金1,300円で豪華にホテルの朝食が食べられるんだから、

一度、来てみたいなぁと思った。

 

全体で60席、カウンター席は20席ある。

ホテルのレストランにしてはこじんまりとした作りだが、

スペースをゆったりと取ってあるので、落ち着いて食事ができる。

 

スポンサード リンク



 

■店名

カフェ ランデヴー (Cafe Rendezvous)

 

■電話

03-3361-1111

 

■住所

東京都新宿区西新宿7-10-5 イビス東京新宿 2F

 

■営業時間

[月~金]

・6:30~10:00(L.O.9:30)

・11:30~14:30(L.O.14:00)

・14:30~22:00(L.O.21:30)

 

[土・日・祝]

・6:30~10:30(L.O.10:00)

・12:00~15:00(L.O.14:30)

・15:00~22:00(L.O.21:30)

 

■定休日

無休

ibis

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*