新宿女子の1人ランチは馬肉専門店で決まり!

IMG_1783

「馬焼肉酒場・馬太郎 西新宿7丁目店」で、
新宿女子が1人ランチをする3つの理由

新宿女子は、六本木女子や丸の内女子みたいに背伸びをしない。
無理してセレブのふりをしても疲れるだけ。

だって、本当のセレブなんて、そういういるもんじゃないし、
セレブのふりなんかしてると、よけいに貧乏になっちゃうからね。

美輪明宏さんがラジオでこんなことを言っていた。

「謙虚で、思いやりがあって、奥ゆかしくて、
とにかく人の悪口は決しておっしゃらないし。

特別扱いすると、お気を使いにならないでくださいって言って、
小さくなってらして。

どんなとこへ行っても、
掃除のおばさんや
いろんな人たちに頭下げて、

教養百般に渡って、それをひけらかさない。

そういう人が本物のセレブなんですね」

本物のお金持ちって、結局、外見は庶民と同じなのだ。
なにごとも、中身が大事ってこと。

セレブのふりをして外見ばかりを着飾ってると、
借金しなければいけなくなって貧乏になる。

つまり、お金持ちのふりをする人が貧乏になり、
美輪さんの言う本当のセレブみたいに、
謙虚で、思いやりがあって、奥ゆかしくしてる人が、
本物のお金持ちになるのだ。

だから、新宿女子は等身大の自分で新宿を遊ぶ。

等身大が一番。
ありのままが一番。
無理せず、自分らしく生きるのが新宿女子なのだ。

そんな新宿女子が1人ランチに選んだお店がここ!

「馬焼肉酒場・馬太郎 西新宿7丁目店」

なぜ、この店を選んだのか、その3つの理由を解き明かそう。

スポンサード リンク



 

■理由1/馬肉は体にもお肌にもいい!

 

何といっても、この店は馬肉専門店だ。
新鮮な馬肉が食べられる。

実は、馬肉は、体にもお肌にもいい。

グリコーゲンは牛肉の2倍!
ビタミンAは豚肉の3倍!
鉄分は鶏肉の3倍!

それでいて、脂肪分は牛肉の5分の1!

ペプチドが豊富で肌の再生能力が高い!

血中コレステロールを下げる効果あり!

女性の貧血対策にもOK!
疲労回復にもOK!

生で食べても安心!

IMG_1791

店内の壁に「馬肉の良さ」が、大きく貼り出されてある。
これを眺めていると、何となく肌がキレイになったような気になるから不思議だ。

入り口は小さくて、一見、狭い店なのかなぁと思わせるが、
なかに入ると、60席ほどの店内が広がる。

 

IMG_1788

カウンターキッチンのなかでは、目の前で馬肉をスライスしている。

馬肉というのが、また珍しくて、昼は満席になる。

スポンサード リンク



■理由2/馬肉ハンバーグがうまい!

 

この日、新宿女子は「馬肉ハンバーグ定食」(550円)を注文した。
なぜか、お冷だけはセルフサービスらしい。

自分の水は自分でそそいで、テーブルに座る。
テーブルの上にあるボタンを押すと店員がやってきて、
そこで注文する。

ご飯は同じ値段で大盛りに変えられるそうだ。

しばらくして、「馬肉ハンバーグ定食」が、やってくる。

IMG_1789

付け合わせはキャベツの千切りだけというシンプルさ。
メインの馬肉ハンバーグは、かなりのボリューム。
これで550円は安い!

さすが新宿。
等身大の街!

箸で半分に割ってみると、なかからジューシーな肉汁がしみだしてくる。

牛肉や豚肉や鶏肉のハンバーグよりも、
ちょっと弾力のある触感。

肉の臭みはほとんどないものの、
どこか野生感があふれている。

そんな味だ。

IMG_1790

 

ランチメニューを見ると、どれも食べたくなる。
値段もリーズナブル!

IMG_1786

なかでも気になるのが「馬肉ユッケ丼」(650円)
肉だけ増すこともできるらしい。

次回、来たときは、これを食べようと新宿女子は思った。

スポンサード リンク



 

■理由3/ディナーに使える店を探索する!

 

新宿女子は、1人で食事するのも好きだが、
大勢でワイワイとやるもの大好き。

女子会やら、オフ会やら、何とか会やらを毎月開いている。
日本酒が大好きな人たちが集まる「日本酒の夜会」というのもある。

馬肉と日本酒は合うかもしれない。

新宿女子は「夜も来てみようかな」と思い、夜のメニューを手に取ってみた。

日本酒の種類はあまりなさそうだ。
メニューを見ると、この3種類しかなかった。

・黒松 白鹿    499円
・月桂冠 恒の月  499円
・越後 鶴亀    649円

ま、生ビールでも飲みながら、馬肉を食べるというのも悪くない。

・生ビール(モルツ)  539円

何といっても、この店は馬肉を食べる店なのだ。
なかでも、食べてみたいのは、

「馬刺しの盛り合わせ」 1299円 と

「桜肉寿司」 999円 だな。

そういえば、馬肉のことを桜という。
たしか、イノシシが牡丹。
鹿は紅葉。

みんなと、酒を飲みながら、そんな話で盛り上がるのもいいかもしれない。

「みんなで馬肉食べに行かない? 珍しいでしょ」
と誘ったら、みんなはどんな反応をするだろう?

「あ、おもしろそう。行こう! 行こう!」となるだろうか。

1人ランチに来て、夜会のことをイメージするのだ。

 

スポンサード リンク



 

●店名 馬焼肉酒場 馬太郎 西新宿7丁目店

●予約  050-5869-9170

●住所
東京都新宿区西新宿7-10-12 ダイハンビルデンス 3F

●営業時間
【ランチ】
11:30~14:00 ※喫煙可

【ディナー】
17:00~23:30
(フード*L.O 23:00、ドリンク*L.O 23:00)

●定休日
年中無休

●メニュー
・焼肉5種盛り(赤身・バラ・ウインナー・タン・ハツ)
1,499円

・定番!赤身刺し  599円

・紅白盛り 999円

・馬刺し3種盛り(赤身・コウネ・ハツ)
1,299円
卸問屋ならではの新鮮さ!!

・肉寿司3種盛り(赤身・炙りロース・手巻きユッケ)
999円

・赤身燻製  299円

・タン燻製  299円

・馬肉ウインナー燻製  299円

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*