小田急ハルクの「ハル☆チカ」で昼間から1人飲み!

IMG_1716

新宿駅から徒歩1分、雨に濡れずに行ける飲み屋街がある。

それが、小田急ハルクの地下3階の途中「MB3F」の

食堂酒場「ハル★チカ」だ!

今回は、この食堂酒場「ハル★チカ」を大解剖してみよう!

 

先に断っておく。

小田急ハルクというのは、小田急百貨店とは違うから気をつけて欲しい。

小田急百貨店は、小田急線の駅の上にドド~~ンと立っているバカでかいビル。

 

そして、小田急百貨店から少し離れたところに立っているのが小田急HALC(ハルク)だ。

ビックカメラが入っているから、すぐにわかるはず。

このビルが「小田急ハルク」だ。

このビルが「小田急ハルク」だ。

 

スポンサード リンク



 

■食堂酒場「ハル★チカ」への行き方!

 

 

まずは、食堂酒場「ハル★チカ」への行き方を解説しよう!

 

JRで新宿に来た人は、

とにかく、

JR新宿駅の西口改札に出ること。

 

新宿に慣れてない人は、この西口にたどりつくのが一苦労なのだ。

迷ってしまう人は、こちらのページも参照すべし≫≫≫

 

JR新宿駅の西口改札を出たら、

すぐに右向け右。

右側の地下鉄、東京メトロの「丸の内線」新宿駅の方へ歩く。

 

公衆トイレの横の階段を降りたら、すぐそこが「丸の内線」新宿駅だ。

ここの階段を下に降りる。トイレの横の階段だと覚えておこう。

ここの階段を下に降りる。トイレの横の階段だと覚えておこう。

 

 

 

この駅のすぐ横に、食堂酒場「ハル★チカ」の入口がある。

 

ちなみに、この右にある階段を降りると、都営大江戸線の新宿西口駅がある。

 

小田急ハルクとビックカメラの電飾看板のあるほうへ入ること。この写真の右の階段を降りると都営大江戸線の駅がある。

小田急ハルクとビックカメラの電飾看板のあるほうへ入ること。この写真の右の階段を降りると都営大江戸線の駅がある。

 

ここで注意して欲しいのは、間違って、小田急ハルクの食料品売り場に入らないこと。

人の流れは圧倒的に食料品売り場へと吸い込まれていくので、

その流れに飲まれてしまうと道に迷ってしまう。

 

食料品フロアに吸い込まれないように!

食料品フロアに吸い込まれないように!

 

食堂酒場「ハル★チカ」は、ここから、さらに階段で地下へと降りていく。

エスカレーターなどないので気をつけて欲しい。

赤いボンボリが並んだところが、食堂酒場「ハル★チカ」の入口に続く階段だ。

 

このボンボリが目印!

このボンボリが目印!

 

 

■8軒の飲食店が屋台村のように集まっている!

 

食堂酒場「ハル★チカ」は、

高速道路のサービスエリアにあるフードコートのように飲み屋が集まった場所なのだ。

 

フードコートのように、どこの席に座ってもいいというのではなく、

食堂酒場「ハル★チカ」は、

あくまでも、各店舗の垣根をなくしたというにすぎない。

食堂街へ入ると、地下とは思えないほど広くて開放感がある。

食堂街へ入ると、地下とは思えないほど広くて開放感がある。

 

 

この食堂酒場「ハル★チカ」のいいところは、次の3つ。

 

  • 昼間から飲めること!
  • 1人飲みに最適だってこと!
  • はしご酒がしやすいってこと!

 

それから、何と言っても、駅に近いということが酒飲みにはたまらないのだ。

 

たとえば、残業がかさんで帰りが遅くなったとき。

終電まで、あと30分しかない。

でも、小腹が空いてるし、明日は休みだし、一杯だけでも飲みたいなぁというとき、

このお店は最高の場所にある。

 

さらに、大雨の日だったりしたら、誰もが外を歩きたくないはず。

この食堂酒場「ハル★チカ」は、駅に直結しているので、雨に濡れずに入れる。

 

ここの階段を降りるんだけど、上へ行くエスカレーターがあるから間違えないように。

ここの階段を降りるんだけど、上へ行くエスカレーターがあるから間違えないように。

そして、

食堂酒場「ハル★チカ」には8軒のお店が集まっているので、

その日の気分で楽しめる。

 

では、その8軒のお店を紹介しよう!

 

halc_Temujin

■テムジン

九州は福岡市の天神地区・大名に本店を置く創業1963年の一口餃子のお店。

地元福岡のオールドファンには「東洋一のギョーザ・テムジン」というキャッチフレーズで通っているらしい。

 

【店舗情報】

・営業時間 11:00~24:00

ラストオーダー  23:00

・全席喫煙可

・総座席 35席

・平均予算

ランチ:930~1080円 ディナー:2,000円

・TEL  03-5909-8639

 

テムジン定食 980円

 

halc_Rinzu

■御さしみ家 りんず

 

昭和二十年の創業以来、旭鮨総本店グループ初めての海鮮居酒屋。

すし屋仕入の新鮮なネタを、安く気軽に食べて頂けるよう努力している。

お刺身はもちろん、単品おつまみ、日本酒、焼酎も充実。

 

【店舗情報】

・営業時間 11:00~24:00

ラストオーダー 23:00

・全席喫煙可

・総座席  35席

・平均予算

・TEL  03-5909-3890

 

海鮮丼 ¥980(税込)

 

 

 

halc_Bubitamin

■ブビタミン

芝浦直送の新鮮なホルモンや国産銘柄鶏など、こだわり素材の串焼き、煮込みを中心とした大衆居酒屋。

シャリキンホッピー、チンチロリンハイボールなどお酒も豊富。

【店舗情報】

・営業時間  11:00~24:00

ラストオーダー  23:00

・全席喫煙可

・総座席  32席

・平均予算

ランチ:920円 ディナー:2,000円~

・TEL   03-6302-0825

 

豚丼 920円

 

 

olive top

■オリーブ+オリーブ

スペインバルを基本にリゾート感を出したリゾートバルのお店!!

片側にはハイテーブルのバースペースを演出した客席と、

反対側はレストランスペースを模したローテーブルを配置した店内。

 

【店舗情報】

・営業時間  11:00~24:00

ラストオーダー  23:00

・禁煙席  30席(ランチ中12席)

・総座席  30席

・平均予算

ランチ:993円 ディナー(1人当り):2,000円~

・TEL  03-6302-0818

 

魚介のパエリア風ランチプレート 993円

 

 

halc_Dengana

■でんがな

東京のど真ん中、新宿で大阪の味が昼から楽しめる!

駅チカ、雨に濡れずにこれるで!

揚げたて、サクサクの串かつはいかがでっか!

IMG_1718

 

IMG_1719

 

【店舗情報】

・営業時間  11:00~24:00

ラストオーダー  23:30

・全席喫煙可

・総座席  30席

・平均予算

ランチ:~1,000円 ディナー:2,000円~3,000円

・TEL  03-3347-5500

 

 

halc_Yamatoten

■山ト天

東京名物、スープのない濃厚ラーメン。

ラーメン文化の最終形態、山ト天”油そば”。

極みもちもち熟成麺と秘伝特製ダレに各種トッピングを加えた、僕好み!私好み!のとってもヘルシーな一杯。

油そば¥600~

 

【店舗情報】

・営業時間  11:00~24:00

ラストオーダー  23:00

・全席喫煙可

・総座席  34席

・平均予算

ランチ:600円 ディナー:1,500円

・TEL   03-6302-0405

 

 

 

halc_Kotekichi

■こて吉

本場大阪の味を「食堂酒場ハル☆チカ」で

「外はサクッと、中はふんわり」の本場お好み焼きや、オリジナルソースで味わう焼きそば、鉄板で味わう串焼きなどお食事からちょい飲みまでシーンに合わせて利用できる。

 

【店舗情報】

・営業時間  11:00~24:00

ラストオーダー  23:00

・禁煙席

ランチタイム:16席 ディナータイム:全席喫煙可

・総座席  36席

・平均予算

・TEL  03-5339-9377

 

モダン焼セット 1,050円

 

スポンサード リンク



 

halc_Yan-no-ie

■ヤンの家

ヤンの家は新大久保をはじめ、新橋、赤坂、新宿西口ハルク、お台場にある韓国家庭料理のお店。

有名人もたくさん来店する有名店で名物の海鮮チヂミや炒め物、お鍋など、とても美味しい「韓国の家庭料理」。

 

【店舗情報】

・営業時間  11:00~24:00

ラストオーダー  23:00

・全席喫煙可

・総座席  28席

・平均予算

ランチ:800円(税抜) ディナー:800円(税抜)

・TEL 03-6302-0470

 

『チーズタッカルビ』 1,134円 (税込)

 

 

スポンサード リンク



 

■まとめ

 

ちょっと驚いたのは、

意外に、女性の1人飲み客がチラホラといたことだ。

 

今回の取材は、平日の午後13時。

ランチどきを少しずらしてみた。

 

それでも、かなりの人が昼飯を食べていた。

ほとんどは、男性ばかりだったり、女性ばっかりだったり、

グループのなかには、この時間から飲んでる人たちもいた。

 

そのなかに、女性のお1人さんで、飲んでるお客もいた。

 

もちろん、男性のお1人さんで、飲みながら長時間ねばっているお客が大半だった。

 

昼からお酒を飲むのも、いまや常識になりつつあるのかもしれない。

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*