ほぼ新宿のれん街のスパニッシュ・イタリアン「Azzurro520」の5つの魅力

8 (2)

代々木は渋谷区です。

でも、新宿駅の新南口改札から歩くと、な~~んと、5分でいけます。

ですから、ほぼ新宿と言ってもいいでしょう。

そこで、代々木に「ほぼ新宿のれん街」というスポットがあります。

 

スゴクないですか?

 

今回はその「ほぼ新宿のれん街」のスパニッシュ・イタリアン「Azzurro520」代々木店へ行ってきました!

 

「アズーロ520」と読みます。

カミさんと2人で久しぶりのデートをしました。

 

ま、デートには最適のお店ですぞ!

 

1

スポンサード リンク



 

■魅力1/古民家の雰囲気が最高!

 

ま、とにかく、女子たちは、この一画へ行くと感動します。

うちのカミさんも、びっくりして興奮していました。

 

「なに? これ? スゴクない?」

 

女子たちの語彙はそんなものです。

これじゃ、ちっとも伝わらないですよね。

 

新宿駅の新南口改札を出て、タカシマヤの2階のベランダデッキを通り、ニトリのショールームを過ぎて、代々木方面へ歩きます。

 

すると、すぐに出てきます。

まるで昭和の街にタイムスリップしたようなスポットです。

 

古民家を7棟まるごと改装して飲食店にした地域がそこに見えてきます。

 

他の女子たちはどうかわかりませんが、うちのカミさんは感動していましたよ。

 

「おもしろい! おもしろい!」

とはしゃぎながら、3周くらい廻って、どの店に入ろうかと迷いました。

 

さんざん迷ったあげくに、この店には決めたのです。

 

それが、ほぼ新宿のれん街のスパニッシュ・イタリアン「Azzurro520」代々木店です。

木造建築の古民家ですから、木のあたたかみがあるわけですよ。

雰囲気もやさしくて最高です。

 

ワシは夫婦で行きましたが、まだ付き合いはじめて間のないカップルでも、この店なら、たぶん大満足だと思います。

 

雰囲気は最高です。

4

 

■魅力2/おいしい鮮魚がいっぱいのメニュー

 

ドアを開けて入ると、いきなり新鮮なお魚がお出迎えしてくれます。

そこで、女子店員から「今日のおススメの魚介類」をレクチャーしてもらえます。

 

「今日は新鮮な牡蠣が入ってますんで、生牡蠣がおススメですよ」とか、

 

「スズキがおいしいですよ。ムニエルにしてもいいし、カルパッチョでもOKです」とか、

 

入口で、そういう説明をしっかり聞きましょう。

8 (1)

 

席に座ると、お通しが運ばれてきます。

3種類あるお通しから選べるようになっています。

 

2人の場合は、別々のお通しを頼んで、分け合って食べるというのがいいかも。

カップルで分け合うと、親密度がより深くなりますぞ!

 

FullSizeRender_2

 

■魅力3/ワイン好きにはたまらないサービス!

 

2席しかないのですが、テーブルにワインの蛇口がついています。

こんなの見たことないです。

 

ワインがピッチャーで上から注いであって、それを水道の蛇口を開けてグラスに入れるわけです。

 

こんな飲み方ができるのは、たぶん、東京でもこの店だけでしょうね。

 

おいしいとか、おいしくないとかじゃなくて、おもしろいじゃないですか。

蛇口をひねるとワインがでてくるんですよ!

びっくりですよね。

 

ワイン好きにはたまりません!

 

「おとぎ話に、お菓子の家があったけど、蛇口をひねるとワインが出てくるって、スゴイよね」

 

「以前、カルピス工場でアルバイトしていたとき、蛇口をひねるとカルピスが出てきたけどね」

 

「あ、そういうの楽しい! チョコレート工場に行くと、チョコレートの川が流れていて、チョコレートの滝があったり、チョコレートの花が咲いてたりするんでしょ」

 

ワシのカミさんは夢みるように語るのでした。

 

FullSizeRender

 

■魅力4/予約すると黒板に名前が~

 

ワシらは、この日、予約もせずにこの店に入ったのだが、隣の席を見ると、小さな黒板がありました。

 

そこには、「ウェルカム、○○さま」とあるではないですか~

 

スゴクないですか?

 

予約すると、そういうウェルカムボードを席に設置してくれるのです。

 

なんか、高級ホテルのレストランみたいじゃないですか。

雰囲気は古民家風で落ち着けるし、サービスは高級ホテル並み、料理は新鮮な魚介類でチョーおいしいし、デートにはもってこいのお店です。

 

FullSizeRender_1

■魅力5/フレンドリーな店員さんの満面の笑み

 

この日、ワシらは生牡蠣と、ボタン海老とマグロのカルパッチョを食べました。

寒い季節になったら、無性に牡蠣が食べたくなるんです。

 

それも、生牡蠣ね。

 

牡蠣って、アタルと怖いでしょ。

だから、いいかげんな店では怖くて食べられないわけ。

 

ワシらは、いつも慎重に店を選んで生牡蠣を注文します。

この店は、食べてみてわかったけど、大丈夫。

大粒の牡蠣だし、新鮮だし、チョーうまかった!

 

ボタン海老とマグロのカルパッチョも、チョーうまかった!

カルパッチョにしても生牡蠣にしても、生ものです。

 

この店は、生もののメニューも安心して食べられますよ。

それは、食べてみて思いました。

FullSizeRender_3

料理もおいしいのですが、何と言っても、スタッフがフレンドリーです。

ちょっと声をかけると、ずっと話し込んでしまう感じです。

 

ワインの蛇口を見つけて

「あれ、何ですか?」

と質問すると、延々と説明してくれました。

 

楽しいスタッフばかりでしたよん。

 

9

 

■まとめ

 

この店はデートに最適だって言いましたが、ひとり飲みでもかなりいいですよ。

 

カウンターにはお1人さまのお客もいました。

 

新鮮な食材をつかったおいしいイタリアンと、古民家のおちついた雰囲気、本でも読みながらゆったりと食事して酒を飲むのもいいかも。

 

なにせ、新宿駅の新南口から徒歩5分ですからね。

 

ここは、渋谷区の代々木ですが、ほぼ新宿です。

 

スポンサード リンク



 

◆◆Antipasto Misto◆◆

・ピッコロ(4種)  1,280円

1 青海苔のゼッポリーニ

2 魚介のマリネ

3 野菜のフリッタータ

4 アサリのタルタル

 

・ノルマーレ(6種)  1,680円

1 青海苔のゼッポリーニ

2 魚介のマリネ

3 野菜のフリッタータ

4 アサリのタルタル

5 鶏とポルチーニ茸のパテ

6 マグロのポルペッティーニ

 

・グランデ(8種) 1,890円

1 青海苔のゼッポリーニ

2 魚介のマリネ

3 野菜のフリッタータ

4 アサリのタルタル

5 鶏とポルチーニ茸のパテ

6 マグロのポルペッティーニ

7 モッツァレラとチェリートマトのカプレーゼ

8 ニンジンのオレンジマリネ

 

◆◆スパニッシュ・コカ Spanish Coca◆◆

・からすみ・セミドライトマトとブロッコリー 680円

 

・イワシと極み舞茸の香草パン粉焼 580円

 

・釜揚げシラス・九条ネギとチェリートマト 580円

 

 

◆◆セコンド・ピアット Scond Piatto◆◆

・三元豚肩ロースのローズマリーグリル 880円

 

・鶏とジャガイモのロースト  780円

 

・牛ハラミのロースト ~赤ワインベリーソース~ 1,180円

 

・厚切りカジキマグロのチーズカツレツ 1,280円

 

 

◆◆カルド・ピアット Caldo Piatto◆◆

 

・ズッキーニと北海イカのカラマリ 680円

 

・牛ホホと牛筋の赤ワイン煮込み 780円

 

・マグロの胃袋アラビアータ煮込み 680円

 

・鶏モモとジャガイモのオーブン焼き 880円

 

 

◆◆アヒージョ Ajillo◆◆

 

・海老とチェリートマトのアヒージョ 580円

 

・イカと長ネギのジンジャーアヒージョ 580円

 

・タコとアンチョビとエリンギのアヒージョ 580円

 

 

◆◆パエージャ Paella◆◆

 

・パエージャ・マリネーラ ~3種の貝の漁師風パエリア~  1,880円

 

・パエージャ・ネグロ ~イカとトマトのイカスミパエリア~  1,580円

 

・パエージャ・バレンシアナ チキンとスナップエンドウ豆のパエリア 1,280円

 

・本日のお魚丸ごと一尾のせ  680円

 

 

◆◆ドルチェ Dolce◆◆

 

・アズーロ自家製ティラミス  490円

 

・ゴボウとナッツのトルタ・カプレーゼ 490円

 

・奥久慈たまごのクレマカタラーナ 490円

 

・季節のジェラート  490円

 

 

 

スパニッシュ・イタリアン「Azzurro520」代々木店

・TEL・予約

03-6709-8363

 

・住所/東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-11

JR代々木駅 東口から徒歩2分

代々木駅から114m

 

・営業時間

17:00~24:00

夜10時以降入店可、日曜営業

 

(写真と文/ブッダ猫)

 

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*